パワーポイント

 / 最終更新日 2014.02.9

パワーポイントで動画を埋め込む時の注意点!

パワーポイントでプレゼン資料を作成する時に
動画を埋め込みたい、ということがあろうかと思います。

特に大勢の観客に対してプレゼンを行う
セミナーや講演といった場合は
迫力を出すためにも、よく使われます。

しかし、パワーポイントで動画を埋め込む際に
多くの人が忘れてしまいがちがことがあります。

パワーポイントで動画を埋め込む時の注意点!

それは

■パソコンの音声出力を会場のスピーカーと接続

することです。

というのも、パワーポイントに埋め込もうとする
動画が音声無しの場合はまったく問題ないのですが
音声有りの場合、注意が必要となります。

画面は、パソコンをプロジェクターにつなげ、
大きな画面でプレゼンしているとします。

そんな時、大きな会場であれば、
当然マイクを利用しながら、話しているはずです。

そして、パワーポイントで埋め込んだ動画を再生すると、
大きな会場には不釣り合いな小さな音が
パソコンからしか出ない!

何十人と座っている人に聞かせるには、
会場のスピーカーから流れて欲しいのに
何でパソコンからしか音が出ないのか?

こんなことがおこったら、プレゼン中に焦りますよね。

しかし、考えてみれば当たり前です。

パソコンとプロジェクターをつないでいますが、
パソコンとスピーカーはつないでいないのですから。

アナタも大きな会場で音声付きの動画を
パワーポイントに埋め込んでプレゼンする際には
確実にパソコンと会場のスピーカーをつないでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 


このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して、テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中! 詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

・パワーポイント用プロフェッショナルテンプレート

・ライバルに差をつける「伝わる」資料作成テクニック習得プログラム

・のべ900社以上の売上アップの秘訣が詰まった営業資料セルフ開発キット

・プレゼンマスターがあなたのプレゼン・パワーポイントの資料を作成

・企業・団体向けプレゼン研修:パワーポイント・プレゼンテーション研修

 

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP