オンラインマニュアル

 / 最終更新日 2023.01.17

パワーポイントのプレゼンテーションの保存

パワーポイントのプレゼンテーションを名前を付けて保存する

パワーポイントで作成したプレゼンテーションを残すには、プレゼンテーションに名前と付けて保存します。

作成したプレゼンテーションに「スマホ購入予約サイト」と名前を付けて保存してみましょう。

①メニューの ファイル タブを選択します。

メニューのファイルタブを選択。

名前を付けて保存 をクリックし、参照 をクリックします。

名前を付けて保存をクリックし、参照 をクリック。

名前を付けて保存 ダイアログボックスが表示されます。
プレゼンテーションを保存する場所を選択します。

③保存したい場所が開かれていることを確認します。

保存したい場所が開かれていることを確認します。

ファイル名 に「スマホ購入予約サイト」と入力します。

保存 をクリックします。

ファイル名 に「スマホ購入予約サイト」と入力し、保存をクリック。

プレゼンテーションが保存されます。

⑥タイトルバーにプレゼンテーションの名前が表示されていることを確認します。

タイトルバーにプレゼンテーションの名前が表示されていることを確認します。

その他の方法(名前を付けて保存)

・F12キー

名前を付けて保存と上書き保存の違い

既存のプレゼンテーションの内容を一部修正して、編集後の内容のみを保存するには、「上書き保存」をします。編集前の状態と共に編集後の状態も保存するには、別の名前を付けて「名前を付けて保存」で保存します。

ファイルタブ>上書き保存

プレゼンテーションの自動保存

作成中のプレゼンテーションは、自動的に一定の間隔でコンピューター内に保存されます。保存せずにプレゼンテーションを閉じてしまった場合、自動的に保存されたプレゼンテーションの一覧から復元できることがあります。
保存していないプレゼンテーションを復元する方法は、下記の通りです。

・ファイルタブ>情報>プレゼンテーションの管理>保存されていないプレゼンテーションの回復>プレゼンテーションを選択>開く
※操作のタイミングによって、完全に復元されるとは限りません。

 

パワーポイントのプレゼンテーションの保存に関する説明は以上です。

これでアナタもパワーポイントのプレゼンテーションの保存を理解してくださいね。

 

   

関連記事

  1. ショートカットキー

    パワーポイントで不要なスライドを一発で削除

    パワーポイントでプレゼン資料を作成しているとスライドがどんどん増えて…

  2. パワーポイント

    パワーポイントのアニメーションに関する注意点

    パワーポイントには、アニメーション機能というものがあります。…

  3. 4392:パワーポイントテンプレート徹底解説!ロゴを入れる

    パワーポイント

    パワーポイントテンプレート徹底解説!ロゴを入れる

    本記事ではパワーポイントテンプレートにロゴを入れる方法を解説していま…

  4. テンプレート

    プレゼン素材:プレゼンのフリー素材、素材無料、素材集

    「プレゼンの素材教えてもらえませんか」「プレゼンで使えるフリー素材の…

  5. パワーポイント

    パワーポイントのスライドは変更しない、削除しない

    パワーポイントで資料作成している時にかなり手間をかけてつくっ…

  6. 3771:プレゼンしやすいアニメーションにするたった1つの簡単なコツ

    パワーポイント

    プレゼンしやすいアニメーションをパワーポイントに設定する、たった1つの簡単なコツ

    効果的なプレゼンをするために、パワーポイントにアニメーションを設定す…


 
このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、無料プレゼント実施中!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

 
 

メニュー

1,000万PVの達成を感謝しまして、テンプレートやマニュアルや各種素材集やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

詳しくはこちらをクリック!


最近の記事

PAGE TOP