パワーポイント

 / 最終更新日 2013.03.10

システム構成図・業務フローをわかりやすく見やすくするポイント

パワーポイントでプレゼン用の資料を作成するときなど
システム構成図や業務フローを書く必要が
ある場合ってありますよね。

同じような内容のシステム構成図や業務フローであっても
ある人が作る資料はわかりやすくて見やすいのに
別の人が作る資料はわかりにくくて見づらい。

同じような、アイコンや、図形や、部品を使っているのに
なぜこんなに差が出るのか?

それは
 
 
■左上から始める図にする
 
 
ことがポイントです。

パソコンやサーバーやネットワークなどの
システム構成図ではあまりありませんが、
自社とお客様とのやり取りを表現するフロー図の場合

「お客様を自社の下に置くわけにいかないから、上に配置しよう」
「取引先は、自社の下だろう」

のように、ビジネス上の上下関係を紙の上でも表現しようとして
わかりづらく、みづらいものになってしまう場合があります。

フロー図の場合は、組織図や体制図とは違うので
上に書いてあると偉い、下に書いてあると偉くない、
ということは関係ありません。

業務・手順・データの流れの起点を左上として、
右もしくは下に流れるように書くと
わかりやすくて見やすいフロー図になります。

わかりづらい、みづらいフロー図は
組織図や体制図のイメージで各部品を配置してから
業務・手順・データの流れに沿って、矢印を引っ張るので
失敗するのです。

アナタも、上座・下座は気にせずに、
説明の流れで考えると、わかいやすく見やすい
資料が作成できるようになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP