2007以降

 / 最終更新日 2014.03.10

パワーポイントの画像調整使いこなしのテクニック

パワーポイント図形調整テクニック

パワーポイントも新しいバージョンになってから
画像に関する機能が豊富になりました。

写真の加工専用ソフトがなくとも
パワーポイントの機能だけで十分なぐらいです。

しかし、機能は豊富になっても
どんな時にどの機能を利用すればいいのか
理解していなければ使いこなせません。

ということで、パワーポイントの豊富な
図形調整機能のなかでも特に微妙な機能
「シャープネス」と「明るさとコントラスト」を解説します。
 
 
まず「シャープネス」という機能ですが
これはぼんやりした画像をハッキリさせる
効果があります。

例えば、動いているものを撮影した場合。
あるいは、画像を拡大して利用する場合。
そんな場合は、特にボケやすいのです。

この「シャープネス」は、そんな時にはピッタリです。

■「シャープネス」で画像をハッキリ
 
 
次に「明るさとコントラスト」。
「明るさ」は白っぽくするか、黒っぽくするか。
「コントラスト」は鮮やかさを調整します。

例えば、室内で撮影した画像などは
とかく暗くなりがちです。
ですから、まずは「明るさ」で明るく、白っぽくします。

しかしこれだけではぼんやり白っぽい画像なので、
「コントラスト」で画像を鮮やかに、メリハリを付けます。

■「明るさ」で明るく、白っぽく
■「コントラスト」で鮮やかに、メリハリを付ける

 
 
これでアナタもパワーポイントの画像調整機能を
使いこなしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP