パワーポイント

 / 最終更新日 2008.07.13

プレゼンとパワーポイントの資料をマッチさせるには?



プレゼンを聞いていて、しゃべっている内容と
投影されているスライドがどうもチグハグな感じがする時
ありませんか?

こんな時、パワーポイントの
スライドの作り方がおかしい場合が多いです。

パワーポイントのスライド上の流れと
話の流れが合っていないのです。

では、どうすればいいのか?

■パワーポイントの流れは、左から右へ、上から下へ

このように話が流れるようにつくるべきです。

例えば、プレゼンの内容が
新製品の説明だとします。

そして、話したい内容が

1.現在の問題点
2.解決策
3.解決策の実現する新製品の特徴

だとします。

そして、パワーポイントの
1枚のスライドで説明したい場合は
このようにつくるべきです。

1→2→3
と左から右へ、もしくは






と上から下へ話が流れるようにするべきです。

特に、いいたいトピックスが
何個かある場合、つまり
1.問題点として3個のトピックス
2.解決策として3個のトピックス
3.新製品の特徴として3個のトピックス
とあるばあいは、左から右へ流れるようにするべきです。

これで、アナタの話とパワーポイントの資料が
ピッタリあって、聞いている人もわかりやすくなります。

ちょっとしたことですが、
効果大なので、是非、アナタのプレゼン資料作成に
活かしてくださいね。

 


 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

メニュー

1,000万PVの達成を感謝しまして、テンプレートやマニュアルや各種素材集やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

詳しくはこちらをクリック!



最近の記事

  1. yamada.png(山田画像) | プレゼンマスター:パワーポイントのテンプレート・素材・裏技解説
PAGE TOP