プレゼンで業績の伸びを強調する資料とは?

パワーポイントでグラフを交えて資料を作成する際に
業績の伸びを強調したい時ってありますよね。

例えば、自社の売上額や顧客数などが
右肩上がりに上がっていることをプレゼンで
強調したい時、棒グラフを利用すると思います。

このようによくあるグラフであっても、
ちょっとしたところに気を付けると
グッと効果的なグラフになります。

それではプレゼンにおいて業績の伸びを強調するために
どのような点に気を付けると効果的なのでしょうか?

それは

■縦軸の目盛の最小値と感覚に注意する

ということです。

プレゼンで業績の伸びを強調する資料とは?

例えば、毎年の売り上げ額の推移が
1年目:82億円
2年目:86億円
3年目:92億円
4年目:98億円
だとします。

何も考えずに、これを普通にグラフ化すると
グラフの縦軸がゼロから始まり100まで刻まれる
はずです。

そうなると、82億円から98億円への変化というのは
16/100という、非常に小さなものに
なってしまいます。

しかしこの16億円というは、業績の伸びとしては
非常に大きいものである!と主張したいのであれば
グラフの縦軸をゼロからではなく80から始めて、
100まで刻むというやり方があります。

こうすると変化量が16/20と非常に大きなものとなり
勢いよく右肩上がりに伸びている印象を与えられます。

この右肩上がりの傾斜が、ちょっと勢い良すぎる、
という場合は開始する値を調整することで
勢いも調整されます。

アナタもこれで、プレゼンで業績の伸びを
強調する資料を効果的に作成してくださいね。


【スポンサーリンク】


【他にこの記事がよく読まれています】

 

 

 

twitterへRTするRTする | プレゼンマスターをtwitterでフォローする@presenmasterをフォロー | 2014/06/16

プレゼンマスターメルマガ

元外資系企業のコンサルタントが明かす、たった30分でアナタのプレゼンテーションが見違えるビジネスの秘訣。パワーポイントのテンプレート・素材・裏技も解説。明日、来週のプレゼンに向けて、アナタのプレゼンが30分で見違える!ための極意を解説していきます。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
自分で苦労するよりも、プロに資料作成を依頼しませんか?
結果を出すことを追及したプレゼンパワーポイント資料作成代行サービス。一か月5社限定で62%OFFの「まるごとおまかせパック」実施中、完全満足保障付です!

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら

プレゼンマスター:パワーポイントの裏技解説の目次一覧