パワーポイント

 / 最終更新日 2020.04.19

大事なプレゼン資料の精度の高いチェック方法とは?



パワーポイントで作成した
プレゼン資料をチェックする時
アナタはどのようにしておこなっていますか?

パワーポイントの資料を、関係者に配布する際に
確認漏れがあると、恥ずかしいですよね。

確認漏れで、入力ミスやスペルミスなどが残っていたら、
恥ずかしいだけですが、本来出してはいけない情報を
うっかりそのまま出してしまったとなると、一大事です。

簡単ですが、劇的にチェック効率を
上げる方法があります。

それは

■パワーポイントのプレゼン資料は印刷して確認する

アナタは、パワーポイントで、プレゼン資料が
出来上がったからといって、そのまま
パソコンの画面で確認していませんか?

パソコンの画面で確認している時には
見つからないミスも、印刷したとたんに
気づくということが、ままあります。

パソコンで作成している時、脳は
『入力した文章/情報は正しい』
と思って作業しています。

ですから、脳が正しいと思っている環境、
つまりパソコンで確認していると
もし誤りがあっても脳が補完して、
正しいものと誤解してしまうんですね。

ですから、大事なパワーポイントのプレゼン資料は
必ず印刷してから確認することをオススメします。

単純ですが、非常に効果が大きいので
ぜひアナタも試してみてくださいね。

 


 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

メニュー

1,000万PVの達成を感謝しまして、テンプレートやマニュアルや各種素材集やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

詳しくはこちらをクリック!



最近の記事

  1. yamada.png(山田画像) | プレゼンマスター:パワーポイントのテンプレート・素材・裏技解説
PAGE TOP