スピーチ

 / 最終更新日 2009.10.22

プレゼン資料で最後のスライドはどうあるべきか?

プレゼンの資料を作り終えたとして、
最後のスライドはどのようになっていますか?

プレゼンに慣れていない人の
最後のスライドを見ると、
非常に残念な気持ちになることがあります。

話したいことをそのままプレゼンの資料にして、
最後のスライドが、話の最後のトピックスで
終わってしまっていることがよくあります。

え、それじゃダメなの?

はい、それではダメです。
今回は、最後のスライドの
あるべきパターンを解説します。

■プレゼン全体をまとめたスライド

アナタのプレゼンがいかにわかりやすいものだったとしても、
聞いている人が100%理解できていることは稀です。

ですから、プレゼン全体をまとめたスライドを
最後のスライドにする、というやり方です。

■次のアクションプランを説明するスライド

プレゼンは、プレゼンすること自体が目的、
ということはありえなく、なんらかの
アクションを起こしてほしいはずです。

そのため、プレゼンを聞いている人にお願いしたい、
次のアクションプランを説明するスライドを
最後のスライドにする、というやり方です。

■今回のプレゼンに関する連絡先を説明するスライド

アナタが説明したプレゼンに関して、
もっと詳しくしりたい、相談したい、
という場合に、どこの誰に連絡したらいいのかを
説明してあげることです。

どこの誰に連絡したらいいか、
どのような連絡方法がいいのか、
連絡する際にどんなことをまとめておいてほしいのか、
といった内容までまとめてあると親切ですね。

できれば、この3つのポイントを
一枚のスライドにまとめてあるのが
ベストです。

繰り返しになりますが、プレゼンは
プレゼンすること自体が目的ではありません。

アナタは、プレゼンを聞いている人に、
反応して欲しいことがあるはずです。

それにつなげるように、最後のスライドを
デザインしましょう。

アナタもこれで、プレゼンを話しっぱなしではなく、
実際の行動につなげるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 


このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して、テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中! 詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

・パワーポイント用プロフェッショナルテンプレート

・ライバルに差をつける「伝わる」資料作成テクニック習得プログラム

・のべ900社以上の売上アップの秘訣が詰まった営業資料セルフ開発キット

・プレゼンマスターがあなたのプレゼン・パワーポイントの資料を作成

・企業・団体向けプレゼン研修:パワーポイント・プレゼンテーション研修

 

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP