スピーチ

 / 最終更新日 2019.12.23

プレゼン「万が一」に備える

0024:プレゼン「万が一」に備える

もし重要なプレゼンで

  • プロジェクターが使えなくなったら
  • プレゼンで使うパソコンが壊れたら
  • 出席者が予想外に多く資料が足りなくなったら

アナタならどうしますか?

そんな「万が一」に備える心構えを教えましょう。

それは、

■準備が無駄になったら、大成功

これは、私が師と仰ぐ尊敬する方から教えてもらったことなのですが、こういうことなのです。

万が一のトラブルに備えて、できる準備はなるべくしておく。

なにもトラブルが発生せずに、そのための準備が無駄になったとしてもそれは喜ぶべきことだ。

トラブルのための準備が無駄になった、ということは大成功した、ということなのだから。

もし今準備しているプレゼンが、非常に重要なのであれば、起こりえるトラブルに備えて準備しておきましょう。

例えば

  • もしプロジェクターが使えなくても説明できるように、必ず紙でも用意しておく
  • もしプレゼンで使うパソコンが壊れてもいいように、予備のパソコンを用意し、USBにプレゼンで使うファイルをコピーしておく
  • もし出席者が予想外に多く資料が足りなくなった場合に備え、少し資料は多めに用意しておく

備えあれば憂い無しです。

具体的に、どんな用意をすればいいのか?こちらの記事が参考になると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP