プレゼン

 / 最終更新日 2013.03.30

プレゼンでの箇条書きをグッと効果的にするポイント

プレゼンの資料をパワーポイントで作成する場合など、
よく箇条書きを使いますよね。

特に、特徴やメリット、強みなどを記載する時に
利用されることが多いです。

しかし、この箇条書き、ただ漠然と使っているだけでは
効果が薄いのです。

ではプレゼンで箇条書きを効果的に利用するポイントは?
 
 
まずは

■短くすること

箇条書きなのに、1つの項目が
2、3行になっている場合がありますが
箇条書きの意味がないですよね。

ということで、まずは短くしましょう
 
 
次に

■体言止めで統一にする

例えば、新製品の特長に関する箇条書きの場合

・耐久性が向上しています
・処理速度の高速化
・導入期間の短縮化がなされた
・サポート期間の延長
・柔軟に変更できます

とあると、バラバラな印象を受けます。
そこで文末の表現方法を統一します。

・耐久性の向上
・処理速度の高速化
・導入期間の短縮化
・サポート期間の延長
・高い柔軟性

統一する際には、名詞で終わる体言止めで
統一すると、さらに言い切りによる
主張の強さがでます。
 
 
最後に

■グルーピング

箇条書きを利用する場合、項目は
5つまでとか7つまでなどと
一般にはよく言われています。

たしかに少ない方が印象に残るのは
確実ですが、どうしても数が多くなる場合も
あるかと思います。

そんな時こそ、グルーピングなのです。
例えば、事業戦略を説明する時に
このように記述してあったら、どう思いますか?

わかりずらいですよね。

このように数が多い場合は、
グルーピングすると読みやすくなります。

これであなたも箇条書きを使いこなして
わかりやすいプレゼンの資料を作成してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP