プレゼン資料作成時のポイント

【プレゼン資料作成時のポイント】

■プレゼン資料作成前の準備段階でのポイント

的を外したプレゼンにならないためにも事前に確認しておきましょう
プレゼン前のコミュニケーションで確認すべきポイント

聞き手を明確するために、この7つのポイントは洩れなく
パワーポイントその前に:ターゲットを明確にする7つのチェックポイント

時間がない!とならないように、余裕を持って進めるための段取り術
プレゼン準備の段取り

そ資料作成における効率的なポイントを解説します
プレゼンだけではない効率的な”伝え方”

■プレゼン資料を作成する時の注意事項

プレゼンの資料が多すぎたり、少なすぎたりしないように
パワーポイントの枚数:プレゼンでの適正な資料枚数

特に1時間以上のプレゼン資料を作成する時には必須です
プレゼン資料の作り方:長いプレゼンでも眠くならないプレゼン資料の作り方

一枚のスライドをつくる時の考え方です
パワーポイントで見やすいプレゼン資料をつくるコツ

これがあるスライドとないスライドではわかりやすさが大違いです
プレゼン:結局何が言いたいのか?わかりやすい資料の作り方

各スライドのレイアウトの考え方です
プレゼンとパワーポイントの資料をマッチさせるには?

それぞれの向き不向きを理解して活用しましょう
プレゼン資料作成はアイコン?クリップアート?写真の画像?どれがいい?

記憶に残りやすい最後のスライドはよく考えて作成しましょう
プレゼン、最後のスライドでやりがちなダメなまとめ方
プレゼン資料で最後のスライドはどうあるべきか?

利用方法によって、重要なポイントは変わってくるので注意しましょう
パワーポイントはプロジェクター投影か?配布資料か?

作成するページ毎に、注意する項目を解説します
システム構成図・業務フローをわかりやすく見やすくするポイント
プレゼン資料で費用をわかりやすく説明する時のポイント
プレゼンで導入事例を語るなら?効果的にするポイント解説
プレゼンで業績の伸びを強調する資料とは?