スピーチ

 / 最終更新日 2008.05.14

プレゼンでの立ち位置



プレゼンもある程度の規模になると
立ってプレゼンすることになります。

しかし、立ってプレゼンをする場合に
気をつけなければならないポイントがあります。

というのも、パワーポイントを
プロジェクターに投影してプレゼンする場合、
手で指し示して説明することが多いので、どうしても
アッチへいったり、コッチにいったりする必要があります。

でも、プレゼンする人がウロウロしていると
聞いている人は落ち着きませんよね。

かといって、指し示して説明しないと
理解しにくいプレゼンになってしまいます。

そんな時はどうすればいいのか?

■プレゼンでの立ち位置を決めておく

つまり、立って説明する場所を、
一箇所に決めるのです。

プレゼン中、動いた後は、
必ず決めた立ち位置に戻る。

特に、プロジェクターで投影した画面の
右側に立つか、左側に立つかは
統一したほうがいいです。

右か左かでどちらか選べるなら
参加者から見て、画面の右側に立つことを
オススメします。

プレゼンする部屋のスペースの関係で
難しい場合もあるかとは思いますが
できるだけ、右側に立ちましょう。

理由は、文章って、左から右ですよね。
そして、右側に立てば、
左から右に指し示しやすいからです。

アナタのプレゼンにお役立て下さい。

 


 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

メニュー

1,000万PVの達成を感謝しまして、テンプレートやマニュアルや各種素材集やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

詳しくはこちらをクリック!



最近の記事

  1. yamada.png(山田画像) | プレゼンマスター:パワーポイントのテンプレート・素材・裏技解説
PAGE TOP