スピーチ

 / 最終更新日 2012.10.5

社内プレゼン状況別ポイント徹底解説!

仕事上、プレゼンテーションで何かを伝える相手は
大きく社内と社外の二つに分けられます。

お客様や取引先など社外向けにプレゼンで伝える機会は
職種によって異なりますが、
会社に勤めている以上誰であっても
社内で伝える必要が生じます。

ということで、社内でプレゼンによって伝える場合、
重要な点を状況毎に解説します。
 
 
■企画会議

企画会議においては、企画内容を伝えることも
もちろん重要ですが、背景や意図など
企画をとりまく状況を説明することも大切です。

「新メニューはタンパク質が
 豊富で低カロリーなのが特徴です」

と内容だけを伝えるのではなく

「夏に向けてダイエットに関心が高まり、
 なかでも最近高タンパク質低カロリーダイエットが
 注目されています」

といった情報も合わせて伝えることで、
企画の重要性が理解されやすくなります。
 
 
■営業報告

営業職であれば何らかの形式で
上司へ報告する必要がありますが、
この時は事実と感想を明確に分けるべきです。

お客さんが「興味がある」と発言したのか、
お客さんが興味ありそうだと話し手が感じたのかは、
大きな違いですからはっきりと区別して伝えましょう。

また、営業活動の報告だけでなく
今後どのように進めていく予定なのかを
伝えることも大切です。
 
 
■新業務説明会

経理部門や人事部門で、
業務の変更点や新しいやり方などを説明する際には

「新しい人事考課制度では三ヵ月に
 一度目標を見直してもらいます」

といったように、変更点や新しいやり方を伝えるだけではなく

「毎日の業務により直結した目標にするため」

のように、変更する理由と変更するメリットを伝えると
聞き手の納得度が高まります。
 
 
■新規事業計画

役員へ新規事業計画などを説明する際には

「改善が期待されます」

ではなく

「23%改善されるはずです」

のように数字で表現することが必要になってきます。

というのも、決定を下すために数字が必要という理由以外に、
決定した後に役員自身が関係者に説明する際に必要だからです。
 
 
【まとめ】
・企画会議では、背景や意図など企画をとりまく状況も説明
・営業報告では、事実と感想を明確に分け、今後の予定も伝える
・新業務説明会では、変更する理由とメリットも伝える
・新規事業計画では、数字で表現する

これであなたも社内でのプレゼンを
成功させてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP