パワーポイント

 / 最終更新日 2013.04.8

プレゼンで導入事例を語るなら?効果的にするポイント解説

プレゼンの資料をパワーポイントで作成する場合に
導入事例の紹介をしますよね。

自社の事例、自社製品・サービスの事例として
導入事例を語る場合も多いと思います。

しかし、せっかく導入事例を説明するのであれば
より効果的にしたいものです。

それでは、どのような点に気を付けると効果的なのでしょうか?
 
 
それは、

■羅列もいいけど、導入前と後で比較、できれば数字で

という点です。

導入事例を説明する時に、
採用企業名を単に羅列するのもいいですが、
できれば導入前と後で比較し、
導入による効果を明確にした方が効果的です。

そして、導入によってどのような効果があったのか、
数字で説明するとより迫力ができます。

例えば、導入前は5日間かかっていた業務が、
導入後は2時間で終了するようになりました、
といった表現です。
 
 
ただし、このように詳細な内容を
記載できない場合もあろうかと思います。

そんな場合はこれです。

■業界や、売上、従業員規模を記載

導入企業の会社名を記載できない時は、
「IT業界、売上2,000億円、従業員500名」
のようにするのです。

これによって、会社名を記載せずとも、
読み手には具体的な採用企業を
イメージすることが可能となります。
 
 
最後に、聞き手が明確になっている場合は

■聞き手の業界と同じ業界の事例を集中的に

説明すると更に効果的です。

というのも、日本企業は非常に、自分の業界での
事例を重要視する傾向があるからです。

これであなたも事例をより効果的にプレゼンで
説明してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP