パワーポイントで動画を埋め込む時の注意点!

パワーポイントでプレゼン資料を作成する時に
動画を埋め込みたい、ということがあろうかと思います。

特に大勢の観客に対してプレゼンを行う
セミナーや講演といった場合は
迫力を出すためにも、よく使われます。

しかし、パワーポイントで動画を埋め込む際に
多くの人が忘れてしまいがちがことがあります。

パワーポイントで動画を埋め込む時の注意点!

それは

■パソコンの音声出力を会場のスピーカーと接続

することです。

というのも、パワーポイントに埋め込もうとする
動画が音声無しの場合はまったく問題ないのですが
音声有りの場合、注意が必要となります。

画面は、パソコンをプロジェクターにつなげ、
大きな画面でプレゼンしているとします。

そんな時、大きな会場であれば、
当然マイクを利用しながら、話しているはずです。

そして、パワーポイントで埋め込んだ動画を再生すると、
大きな会場には不釣り合いな小さな音が
パソコンからしか出ない!

何十人と座っている人に聞かせるには、
会場のスピーカーから流れて欲しいのに
何でパソコンからしか音が出ないのか?

こんなことがおこったら、プレゼン中に焦りますよね。

しかし、考えてみれば当たり前です。

パソコンとプロジェクターをつないでいますが、
パソコンとスピーカーはつないでいないのですから。

アナタも大きな会場で音声付きの動画を
パワーポイントに埋め込んでプレゼンする際には
確実にパソコンと会場のスピーカーをつないでくださいね。


【スポンサーリンク】

タグ:


【他にこの記事がよく読まれています】

 

 

 

twitterへRTするRTする | プレゼンマスターをtwitterでフォローする@presenmasterをフォロー | 2014/02/09

【前後の記事】

→ パワーポイントで動画を埋め込む時の注意点! ←

プレゼンマスターメルマガ

元外資系企業のコンサルタントが明かす、たった30分でアナタのプレゼンテーションが見違えるビジネスの秘訣。パワーポイントのテンプレート・素材・裏技も解説。明日、来週のプレゼンに向けて、アナタのプレゼンが30分で見違える!ための極意を解説していきます。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
自分で苦労するよりも、プロに資料作成を依頼しませんか?
結果を出すことを追及したプレゼンパワーポイント資料作成代行サービス。一か月5社限定で62%OFFの「まるごとおまかせパック」実施中、完全満足保障付です!

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら

プレゼンマスター:パワーポイントの裏技解説の目次一覧