オンラインマニュアル

 / 最終更新日 2023.02.14

パワーポイントのワードアートの挿入

パワーポイントのワードアートを挿入する

パワーポイントの「ワードアート」とは、文字の周囲に輪郭を付けたり、影や光彩で文字を立体的にしたりして、文字を簡単に装飾するものです。強調したい文字は、ワードアートを使って装飾すると、見る人にインパクトを与えることができます。

ワードアートの例

スライド7にワードアートを使って、「新メニュー発売開始!」という文字を挿入してみましょう。
※設定する項目名が一覧にない場合は、任意の項目を選択してください。

①スライド7を選択します。

挿入タブ を選択します。

テキストグループ の ワードアート をクリックします。

④「塗りつぶし:青、アクセント カラー1;影」をクリックします。

スライド7を選択し、挿入タブを選択。テキストグループのワードアート をクリックし、「塗りつぶし:青、アクセント カラー1;影」をクリック。

「ここに文字を入力」が選択されていることを確認します。

※ワードアートが選択されているとき、リボンに 描画ツール の 図形の書式タブ が表示され、ワードアートに関するコマンドが使用できる状態になります。

「ここに文字を入力」が選択されていることを確認します。

「新メニュー発売開始!」と入力します。
※文字を入力すると、ワードアートが点線で囲まれ、ワードアート内にカーソルが表示されます。

「新メニュー発売開始!」と入力します。

⑦ワードアート以外の場所をクリックします。

ワークシートの選択が解除され、ワークシートの文字が確定します。

ワードアート以外の場所をクリックします。

ワードアートの枠線

ワードアートの内側をクリックすると、カーソルが表示され、枠線が点線になります。この状態のとき、文字を入力したり、文字の一部の書式を変更したりできます。
ワードアートの周囲の枠線をクリックすると、ワークシートが選択され、枠線が実線になります。この状態のとき、ワードアート内のすべての文字に書式を設定することができます。

ワードアートの内側をクリックすると、カーソルが表示され、枠線が点線になります。ワードアートの周囲の枠線をクリックすると、ワークシートが選択され、枠線が実線になります。

ワードアートの効果を設定する

入力済みのタイトルや箇条書きのテキストの文字に、後からワードアートの効果を設定できます。

・文字を選択>書式タブ>ワードアートのスタイルグループで設定

文字を選択>書式タブ>ワードアートのスタイルグループで設定

 

パワーポイントのワードアートの挿入に関する説明は以上です。

これでアナタもパワーポイントのワードアートの挿入を理解してくださいね。

 

   

関連記事

  1. ショートカットキー

    パワーポイントで不要なスライドを一発で削除

    パワーポイントでプレゼン資料を作成しているとスライドがどんどん増えて…

  2. オンラインマニュアル

    パワーポイントで使えるテンプレートをカンタンに探すには?

    パワーポイントで使えるテンプレートをカンタンに探す「パワーポ…

  3. 2007以降

    パワーポイント画像の部分的なぼかしのテクニック

    最近のパワーポイントのバージョンでは画像に関する機能が豊富で…

  4. ショートカットキー

    パワーポイントでメニューバーを高速で移動

    パワーポイントでプレゼンの資料作成をしているときに、メニューを開くと…

  5. パワーポイント

    パワーポイントを終了

    パワーポイントの終了するパワーポイントを終了しましょう。…

  6. パワーポイント

    パワーポイントで図形を簡単にそろえる方法とは?

    パワーポイントでプレゼンテーションの資料を作成するときいろんな図形を…


 
このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、無料プレゼント実施中!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

 
 

メニュー

1,000万PVの達成を感謝しまして、テンプレートやマニュアルや各種素材集やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

詳しくはこちらをクリック!


最近の記事

PAGE TOP