Mac/マックで外部ディスプレイを使うとちらつく場合

最近ビジネスでも使うパソコンが、
Windowsでなく、Mac/マックの人が増えていますよね。

特にMacBook Airは
安い、早い、軽いと
Windowsを長年使っていた人にとっては
ウソみたいなパソコンで、持ち歩きには
MacBook Airを使っている、という人もいるかと思います。

そんな風にMacBook Airを持ち歩き用に使っていると、
プレゼンもMacBook Airですることがあります。

そんな時に、MacBook Airをプロジェクターがわりに
外部ディスプレイにつなぐと
どうしても画面がちらつく、ということありませんか?

特に外部ディスプレイのある解像度、
例えば1920 X 1080で表示させようとした時だけちらついて
他の時は大丈夫、ということありませんか?

この問題、実は個人的に非常に苦労したんですが、
解決方法から先に書くと

■HDMIでつなげるとOK

でした。

D-SUB/VGAでMacBook Airと外部ディスプレイとを
つないでいたんですが、1920 X 1080の解像度にすると
ちらつくんですね。

で、もしやと思ってHDMIでつなぎ直してみると
全然問題なかったです。

あなたも、この問題で困っていたら
ぜひ一度試してみてくださいね。


【スポンサーリンク】


【他にこの記事がよく読まれています】

 

 

 

twitterへRTするRTする | プレゼンマスターをtwitterでフォローする@presenmasterをフォロー | 2011/06/02

【前後の記事】

→ Mac/マックで外部ディスプレイを使うとちらつく場合 ←

プレゼンマスターメルマガ

元外資系企業のコンサルタントが明かす、たった30分でアナタのプレゼンテーションが見違えるビジネスの秘訣。パワーポイントのテンプレート・素材・裏技も解説。明日、来週のプレゼンに向けて、アナタのプレゼンが30分で見違える!ための極意を解説していきます。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
自分で苦労するよりも、プロに資料作成を依頼しませんか?
結果を出すことを追及したプレゼンパワーポイント資料作成代行サービス。一か月5社限定で62%OFFの「まるごとおまかせパック」実施中、完全満足保障付です!

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら

プレゼンマスター:パワーポイントの裏技解説の目次一覧