パワーポイント

 / 最終更新日 2022.07.4

「スライドショーの表示モニター」を選択し、パワーポイントでのプレゼンをスマートに!

パワーポイントのスライドショーを表示する時

「思い通りのモニターに表示されない!」

と、慌てたことありませんか?

 

よくわからないけれど、いろいろ触って、なんとか思った通りに表示される。

次回のスライドショーでは、思ったとおりに表示されることを祈る。

そんな運任せのやり方もあります。

 

そのためにはパソコンが学習するまで、何度も作業を繰り返す必要があります。。

しかも、プレゼンテーションの本番では、スライドショーで思った外部モニターが選択されず、予想外の画面で開始されると、慌ててしまいます。

何より、こんなやり方では、安心できません。

 

では、外部モニターを使用せず、パソコン画面のみでスライドショーをするのはどうでしょか?

仕組みや操作は簡単です。

 

しかし、スライドショーの間、作業画面を確認することが出来ません。

外部モニターがない場合は仕方ありませんが、いざという時のためにスライドショーとは別に作業できないのは不安です。

 

そんな時にオススメなのが、この機能です。

 

■スライドショーの表示モニターを選択

メニュー>スライドショー>モニターのモニター2を選択

 

この機能でスライドショーが表示されるモニターを、思い通りに指定することができます。

メニュー>スライドショー>モニターを選択すると

「自動」

「プライマリモニター」

「モニター2」

などと表示されます。

 

通常は

「プライマリモニター」=パソコンの画面

「モニター2」=外部モニター

となっており、これで表示モニターを選択することが出来ます。

なお「自動」はパソコンの判断に委ねることになりますので、あまりオススメできません。

 

この機能を使うとスライドショーを、パソコンの画面で表示するのか、外部モニターで表示するのか、確実に指定できます。

これにより、スライドショーがどちらの画面で表示されるのかわからず、急に違う画面に表示されてしまって焦る必要もなくなります。

 

「モニター2」=外部モニターを指定してスライドショーを開始するようにしておけば、パソコンの画面が共有されることがありません。

自分がパソコンで何か作業をしていても、パソコンの画面が相手に映らないので、安心してプレゼンテーションできます。

 

アナタもこれでスライドショーの表示モニターを使いこなし、スマートにプレゼンしましょう。

 

   

関連記事

  1. ショートカットキー

    スライドショーで前のスライドに戻る方法

    パワーポイントを使ってプレゼンをする時次のページに移動するのは、キー…

  2. スピーチ

    プレゼンで諸刃の剣の質疑応答を活かしきる!

    プレゼンでは一方的に伝えるよりも、聞き手が疑問に思ったことを質問して…

  3. スピーチ

    うまいプレゼンのためにやるべき4つの事

    1.短期間でプレゼンを改善するどんなに人前で話すのが苦手な人…

  4. パワーポイント

    ビジネス向けパワーポイント資料のちょっとした色選びのコツ

    ビジネス向けプレゼンテーションをする際にパワーポイントで資料…

  5. パワーポイント

    パワーポイントで作業を元に戻すことのできる回数を増やすには?

    パワーポイントでプレゼン資料を作成しているとちょっと前の状態に戻した…

  6. 2007以降

    パワーポイントで画面のキャプチャを便利に!

    パワーポイントでウェブやシステムのプレゼンテーションをする際に、画面…


 
このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、無料プレゼント実施中!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

 
 

メニュー

1,000万PVの達成を感謝しまして、テンプレートやマニュアルや各種素材集やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

詳しくはこちらをクリック!


最近の記事

  1. yamada.png(山田画像) | プレゼンマスター:パワーポイントのテンプレート・素材・裏技解説
PAGE TOP