スピーチ

 / 最終更新日 2012.12.1

一回聞いただけですぐに理解できるプレゼンにするには?



商談も佳境になると
プレゼンテーションにおいて
細かい内容を説明をすることがよくあります。

例えば、プレゼンでソフトウェアを説明する時。

「コピーや削除など、新規作成する場合以外は、
 このボタンを押す必要はありません」

といった説明を聞いて、あなたは一回聞いただけで
内容を理解できますか?

え?
コピーする場合?
削除する場合?
新規作成する場合?
ボタンを押さなきゃいけないの?
押しちゃダメなの?

このような説明方法では、一回聞いただけでは
すぐに理解できません。

それではどうすればいいのか?

■二重否定は使わない

この点を注意すればいいのです。

例えば先ほどの例

「コピーや削除など、新規作成する場合以外は、
 このボタンを押す必要はありません」

「新規作成する場合は、このボタンを押します」

このようにグッとわかりやすくなります。

プレゼンテーションの時、
二重否定で説明しているならば
注意が必要です。

特に正確さにこだわると、
理論的には正しい説明だが
一回聞いただけではわからなくなってしまう
傾向があります。

内容をよく吟味して、否定を使わずに
説明するように言い換えるようにしましょう。

これでアナタのプレゼンテーションでの説明を
グッとわかりやすくしてくださいね。

 


 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

メニュー

1,000万PVの達成を感謝しまして、テンプレートやマニュアルや各種素材集やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

詳しくはこちらをクリック!



最近の記事

  1. yamada.png(山田画像) | プレゼンマスター:パワーポイントのテンプレート・素材・裏技解説
PAGE TOP