パワーポイント

 / 最終更新日 2022.02.27

パワーポイントで図形を思い通りの位置に配置したい時

パワポで資料を作成している時。

図形が、思った位置に配置できなくて困ったことありませんか?

 

図形を、次のスライドでも、ピッタリ同じ位置に配置したい。

そんな時は、コビーして貼り付けたりしますよね。

しかし、コピーして貼り付けた時。同じ位置に配置したようには、見える。でも、作業中にズレてしまう場合がありますす。

 

また、図形を思った位置に移動したつもりが、微妙にズレてる。

それでマウスやキーボードを使って手動で合わせる。そんな事も、よくありますよね。

この場合、見た目の感覚で合わせています。手間がかかる割には、確実に位置が合っているとは言ません。

 

では、画面の上にあるガイドを目安にして、図形を配置するのはどうでしょう。

感覚で配置するのとは違い、大まかな位置は合わせて配置することは出来ます。

しかし、このやり方では何かの拍子にガイドがズレる場合があります。

また、本当の意味でピッタリ同じ位置に配置することはできません。

 

こんな時にオススメしたい機能がこれ。

■図形を選んで右クリック>図形の書式設定

図形のオプション>位置

 

この機能で、図形を思い通りの位置にビシッっと配置できます。

 

まず、図形を選んで右クリック>図形の書式設定を選択します。

そして「図形の書式設定」の、図形のオプション>位置。

ここに、図形の現在の位置が数値で表示されていますので、希望の数値を入力します。

すると、思い通りの位置に図形を配置することが出来ます。

この時、始点を「左上隅」か「中央」かで位置が変わるので、注意して下さい。

 

この機能で、細かく、正確に、思った位置に図形を配置することが可能になります。

また、次のスライドでも同じ位置に同じ図形を使用したい時。

元の図形の位置を確認しておけば、どのスライドでも、ピッタリ同じ位置に配置することができますよ。

アナタもこれで図形を思い通りの位置に配置して、素早く資料作成してくださいね。

 

   

関連記事

  1. ショートカットキー

    プレゼン資料作成術:ファイルをマウスよりも確実に素早く開く方法

    パワーポイントでプレゼンの資料を作っている時に、他のファイルを開きた…

  2. 3035-ec:パワーポイントのスライドを画像として利用するのは?

    パワーポイント

    パワーポイントのスライドを画像として利用するのは?

    パワーポイントで作成した資料を、印刷して利用したり、プロジェ…

  3. 文章

    文章をわかりやすくする簡単な方法とは?

    プレゼンテーションでは、パワーポイントで資料を作成するだけでなく、メ…

  4. パワーポイント

    プレゼンで業績の伸びを強調する資料とは?

    パワーポイントでグラフを交えて資料を作成する際に業績の伸びを強調した…

  5. ショートカットキー

    プレゼン資料作成術:新しいファイルを一発で新規作成

    パワーポイントでプレゼンの資料を作成していると新しいファイルを新規作…

  6. 3030-ec:パワーポイントで2つのファイルの差分を比較

    2010以降

    パワーポイントで比較?2つのファイルの差分をチェック!

    パワーポイントでプレゼン資料を作成しているとバージョン違いの…


 
このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、無料プレゼント実施中!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

 
 

メニュー

1,000万PVの達成を感謝しまして、テンプレートやマニュアルや各種素材集やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

詳しくはこちらをクリック!


最近の記事

PAGE TOP