2007以降

 / 最終更新日 2011.07.25

パワーポイントで配色を効果的、効率的に設定する

パワーポイント2007以降から配色の機能が強化されて、
グッと使いやすくなりました。

実はこの配色の機能、以前からあったのですが、
裏メニューというか、ちょっとわかりにくいところにあって
使いこなしている人は少なかったです。

しかし、パワーポイント2007以降からは
デザインタブに配色というボタンが用意されて
非常にわかりやすくなりました。

また、強化された機能もありますので、
ぜひ、今日から配色の機能を使いこなして、
パワーポイントで配色を効果的、効率的に設定してくださいね。
 
 
■組み込みの配色パターンから1つ選ぶ

既に配色パターンには、
多くのパターンが組み込まれています。

既存の配色パターンを利用する場合は、
好みの配色パターンを一つ選びます。

また、新しく自分だけの配色パターンを作成する際は、
既に用意されている組み込みの配色パターンから
これから作成しようとするものに一番近いものを選びます。

そしてその後、新しい配色パターンの作成、をおこなうと、
組み込みの配色パターンから効果的な色使いを参考にできます。
 
 
■配色パターンを保存する

新しく配色パターンを作成したら、
好きな名前を付けて保存しましょう。
これで、好みの配色パターンが簡単に利用できるようになります。
 
 
■配色パターンはどこで利用できるのか?

ここで設定した配色パターンが、
塗りつぶしや枠線、文字の色を選ぶ時に表示される
配色パターンとなります。

また、パワーポイント2007以降、図形の効果として
図形のスタイルから簡単にいろいろな効果が
選べるようになっていますが、その際に選べる色としても
この配色パターンが利用されます。
 
 
あなたもパワーポイント2007以降の配色機能を
使いこなして配色を効果的、効率的に設定してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP