ブログカテゴリアーカイブ: 資料作成

パワーポイントのノートマスタのレイアウト変更が反映されない!?

3715:ノートマスタのレイアウト変更が反映されない時の対応方法

パワーポイントでセミナー資料を作成する時、ノート部分って使いますか?ノート部分に口頭での説明や、補足説明を記載すると便利ですよね。このようにパワーポイントのノート部分に記載した内容を、印刷して発表者のための手元資料にしたり、印刷してセミナーやワークショップの資料にする場合がありますよね。

その際、ノートレイアウトで印刷する時の細かいレイアウトって、実は変えられるんですが、ご存じですか?テンプレート、と呼ばれているスライドマスタを変更するのは有名ですが、実はノートマスタと呼ばれる部分を変更することで、ノートレイアウトで印刷する時の細かいレイアウトが変えられるんです。

パワーポイントのノートマスタのレイアウト変更方法

変え方は、

表示>ノートマスター

これで簡単に変えられます。ヘッダーやフッター、ページ番号の他に、スライドの大きさやレイアウト、ノート部分の大きさやフォントや罫線など、かなり細かく変えられます。

しかし、パワーポイントのノートマスターを変えたのに、いざ印刷したら変わってない!という時が、たまにあります。
こうなると、何度パワーポイントのノートマスターを変えても、反映されません。
焦るんですよね~。

このように、パワーポイントのノートマスタのレイアウト変更が反映されない時の対応方法はこれです1

パワーポイントのノートマスタのレイアウト変更が反映されない時の対応方法

まずは

表示>ノート

で、各スライドのノート印刷状態が確認できます。

この状態で、

スライドの外の部分で右クリックし「ノートのレイアウト」の「マスタと同じ」にチェックしてOKボタンを押す

そうすると反映されます。

反映されていないスライドだけ、この作業をすればOKです。もし、変更が微妙な内容で、どのスライドが反映されていて、どのスライドが反映されていないのかの判断が難しいようであれば、全部のスライドに対して、この操作をすればOKです。

これでアナタも、パワーポイントのノートマスタのレイアウト変更をしっかりと反映させてくださいね。

2015年08月27日 | 固有リンク |

パワーポイントのファイルサイズを圧縮・縮小・削減する方法!

3621:パワーポイントのファイルサイズを圧縮・縮小・削減する方法

パワーポイントでプレゼンテーションの資料を作成する際に、画像や動画などを利用すると、ついついファイルサイズが大きくなってしまいます。

自分だけで使うパワーポイントや、社内だけで使うパワーポイントであればファイルサイズが大きくてもあまり問題になりませんが、お客様や協業パートナーに送ることを考えるとファイルサイズがあまりにも大きいと取り扱いに困りますよね。

そこで、パワーポイントのファイルサイズを圧縮・縮小・削減する方法を解説します。

パワーポイントでの画像サイズの圧縮・縮小・削減

まずはパワーポイントで利用している全ての画像に関して、サイズを圧縮・縮小・削減しましょう。手順としては次のとおりです。

  1. 画像を選択します
  2. 「図ツール」書式タブの左側にある「図の圧縮」ボタンを押します
  3. 圧縮オプションの「この画像だけに適用する」「図のトリミング部分を削除する」の両方をチェックします
  4. 「解像度の選択」では印刷用、画面用、電子メール用がありますが、ppiの数字が大きければ大きいほど画像はキレイなままですが、ファイルサイズが大きくなるので、目的に応じて選択します
  5. 「OK」ボタンを押します
  6. 全ての画像に対して1つ1つ上記の作業を実施します

ここで注意するべき点は2つ。まず1つ目は

「この図形だけに適用する」に必ずチェックする

という点です。理由としては、このチェックをしないとパワーポイントファイルでの全ての画像に対して、画像の圧縮・縮小・削減がなされてしまうので、場合によっては画像が意図した状態とは異なる状態になってしまっても、気が付きません。

ですから、必ず「この図形だけに適用する」にはチェックしましょう。

2つ目のポイントは

解像度の選択は目的に応じて

という点です。解像度の選択には、次の4つの選択肢があります。

  • 印刷用(220ppi):ほとんどのプリンターと画像で優れた品質が得られます。
  • 画面用(150ppi):Webページやプロジェクターに適しています。
  • 電子メール用(96ppi):ドキュメントのサイズを最小限に抑え、共有に適しています。
  • ドキュメントの解像度を適用

このなかで、印刷用(サイズ大/画像キレイ)、画面用(サイズ中/画像ほどほど)、電子メール用(サイズ小/画像粗い)となっていますので、目的に応じて選択しましょう。

なお「ドキュメントの解像度を適用」は、後で解説しますが、しっかりと理解していない状態であれば印刷用、画面用、電子メール用の3つのなかから選びましょう。

パワーポイントでの動画・音楽サイズの圧縮・縮小・削減

画像ではありませんが、パワーポイントに動画・ビデオや音楽・オーディオを利用している場合に利用できる、圧縮・縮小・削減方法があります。

やり方は「ファイル」タブを押して「メディアサイズとパフォーマンス」のボタンを押します。すると次の3つの選択肢が表示されます。

  • プレゼンテーション品質:オーディオやビデオの全体的な品質を維持しながら、ディスク領域を節約します。
  • インターネット品質:インターネットからストリーミングしたメディアと同等の品質です。
  • 低容量品質:プレゼンテーションを電子メールで送信する時など、容量が限られている場合に使用します。

このなかで、プレゼンテーション品質(サイズ大/高品質)、インターネット品質(サイズ中/中品質)、低容量品質(サイズ小/低品質)となっていますので、目的に応じて選択しましょう。

更なるオプションでパワーポイントのファイルサイズを圧縮・縮小・削減

かなり細かい設定ですが、更なるオプションでパワーポイントのファイルズを圧縮・縮小・削減する方法があります。手順としては次のとおりです。

  1. 「ファイル」タブを選択します
  2. 「オプション」を選択します
  3. 表示されるポップアップウィンドウの「詳細設定」を選択します
  4. そこで「イメージのサイズと画質」の「復元用の編集データを破棄する」にチェックし、「ファイル内のイメージを圧縮しない」のチェックを外します

なお、ここの「規定の解像度の設定」で「220ppi / 150ppi / 96ppi」から選択したものが、先ほど説明した画像サイズの圧縮・縮小・削減における「解像度の選択」の「ドキュメントの解像度を適用」を選んだ際の解像度になります

なお全般的にいえることですが、ファイルサイズを小さくするとそれだけ画像の品質が落ちます。ファイルサイズを小さくしようとして、想定よりも画像の品質が落ちてしまっては本末転倒です。全ての圧縮・縮小・削減方法を、必ず利用しなければいけない、というわけではありません。目的に応じてそれぞれの圧縮・縮小・削減方法を利用してください。

それではこれで、アナタもパワーポイントのファイルサイズを圧縮・縮小・削減してくださいね。

2015年06月04日 | 固有リンク |

パワーポイントの音楽を途中で止めるには?

3577:パワーポイントの音楽を途中で設定方法
パワーポイントに設定した音楽を途中で止めたい時、アナタならどうしますか?

通常はパワーポイントへ、プレゼンテーションのBGMとして音楽を利用する場合、ずーっと同じ音楽をリピートで繰り返して設定して、プレゼンが終了するまで流すというやり方が一般的だと思います。

しかし場合によっては、途中で音楽を止めたい時があります。
例えば、長いプレゼンテーションの場合、第一章と第二章とで音楽を変えたいという場合があるかと思います。そういった時、パワーポイントのBGMを途中で止める必要がありますが、どのようにしたらいいでしょうか?

パワーポイントに設定した音楽を途中で止める設定の場所

多くの人が音楽ファイルを挿入し、オーディオツールの書式や再生といったタブから設定しようとするかと思います。しかし、パワーポイントの音楽を途中で止めるという設定はそこからではないので、知らない人は途中で止めるという設定ができないかと誤解するかもしれません。

設定する場所が違うのです。
オーディオツールではなく、アニメーションの設定からならば可能です。
具体的な手順は次のとおりです。

パワーポイントに設定した音楽を途中で止める具体的な手順

  1. パワーポイント上で音楽ファイルをクリックしたら、オーディオツールタブではなく、アニメーションタブをクリックします。
  2. その次に、アニメーションウィンドウをクリックすると、右側にアニメーションを設定するエリアが表示され、音楽ファイルが選択されます。
  3. 右側のアニメーションウィンドウ上の、音楽ファイルを選択して右クリックし効果のオプションを選択します。
  4. ポップアップウィンドウの効果のタブにある再生の中止というところで、次のスライドの後にという項目に音楽を中止するスライドを入力すると、途中で音楽が止まるようになります。

パワーポイントに設定した音楽を途中で止める際の注意事項

ただしここで注意するべきは、入力する数字です。

例えば、20ページ目から音楽を鳴らし、24ページ目から音楽を中止したい場合、「24」と入力したくなるかもしれません。
しかしここで入力するべき数字は「4」になります。
音楽を中止するスライド番号ではなく、何枚目後に音楽を中止するかを入力します。

それではこれで、アナタもパワーポイントの音楽を途中で止めてくださいね。

2015年05月03日 | 固有リンク |

パワーポイントでメイリオを利用する際の注意事項!

3583:パワーポイントでメイリオを利用する際の注意事項!

パワーポイントには複数のバージョンがあり、バージョンによって利用できるフォントが違います。最新バージョンほど、標準の状態のパワーポイントで利用できるフォントが増えています。そして、利用できるフォントが多くなった現在、多くの人が利用するようになったのがメイリオというフォントです。

しかしこのメイリオというフォント、パワーポイントで利用する際に、何点か注意するべきポイントがあります。その注意するべきポイントをしっかりと理解して、便利に使いこなしましょうね。

メイリオの文字幅、文字間隔

メイリオというフォントは、他のパワーポイントのフォントに比べて文字幅、文字間隔が広いフォントです。ですから、過去のパワーポイント資料を全てメイリオに変更しようとすると、フォントの文字幅、文字間隔が広くなるため改行位置が変わり、ガタガタになってしまうことがあります。特に本文部分をメイリオに変更すると、影響範囲が大きいです。

どうしてもメイリオを利用したい!という場合は、全て目視で確認にして修正するしかありません。でも、これって面倒ですよね。その代わりにこの方法をオススメします。

メイリオの代わりにMeiryo UIを利用

その方法とは、メイリオの代わりにメイリオっぽいフォント、Meiryo UIというフォントを代わりに利用するという方法です。

ん?メイリオとMeiryo?なにが違うの?同じフォントをカタカナとローマ字で書いてる違いしかないんじゃないの?

そう思うのも無理はありません。確かに、同じような印象を受けるかもしれませんが「メイリオ」と「Meiryo UI」は違うフォントで、特に大きな違いは文字幅、文字間隔です。

メイリオは文字幅、文字間隔が広く、Meiryo UIは文字幅、文字間隔が狭いフォントなのです。そのため、過去のパワーポイントの資料を新しいバージョンのパワーポイントで編集する際や、1行に多くの文字を記載したい本文部分などにMeiyo UIというフォントはオススメです。

メイリオを上下中央にする際

メイリオを図形のテキストとして利用し、上下中央に設定した場合、微妙上に寄った表示になると思います。

え?本当に?意識してよく見たことないけど、そうだっけ?

はい、そうなんです。意識してよく見ると、微妙に上に寄ったというか、下に空白があるというか、上下中央に設定しても中央になってる感じがしないはずです。ですから次のポイントを設定することをオススメします。

テキストボックスの下余白

メイリオを利用して、上下中央に設定したい図形を選択し、右クリックして図形の書式設定から「テキストボックス」の下余白を0cmにして、上余白を初期値0.13cmのままでもOKですが、図形の大きさに応じて適切に設定します。
これでメイリオを利用しても、ちょうど上下中央に配置されます。

これでアナタもパワーポイントでプレゼン資料を作成する際に、メイリオのフォントを上手に利用してくださいね。

2015年03月05日 | 固有リンク |

パワーポイントで16:9を選択する時には注意!

3535:パワーポイントで16:9を選択する時には注意!

パワーポイントでプレゼン用のファイルを作成しようとする時、どんなサイズで作りますか?
かつて、もっとも一般的なサイズは4:3という大きさでしたが、今や様々なサイズで作成される傾向にあります。

これまでの膨大なパワーポイントファイル資産との兼ね合いから、引き続き4:3を選択ということも多いかと思います。
また、プロジェクターでスクリーンに投影してプレゼンするよりも、紙で印刷して利用することが多い場合はA4を選ぶ場合も増えてきました。

そのなかでも最近、パソコンの画面だけでなく各種ディスプレイのサイズ、プロジェクターでの投影、タブレットやスマホなど、さまざまなデバイスが16:9というサイズに向かっているため、16:9を選ぶ場合も増えています。

しかし!パワーポイントで16:9のサイズを選択する場合は注意が必要です。

パワーポイントのバージョンによってサイズが異なります

というのも「16:9」という比率は一緒なのですが、パワーポイントのバージョンによって縦横それぞれのサイズが異なります。

そもそも「4:3」のサイズとは

具体的には、パワーポイント2010でも2013でも、たぶんそれ以前のどのパワーポイントのバージョンにおいても、「4:3」のサイズは横25.4cm、縦19.05cmです。

3535-1:パワーポイントで16:9を選択する時には注意!

パワーポイント2010の「16:9」

パワーポイント2010での『画面に合わせる(16:9)』は横25.4cm、縦14.29cmです。

3535-2:パワーポイントで16:9を選択する時には注意!

つまり「4:3」の横の長さが同じですが、縦を短くして16:9にしているので、結果としてスライドの面積が小さくなります。
どんな影響が出るかというと、今まで4:3のサイズで作成した資料を、このサイズの16:9に移行しようとした場合、縦がはみ出る、という現象が起こります。

パワーポイント2013の「16:9」

パワーポイント2010の、横が同じで縦を短くした16:9に対して、使いづらい!という声が寄せられたのでしょうか。
パワーポイント2013ではもう1つの「16:9」が追加されています。

それが『ワイド画面』という「16:9」です。

3535-3:パワーポイントで16:9を選択する時には注意!

これは横33.867cm、縦19.05cmで、「4:3」の横を長くして、縦を同じにしたサイズです。
そのため、今まで4:3のサイズで作成した資料を、このサイズの16:9に移行しようとした場合、縦がはみ出る、という現象が起こらずに済みます。

ただし、パワーポイント2013では
・横が同じで、縦が短い『画面に合わせる(16:9)』横25.4m、縦14.29cm
・横が長くて、縦が同じ『ワイド画面』横33.867cm、縦19.05cm
の二つがありますので、間違えないようにしましょう。

3535-4:パワーポイントで16:9を選択する時には注意!

結論、どっちがいいの!?

ここまで読んで、結局どっちがいいの!?と思った方へ。

・パワーポイント2010では『ユーザー設定』で横33.867cm、縦19.05cmと設定
・パワーポイント2013では『ワイド画面』を選択(すると、自動的に横33.867cm、縦19.05cmと設定されます

としておけば、問題ないと思います。

これであなたもパワーポイントで16:9のプレゼン資料を作成する時に、目的に応じた最適なものを選ぶようにしてくださいね。

2014年12月14日 | 固有リンク |

パワーポイントでイラストを白黒モノトーンのシルエットに加工する

3520:イラストを白黒モノトーンのシルエットに加工する

パワーポイントでプレゼンの資料を作成する時「このイラストを白黒モノトーンのシルエットに変えたいな~」と思う事ってありませんか?

色合いが気に入らない場合や、モノトーンにすることでメッセージ内容を強めたい場合以外にも、様々なイラストを全て白黒モノトーンにすることで統一感が出ます。

しかし多くの人が、イラストを白黒にするのは大変なんだろうな、モノトーンのシルエットにするには画像加工用の専用ソフトが必要なんじゃないか、と思っていますが、そんなことはありません。

パワーポイントの標準機能だけで、すぐに、簡単にできます。

シルエットに加工するのは意外と簡単

それでは、パワーポイントでイラストを白黒モノトーンのシルエットに加工する方法とは?

■図の書式設定>図の修正の明るさを「-100%」

ただしこの方法でイラストを白黒のシルエットにするには、制限があります。というのも、モノクロのシルエットにしたいイラストが、切り抜かれたイラストでなければならないのです。

「切り抜かれたイラスト」とはどういうことかというと、イラストの部分以外は透明、という状態のことです。このように切り抜かれた状態のイラストでないと、明るさを「-100%」にすると単なる真っ黒な四角形になってしまいます。

これでアナタもパワーポイントを利用して、イラストを簡単に白黒モノクロに加工して資料を作成してくださいね。

2014年11月02日 | 固有リンク |

都道府県別、市区町村別で地図を色分け、色塗りしたい!

都道府県別、市区町村別で地図を色塗り、色分けしたい!

プレゼン資料を作成する時に、都道府県別、
あるいは市区町村別に地図を色分け、色塗りしたい!
ってことありませんか?

たとえばこんな感じ。

都道府県別、市区町村別で地図を色分け、色塗りする

港区、渋谷区、千代田区を濃い緑色。
中央区、目黒区を薄い緑色。
品川区、江東区、新宿区、文京区、台東区を薄い黄色。
そのほかの区はグレー。

このように、目的に応じて地図を塗り分けて
プレゼンに利用したい!という場合には、これ。

■地図ぬりぬり https://edit.freemap.jp/

名前はかわいい感じですが、機能はおどろくほど豊富です。
 
 
まず利用できる地域は次のとおり。

【地域】※国別に塗り分け可能
世界地図、アジア全体、東アジア、東南アジア、西アジア、アメリカ大陸全体、北アメリカ、南アメリカ、中央アメリカ、ヨーロッパ全体、アフリカ全体

【国】※都道府県レベルか地域レベルでの塗り分け可能
アイスランド、アイルランド、アフガニスタン、アメリカ、アルバニア、アンドラ、イタリア、インド、インドネシア、ウズベキスタン、エストニア、オーストリア、カザフスタン、カナダ、カンボジア、韓国・北朝鮮、ギリシャ、キルギス、グリーンランド、クロアチア、シンガポール、スリランカ、タイ、台湾、タジキスタン、チェコ、中国、デンマーク、ドイツ、トルクメニスタン、日本、ネパール、パキスタン、ハンガリー、バングラディッシュ、東ティモール、フィリピン、フィンランド、ブータン、フランス、ブルガリア、ブルネイ、ベトナム、ベラルーシ、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、ラオス

【都道府県】※市区町村レベルで塗り分け可能
愛知、青森、秋田、石川、茨城、岩手、愛媛、大分、大阪、岡山、沖縄、香川、鹿児島、神奈川、岐阜、京都、熊本、群馬、高知、埼玉、佐賀、滋賀、静岡、島根、千葉、東京、徳島、栃木、鳥取、富山、長崎、長野、奈良、新潟、兵庫、広島、福井、福岡、福島、北海道、三重、宮城、宮崎、山形、山口、山梨、和歌山

【都市】※より細かなレベル(23区等)で塗り分け可能
大阪市、川崎市、北九州市、京都市、神戸市、さいたま市、堺市、札幌市、静岡市、仙台市、千葉市、東京23区、名古屋市、新潟市、浜松市、広島市、福岡市、横浜市
 
 
次は機能。

【利用できる色】 カラーコードを指定すれば自由に利用可能

【表示形式】 海岸線、国境線、名称などの表示、非表示が選択可能

【拡大/縮小】 4段階のなかから選択可能

【地図の移動】 ドラッグアンドドロップで可能

【凡例・統計】 表示可能

【文字やフリーハンドの線】 表示可能

【ダウンロード形式】 PNG形式
 
 
こんなに至れりつくせりなのに、なんと無料で利用可能!

アナタも効率的に都道府県別、市区町村別で
地図を色分け、色塗りしてプレゼン資料を効率的に
作成してくださいね。

2014年10月30日 | 固有リンク |

プレゼン資料作成で統計データを無料で探す時に便利なサイト

プレゼン資料を作成する際に
統計データが必要になる時ってありますよね。

きっとインターネットに公開されているんだろうけど、
どこで公開されているか調べられない。
データ元が明記されていなくて、いまいち使いづらい。

特に情報通信関連でオススメなのがこちらです。

情報通信白書平成25年版

特に
情報通信白書平成25年版 CSV
というZIPファイルはおすすめです。

321種類のファイルが同梱されていて
「あー、これ探してた!」というデータも
あると思います。

しかも総務省が提供しているデータなので出典もバッチリ!
安心して利用できます。

以下にファイルの一覧を記載しておきますので参考にしてくださいね。
 
 
【情報通信白書平成25年版 CSVファイルに含まれるデータ一覧】
用途別インターネット利用率比較
企業におけるクラウドネットワーク技術の利用実態(日米比較)
統合型GISの導入率
GISの利用分野
GISの用途拡大希望分野
GISに期待する効果
GIS利用拡大の課題
Googleにおける「O2O」の検索頻度
主な情報通信機器の世帯保有状況・個人の利用状況
日本における媒体別広告費推移
企業における広告メディアの利用見通し
Amazonとベストバイの売上・純利益比較
Amazonの投資額推移および純利益
Amazonの売上内訳
日米における小売企業の成長率比較
我が国における主要小売業の2012年流通額比較
国内企業におけるEC企業への認識
企業における実店舗への誘引手段
インターネット上における実店舗への誘引手段と効果
インターネット活用の課題
ソーシャルメディアの業務利用
ソーシャルメディアの業務利用(部門別)
ソーシャルメディアの利用による効果
BYODに関するポリシー・ルールの策定状況
私物端末を業務で利用する従業員の有無
BYODを活用している部署
BYOD導入に際しての課題
主要国内ゲーム関連企業の株式時価総額比較
スマートテレビの利用意向
現在海外展開を行っている企業の展開国(複数回答)
海外進出における国・地域の選定理由(ASEAN地域)
海外展開先における顧客
海外展開及び国内事業に関する先5年程度の見通し
海外展開におけるICT産業・企業との連携意向及び有効性
ICT連携によって得られる・期待される直接的効果(左)と間接的効果(右)
世界通信事業者における海外展開と売上高の関係
世界通信事業者における海外売上比率と営業利益率
Telefonicaの海外売上比率の推移・構成
Telefonicaの加入者数
Vodafoneの海外売上比率の推移と市場シェア
SingTelの海外売上比率の推移
América Móvilの海外売上比率の推移と移動体通信契約数内訳
海外展開に関する現地ICTインフラの整備状況の重要性と具体的な内容
産業と連携した海外展開に関する有用性と具体的な内容
ICTサービス市場における主要企業の業績成長率と海外売上比率 
IBMの売上高・営業利益率・海外売上比率
IBMの事業内容およびセグメント別の収益内訳
AT&Tにおけるビジネス向けIP系サービス(Strategic Business Service)の売上高推移
主要通信機器ベンダーの業績成長率と海外売上比率
Ericssonの売上高・営業利益率・海外売上比率
Ericssonの事業内容およびセグメント別の収益内訳
Huaweiの売上・営業利益・海外構成比
Huaweiの売上構成比と事業概要
Ciscoの売上高・営業利益率・海外売上比率
Ciscoの売上構成比と事業概要
LTEに関する特許の保有率(2011年時点)
米国の主なプラットフォーム事業者の業績推移
米国における主なICT上場企業の業種別評価
日米中の主な上位レイヤー事業者の成長性と海外展開の関係
米主要上位レイヤー企業の海外売上比率の推移
日本における番組輸出の内訳
英国におけるテレビ番組の海外輸出額内訳・推移
BBCとITVにおける売上構成
米国連邦政府におけるビッグデータ関連事業数(機関別)
ビッグデータ流通量の推移(産業計)
ビッグデータ流通量推移(メディア別)
ビッグデータ流通量の推移(産業別)
ビッグデータ蓄積量(産業別、2012年)
従業員1人当たりデータ流通量伸び率と労働生産性伸び率との関係
情報収集したビッグデータの活用事例(業種・分野別)
情報収集したビッグデータ活用例における適用業務
事例の対象小売業種※の年間販売額の推移
国の行政機関が扱う手続のオンライン化状況の推移
国の行政機関が扱う申請・届出等手続のオンライン化の状況
インターネットの利用状況(商品・サービスの購入・取引と電子政府・電子自治体の利用の比較)
電子申請サービス、税申告・納税サービスの認知・利用状況
期待する効果・メリットとサービスを利用しない理由
電子政府段階別の構成比率(回答自治体)
番号制度導入で地方自治体が活用を希望しているサービス(複数回答)
番号制度導入で地方自治体が活用を希望しているサービス(ステージ別)
地方自治体の番号制度の将来的な用途拡大に当たっての課題認識(複数回答)
ソーシャルメディア種類別の活用状況
地方自治体のソーシャルメディアの運営状況
地方自治体における日常の業務執筆部門別各メディア活用状況
ソーシャルメディアの活用目的(活用自治体)
ソーシャルメディアの活用目的と利点(活用自治体・ステージ別)
地方自治体におけるソーシャルメディアの利点及び問題点(活用有無別)
地方自治体のオープンデータへの取組状況
地方自治体のオープンデータへの取組状況(ステージ別)
地方自治体におけるオープンデータに関心のある分野
地方自治体におけるオープンデータを進める上で優先順位の高い課題
ICTを活用した街づくりの認知度
ICTを活用した街づくりの認知度(自治体規模別)
街づくりにおける課題
ICTを活用した街づくりの取組状況
ICTを活用した街づくりの取組状況(地方自治体規模別)
ICTを活用した街づくりの期待分野
ICTを活用した街づくりに期待する成果
ICTを活用した街づくりの課題・障害
ICTを活用した街づくりの推進体制
ICTを活用した街づくりにおいて、誰の意見が強く反映されるか
望ましい民間事業者の参画段階
民間事業者と協力して進める場合の問題点
「共通ICT基盤」の整備への関心
複数の団体と「共通ICT基盤」に関するICTシステムの共同運用
「共通ICT基盤」の整備への関心(「ICTを活用した街づくり」に積極的な自治体の場合)
「共通ICT基盤」で共同運用する(したい)分野
共通ICT基盤の共同運用における課題
主な介護者の構成割合
インターネットの年齢階級別利用状況
ソーシャルメディアの現在の利用数、利用経験(年代別)
高齢者等が利用したいICTサービス
どのような場合でも提供・公開したくないデータ(一般パーソナルデータ)
どのような場合でも提供・公開したくないデータ(慎重な取扱いが求められるデータ)
どのような場合でも提供・公開したくないデータ(センシティブデータ)
サービス提供事業者によるパーソナルデータの利用方法のうち、抵抗感を感じる方法
パーソナルデータの取扱いに関する許容範囲(ソーシャルメディア利用時)
パーソナルデータの取扱いに関する許容範囲(インターネットショッピング利用時)
パーソナルデータの取扱いに関する許容範囲(ビッグデータ関連サービス)
パーソナルデータをサービス提供事業者に提供する条件
パーソナルデータ保護のために日常から講じている対策
スマートフォンにおける利用者情報の取扱いに関する意識
パーソナルデータの利用・流通のための条件
プライバシー保護のために必要と思う政策
情報セキュリティに関する被害の経験とインターネット利用への不安感
インターネット利用時における不安感(サービス別)
インターネット上の脅威への認知度
インターネット上の脅威に対する不安感
情報セキュリティ対策の実施状況
スマートフォンのセキュリティ対策の認知度
スマートフォンのセキュリティ対策の実施状況
スマートフォンを利用するようになってからの情報セキュリティへの不安
情報セキュリティ対策に関する情報の入手
情報セキュリティの教育・研修を受けた経験
情報セキュリティ対策の実施状況(情報セキュリティ対策情報の入手状況別)
情報セキュリティ対策情報の入手にあたって感じる問題
企業の研究開発費の推移
民間の研究開発投資(平成23年度)
主な産業の市場規模(名目国内生産額)(内訳)(平成23年)
主な産業の市場規模(名目国内生産額及び実質国内生産額)の推移
情報通信産業の市場規模(名目国内生産額及び実質国内生産額)の推移
情報通信産業の名目GDP及び実質GDPの推移
主な産業の名目GDP及び実質GDPの規模
主な産業の名目GDP及び実質GDPの推移
実質GDP成長率に対する情報通信産業の寄与
情報通信産業の雇用者数の推移
主な産業部門の最終需要による経済波及効果(付加価値誘発額、雇用誘発数)の推移
主な産業部門の生産活動による経済波及効果(付加価値誘発額、雇用誘発数)の推移
情報通信業の売上高
全体概要
資本金規模別の企業構成割合
労働生産性、労働整備率、労働分配率の状況 
通信・放送業の売上高
新たな分野に事業展開したいと考えている企業の割合
展開したいと考えている事業の内容(複数回答上位3位)
放送番組制作業の売上高
テレビ放送番組の二次利用の状況及び二次利用の形態(複数回答上位5位)
使用中の放送番組作業に係る設備のデジタル化率の推移
サービス別企業数・売上高
今後新たに展開したいと考えている事業分野の状況(上位)(複数回答)
業種別企業数と売上高(主業格付けベース)
元請け・下請けの状況
業種別企業数と売上高(主業格付けベース)
映像・音楽の配信に係る課金システム
情報通信端末の世帯保有率の推移
インターネットの利用者数及び人口普及率の推移
インターネット利用端末の種類(平成24年末)
属性別インターネット利用率及び利用頻度
都道府県別インターネット利用率(個人)(平成24年末)
家庭内・家庭外からのインターネット利用の機能・サービス(個人)
世代別インターネット利用の機能・サービス(成人)
インターネットで購入する際の決済方法(複数回答)
家庭内外からインターネットで購入する際の平均最高金額
世帯におけるインターネット利用で感じる不安(複数回答)
企業におけるインターネットや企業内LAN等を利用する上での問題点(複数回答)
世帯におけるインターネット利用に伴う被害経験(複数回答)
企業におけるインターネット利用に伴う被害経験(複数回答)
世帯における迷惑メール受信頻度
世帯における迷惑メール対策(複数回答)
不正アクセス禁止法違反事件検挙件数の推移
世帯における情報セキュリティ対策の実施状況(複数回答)
企業における情報セキュリティ対策の実施状況(複数回答)
世帯における個人情報保護対策の実施状況(複数回答)
企業における個人情報保護対策の実施状況(複数回答)
出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する被害児童数等の対比
フィルタリングソフト・サービスの認知状況
フィルタリングソフト・サービスの利用状況
主なメディアの平均利用時間と行為者率
主なメディアの時間帯別行為者率
「テレビ(リアルタイム)視聴」にネットの「ながら視聴」が占める割合
主な機器によるインターネット利用時間と行為者率
主なコミュニケーション手段の利用時間と行為者率
スマートフォンとフィーチャーフォンのネット利用項目別比較
スマートフォンとフィーチャーフォンのネット利用項目別比較(10代)
スマートフォンとフィーチャーフォンのネット利用項目別比較(20代)
国の行政機関が扱う手続のオンライン化状況の推移
 国の行政機関が扱う申請・届出等手続のオンライン利用状況の推移
地方公共団体が扱うオンライン利用促進対象手続の利用状況の推移
各種オンラインシステムの共同利用
国内におけるクラウドサービスの利用状況
クラウドサービスの利用状況(産業別及び資本金規模別)
クラウドサービスの利用内訳
クラウドサービスの導入理由
クラウドサービスを導入しない理由
クラウドサービスの利用実績の日米比較(21~24年度)
クラウドサービスの利用内訳(日米比較)
電気通信事業の売上高の推移
電気通信事業者の固定通信と移動通信の売上比率
売上高における役務別比率の推移
携帯電話のARPU(1契約当たりの売上高)の推移
電気通信事業者数の推移
電気通信サービスの加入契約数の推移
ブロードバンド基盤の整備状況の推移
属性別ブロードバンド利用状況
ブロードバンド契約数の推移
FTTHとDSLの契約純増数の推移(対前四半期末)
BWAアクセスサービスの契約数の推移
ケーブルテレビインターネット提供事業者数と契約数の推移
固定電話の加入契約者数の推移
NTT固定電話サービスの推移
NTT東西における公衆電話施設構成比の推移
IP電話の利用状況
携帯電話の加入契約数の推移
PHSの加入契約数の推移
第3世代携帯電話(LTE)加入契約数の推移
国内専用回線数の推移
国際専用サービス回線数の推移
IP-VPNサービス・広域イーサネットサービス契約数の推移
日本銀行「企業向けサービス価格指数」による料金の推移
個別料金による固定電話料金の国際比較(平成23年度)
モデルによる携帯電話料金の国際比較(平成23年度)
NTT東西の接続料の推移(加入電話3分当たり)
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの接続料の推移*16
重大な事故発生件数の推移
通信回数の推移(発信端末別)
通信時間の推移(発信端末別)
1契約当たりの1日の通信時間の推移
固定通信(加入電話・ISDN)の距離区分別通信回数構成比の推移
携帯電話・PHSの距離区分別通信回数構成比の推移
固定通信と移動通信の時間帯別通信回数の比較
固定通信と移動通信の時間帯別通信時間の比較
固定電話と移動電話の平均通話時間の比較
我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算
我が国のインターネット上を流通するトラヒックの推移
我が国の移動通信の月間平均トラヒックの推移
ISP6社のブロードバンド契約者のトラヒックの推移
移動通信トラヒックの推移
ISP6社のブロードバンド契約者のトラヒックの曜日別変化
移動通信トラヒックの曜日別変化
総務省に寄せられた苦情・相談等の件数の推移
総務省電気通信消費者相談センターに寄せられた苦情・相談等の内訳(23年度)
電話通信料の推移と世帯支出に占める割合
IPv4アドレスの各地域への割り振り推移及びIPv4アドレス在庫の消費
IPv6サービスの対応状況(ISP全体及び規模別)
放送産業の市場規模(売上高集計)の推移と内訳
有線テレビジョン放送事業のサービス別売上高の推移
地上系民間放送事業者の広告収入の推移
民間放送事業者の売上高営業利益率の推移
民間放送事業者数の推移
民間地上テレビジョン放送の視聴可能なチャンネル数(平成24年度末)
我が国の衛星放送に用いられている主な衛星(平成24年度末)
登録に係る自主放送を行う有線電気通信設備によりサービスを受ける加入世帯数、普及率の推移
ケーブルテレビの幹線光化率の推移
NHKの国内放送(平成24年度末)
NHKのテレビ・ラジオ国際放送の状況(平成25年4月現在)
放送サービスの加入者数
NHKの放送受信契約数
家計の放送サービスに対する支出
1日当たりのテレビジョン放送視聴時間の推移
30分ごとの平均視聴率(全国・週平均)
我が国の周波数帯ごとの主な用途と電波の特徴
無線局数の推移
我が国の通信サービスに利用中の主な静止衛星(平成24年度末)
我が国が通信サービスとして利用中の主な周回衛星(平成24年末)
衛星移動通信サービス無線局数の推移
無線局への混信・妨害申告件数及び措置件数の推移
不法無線局の出現件数及び措置件数の推移
我が国のコンテンツ市場規模の内訳(平成23年)
我が国のコンテンツ市場規模の推移(ソフト形態別)
1次流通市場の内訳(平成23年)
マルチユース市場の内訳(平成23年)
我が国のコンテンツ市場規模の推移(流通段階別)
マルチユース率の推移
通信系コンテンツ市場の内訳(平成23年)
通信系コンテンツ市場規模の推移(ソフト形態別)
モバイルコンテンツ産業の市場規模
制作している放送番組の種類の割合(複数回答)
我が国の地上テレビ番組の輸出金額(推計値)
輸出番組のジャンル(輸出金額ベース、平成23年度)
海外に販売した地上テレビ番組の主な例(平成23年度)
番組の輸出先(輸出金額ベース、平成23年度)
コンテンツ関連の年間消費支出額
企業の研究費の割合(平成23年度)
重点推進4分野別の研究費の推移
情報通信分野の共同研究及び受託研究数の推移
重点推進4分野の共同研究及び受託研究の状況(平成23年度)
技術貿易額の産業別割合(平成23年度)
企業の研究者数の産業別割合(平成24年3月31日現在)
郵便事業損益(決算)
郵便事業損益(決算)
郵便局数の内訳(平成24年度末)
総引受郵便等物数の推移
信書便事業者の売上高の推移
特定信書便事業者数の推移
提供役務種類別・事業者数の推移(特定信書便事業)
引受信書便物数の推移
ILASの実施結果の概要
保有するインターネット接続機器
日本の産業別名目市場規模(国内生産額)の推移
日本の産業別名目GDPの推移
日本の産業別実質市場規模(国内生産額)の推移
日本の産業別実質GDPの推移
日本の産業別雇用者数の推移
日本の情報通信産業の部門別名目市場規模(国内生産額)の推移
日本の情報通信産業の部門別実質市場規模(国内生産額)の推移
日本の情報通信産業の部門別名目GDPの推移
日本の情報通信産業の部門別実質GDPの推移
日本の情報通信産業の部門別雇用者数の推移
都道府県別情報化指標

上記ファイルは
情報通信白書平成25年版 CSV
に同梱されています。

これでアナタもプレゼン資料作成で
統計データを探す時に活用してくださいね。
 
 
他にも無料で利用できるテンプレートやソフトウェアやサービスも
たくさんありますから、ぜひ参考にしてくださいね。

■パワーポイントのテンプレート・ソフトウェア・サービスの紹介
パワーポイントテンプレート特集
パワーポイントを無料で使う裏技
パワーポイントの資料を無料でPDF化
無料写真素材:プレゼン、パワーポイントで使える無料の写真素材サイト
無料でパソコンの画面を録画してプレゼンするには?

2014年09月02日 | 固有リンク |

意外と出来ていない、グラフお作法の初歩

3506:意外と出来ていない、グラフお作法の初歩

プレゼンの資料をパワーポイントで作成する時にグラフを利用する場合ってありますよね。しかし、このグラフ。お作法があるにも関わらず、意外と多くの人がそのお作法が出来ていません。あ、お作法といっても、厳しいルールが無数にあるというわけではありませんよ。今回解説する5つのルールを守っておけば、少なくとも基本的なお作法が身に着くので、ぜひこの機会に理解してください。

3506-01:意外と出来ていない、グラフお作法の初歩

タイトル

何のデータに関するグラフかわかるようにタイトルを付けましょう。
例:【日本における媒体別広告費推移】

単位

特に金額に関しては、日本円なのか米国ドルなのかといった通貨も合わせて記載するようにしましょう。
例:単位:億円

軸の数値表記

軸が数字で1,000を超える場合は3桁ごとに区切り文字をいれると見やすくなります。
例:25,000、20,000、15,000、10,000、5,000、0

出典

公開データであれば出典元を記載するとともに、自社の情報を元にしている場合は「出典:弊社調査」等と記載しましょう。
例:出典:総務省「平成25年版 情報通信白書」

凡例

それぞれが何のデータかわかるように凡例を付けましょう。
例:テレビ、インターネット、新聞、雑誌、ラジオがそれぞれどのような色、線、カタチでグラフ上記載されているのか

以上の5つのルールはグラフを扱う上での初歩であり、ビジネスにおいても、論文発表においても同様です。この基本が守られていないグラフは「このグラフの数字は本当に信頼できるものなのか?」と不安に思われてしまいます。アナタも、今回解説した5つのルールを守って、信頼されるグラフを作成してくださいね。

2014年08月25日 | 固有リンク |

Macのパワーポイントで改行位置に困ったら

3486:Macでパワーポイントの改行に困ったら

最近はMacユーザーも増え、Windowsパソコンで作成したパワーポイントのファイルをMacでも編集したい利用した、という場合が増えてきました。

MacでもWindowsであっても、パソコンにパワーポイントがインストールされていれば、ファイルに共有はそんなに難しいことではありません。

しかし、同じパワーポイントといってもMacとWindowsではやはり多少の違いはあります。その違いを知らずにいると、大変面倒なことになりますので注意してくださいね。

原因は意外な理由

その中でもよくあるのが「改行」の問題。

Windowsのパソコンで、結構長めの文章があるパワーポイントのファイルを、Macのパソコンで開いてみたら改行位置がグチャグチャ!そして、Macユーザーが「改行位置がグチャグチャなんだけど!」とその資料を作成したWindowsユーザーにクレームを入れても、Windowsユーザーのパソコンではまったく問題無いので「よくわからない」となってしまいがちです。

ちなみに、こういった場合は「Macではこのように見える」とスクリーンショットを保存して画像として状況を共有すると、意思疎通がスムーズにいきます。

さて、本題に戻りますが、このような場合「フォント選び」が問題である場合がほとんどです。

Macでもパワーポイントがインストールされていれば、Windowsでのパワーポイントで利用できる全てのフォントが利用できる、という勘違いから問題になるのです。Windowsのパワーポイントでしから利用できないフォントは何か。裏を返せば、Macのパワーポイントでファイルを開くと高い確率で改行位置がズレるフォントは何か。これをしっかりと理解しましょう。

Mac/Windowsでの利用可能フォント

Office for Mac 2011をインストールすると利用できるようになるフォントは以下の通りです。

  • MS Pゴシック
  • MS P明朝
  • MS ゴシック
  • MS 明朝
  • メイリオ
  • HGP 創英角ゴシック UB
  • HGP ゴシック E
  • HGP 明朝 E
  • HGS 創英角ゴシック UB
  • HGS ゴシック E
  • HGS 明朝 E
  • HG 創英角ゴシック UB
  • HG ゴシック E
  • HG 丸ゴシック M-PRO
  • HG 明朝 E

つまり、これ以外のフォント「Meiryo UI」「MS UI Gothic」あるいは「ゴシック M」「明朝 B」「創英プレゼンス EB」「教科書体」「行書体」「創英角ポップ体」系のフォントは使わない方が無難、ということです。

アナタもMacのパワーポイントで改行位置に困った時は、利用しているフォントを見直してみてくださいね。

2014年07月22日 | 固有リンク |

プレゼンで写真・画像を印象的に活用するには?

最近のプレゼンテーションのトレンドとして
ビジュアルを全面に打ち出した手法が
ビジネスの現場でも普及してきました。

しかしながら写真や画像を印象的に利用する
プレゼンは、スタイリッシュにしようとして
一歩間違えるととてつもなくダサくなってしまいます。

それではどのような点に気を付けて
写真や画像を利用すればいいのでしょうか?

まず悪い例として、大き目な写真や画像を
ただ貼っただけのスライドです。

悪い例:プレゼンで写真・画像を印象的に活用するには?

ただただ、写真や画像が大き目、というだけで
かえってダサイ印象を与えるだけでなく、
手を抜いているという印象さえ与えかねません。

ビジュアル重視なプレゼン資料を作成するならば
写真や画像を画面一杯に拡大すると
印象的スライドになります。

イマイチな例:プレゼンで写真・画像を印象的に活用するには?

しかしこれだけではイマイチです。

ビジュアル重視のプレゼンにしたいんだろうな、
という資料を作成した人の意図は理解できますが
とてもスタイリッシュとはいえません。

原因の多くは、平凡な構図にあります。
平凡な構図のよくある例としては

・引いた全体図
・左右対称なシンメトリーな構図

などが挙げられます。

それでは印象的でスタイリッシュに
するためにはどうすればいいのでしょうか?

そう、平凡な構図の逆をやればいいのです。

・ある部分に寄った構図
・あえて左右非対称なアシンメトリーな構図

良い例:プレゼンで写真・画像を印象的に活用するには?

例えばニューヨークの高層ビル群の
写真や画像を利用する場合も、引いた構図にすると
つまらないスライドになってしまいがちです。

ですから、例えば1つの印象的なビルに寄って、
あえて左右非対称にすることで印象的で
スタイリッシュなスライドになります。

今回解説した方法は、あくまでも一例ですが、
非常に有効な方法です。

アナタもこれで、パワーポイントでビジュアル重視な
プレゼン資料をスタイリッシュに、
印象的に作成してくださいね。

2014年07月07日 | 固有リンク |

パワーポイントの画面切り替えで勘違いしやすい注意点とは?

パワーポイントでプレゼン用の資料を、
特に展示会やセミナーなど動きに凝った資料を
作成する場合に勘違いしやすい注意点があります。

まず、パワーポイントで動きの凝った資料を
作成する場合「アニメーション」と「画面切り替え」の
2つのやり方があります。

前提知識としてパワーポイントの
「アニメーション」とは図形や文章や画像の1つ1つを
どう動かすかの設定です。

一方「画面切り替え」とはあるページから別のページに
移るときに、どのような動きをつけるかの設定です。

そしてこの画面切り替えの設定で
勘違いしやすいポイントがあるのです。

それは「画面切り替えの効果」と
画面切り替えのタイミング「自動に切り替え」の秒数が
勘違いしやすいのです。

例えば、Aスライド、Bスライド、Cスライドの
3枚があってBスライドの設定をするとします。

AスライドからBスライドへ移り変わる時が
「画面切り替えの効果」

BスライドからCスライドへ移り変わるタイミングが
「自動に切り替え」の秒数

このように
AスライドからBスライドへ変わる時の設定と
BスライドからCスライドへ変わる時の設定を
する場所が非常に近いので勘違いしやすいのです。

アナタもパワーポイントでプレゼン資料を作成する際に
勘違いしないように注意してくださいね。

2014年06月23日 | 固有リンク |

 

< 新しい記事以前の記事 >