パワーポイント

 / 最終更新日 2014.06.15

プレゼンで業績の伸びを強調する資料とは?

パワーポイントでグラフを交えて資料を作成する際に
業績の伸びを強調したい時ってありますよね。

例えば、自社の売上額や顧客数などが
右肩上がりに上がっていることをプレゼンで
強調したい時、棒グラフを利用すると思います。

このようによくあるグラフであっても、
ちょっとしたところに気を付けると
グッと効果的なグラフになります。

それではプレゼンにおいて業績の伸びを強調するために
どのような点に気を付けると効果的なのでしょうか?

それは

■縦軸の目盛の最小値と感覚に注意する

ということです。

プレゼンで業績の伸びを強調する資料とは?

例えば、毎年の売り上げ額の推移が
1年目:82億円
2年目:86億円
3年目:92億円
4年目:98億円
だとします。

何も考えずに、これを普通にグラフ化すると
グラフの縦軸がゼロから始まり100まで刻まれる
はずです。

そうなると、82億円から98億円への変化というのは
16/100という、非常に小さなものに
なってしまいます。

しかしこの16億円というは、業績の伸びとしては
非常に大きいものである!と主張したいのであれば
グラフの縦軸をゼロからではなく80から始めて、
100まで刻むというやり方があります。

こうすると変化量が16/20と非常に大きなものとなり
勢いよく右肩上がりに伸びている印象を与えられます。

この右肩上がりの傾斜が、ちょっと勢い良すぎる、
という場合は開始する値を調整することで
勢いも調整されます。

アナタもこれで、プレゼンで業績の伸びを
強調する資料を効果的に作成してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP