パワーポイント

 / 最終更新日 2020.03.26

プレゼン資料におけるシンプルかつ効果的な色の使い方

 

パワーポイントでプレゼン資料を作成する上で、色は基本的な要素です。

誰でも簡単に、色を使えます。

 

しかし、基本的ではありますが、非常に重要な役割を担います。

使い方を間違えるとあなたのプレゼンが台無しになりかねません。

しっかりと身につけ、効果的に利用してください。

 

「良い」と「悪い」

プレゼンで重要なのは、何を主張しているのかをハッキリさせることです。

何が「良い」ことか、何が「悪い」ことかをハッキリさせます。

そして、それを色で表現するのです。

 

聞き手が誤解しないように、「良い」と「悪い」の何色を一番最初に決めます。

例えば「良い」ことを赤、「悪い」ことを青。

これを一番最初に決めます。

 

そうすれば、聞き手は赤で書かれていることは「良い」こと。

青で書かれていることは「悪い」こと。

聞き手は自然に理解できます。

 

色の使い方を明確にすることで、誤解されず、正確に理解されます。

 

「良い」と「悪い」の他は増やさない

「良い」と「悪い」の色を決めたら、後は色を増やすべきではありません。

なぜならばプレゼンの中で様々な色が使われていると、聞き手は

「この色はどんな意味で使われているのだろうか?」

と考えてしまうからです。

 

確かに「良い」と「悪い」以外にもいろんな情報があります。

「参考情報」「過去の事例」「未来の予測」など。

色分けしたくなる場合もあるでしょう。

しかし使う色を増やせば増やすほど、分かりにくくなります。

 

あなたが一番伝えるべき「良い」と「悪い」ことに関しては一目で区別できるようなわかりやすい色を使い、他は極力使う色を限定しましょう。

これであなたも効果的な色の使い方を身につけて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 


このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して、テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中! 詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

・パワーポイント用プロフェッショナルテンプレート

・ライバルに差をつける「伝わる」資料作成テクニック習得プログラム

・のべ900社以上の売上アップの秘訣が詰まった営業資料セルフ開発キット

・プレゼンマスターがあなたのプレゼン・パワーポイントの資料を作成

・企業・団体向けプレゼン研修:パワーポイント・プレゼンテーション研修

 

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP