パワーポイント

 / 最終更新日 2019.03.28

パワーポイントでRGBを確認する方法

4612:パワーポイントでRGBを確認する方法

パワーポイントでプレゼン資料を作成する際に、色のコード(カラーコード)のRGBを確認する場合があると思います。

よくあるのが、 パワーポイントで決定した色をワードやエクセル、Webなどの他の用途でも利用したくて、パワーポイントの色のRGBを確認する場合。

逆に、ロゴやブランドカラーがRGBで決まっていて、パワーポイントの色をRGBで指定する場合。

両方ともよくあるので、両方解説しますね。

 

パワーポイントの色のRGBを確認

調べたいパワーポイントの色が設定されている図形を選択し、メニューの書式>図形の塗りつぶしの色を選択します。

461201:塗りつぶしの色

すると色の設定のポップアップが表示されます。

461202:RGBで確認

この色は

・赤(R)=11
・緑(G)=208
・青(B)=217

というカラーコードであることが確認できますね。

ちなみにRGBでカラーコードを表現する場合は

RGB (11,208,217)

のように表記することもあります。

RGBでパワーポイントの色を設定

もうわかっていると思いますが、RGBでパワーポイントの色を設定する場合は、先ほどの色の設定のポップアップ画面に、直接RGBの値を入力すればOKです。

たとえば

・赤(R)=217
・緑(G)=20
・青(B)=11

の色を設定する場合は、こうですね。

461203:RGBで設定

RGBの値を入力したらOKボタンを押します。

そうすると、RGB (217,20,11) の色が設定されます。

461204:RGBで設定された色

 

ちなみに

「パワーポイントのこの色、Webのカラーコードでいうと何?」

のように場合によってはRGBを、Webでよく使うカラーコード(6桁の 0123456789ABCDEF を組み合わせたコード)にしたい場合もあるかもしれません。

もちろん逆に「Webのこのカラーコード、パワーポイントのRGBだと何?」という場合もあります。

そんな際は「RGB 変換」で検索すれば、無料で利用できるツールで変換しましょう。変換ツールはたくさんありますが

https://www.peko-step.com/tool/tfcolor.html

がシンプルで、使いやすいと思います。

それでは、アナタもパワーポイントでRGBを確認したり、RGBで色を設定したりしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP