スピーチ

 / 最終更新日 2009.10.12

どんな時でも使える臨機応変なプレゼンの進め方

急にプレゼンしてください!とお願いされた場合、
慣れた人でもかなりあせります。
特に、テーマが自分の不得意なものであれば
なおさらです。

プレゼンの進め方というのは、いろんなやり方がありますが、
こんな時、どの進め方でいくか迷うものです。

メリット/デメリット訴求型?
今まで/これから比較型?
課題解決型?

しかし、本当にあせっていて、どの進め方にするのか
思いつかない場合は、どんな時でも使える
このプレゼンの進め方を試してみてください。

では、その方法とは?

■これから話すことを説明する、実際に話す、話したことをまとめる

例えば、テーマが環境問題だとします。
その場合は

「それでは、これから環境問題に関してお話します」

「(環境問題に関する話)」

「以上が、環境問題に関する話です」

という流れです。

本当に切羽詰っている時のポイントは、一番最初の
「それでは、これから環境問題に関してお話します」
と話している5秒ぐらいで、実際の話の流れを考えるわけです。

ほんの5秒ぐらいですが、切羽詰ってるときには
この5秒が重要になってきます。

そして、多少実際の話の流れが悪くとも、
一番最後の部分でまとめると、プレゼンの印象としては
締まったものになります。

アナタもこれで、急にプレゼンを振られても
臨機応変に対応してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP