スピーチ

 / 最終更新日 2019.09.30

難しい話を分かりやすくプレゼンする三つのポイント



自分にとっては当たり前のことでも、
他の人にわかりやすくプレゼンするのは難しいものです。

その分野に関して知識も経験もあるあなたには当然のことでも、
まったく見識がない人にとっては初めて聞くことかもしれません。

例えば「スマートフォンの何が便利なのか教えてください」
といわれたら、あなたならどうプレゼンで説明しますか?

「インターネットがモバイルで使えて、
クラウドにいつでもアクセスできるから、
ユビキタス環境を構築するには最適ですよ」

これでは、あなたのプレゼンでの説明が
下手だということ以外、何も伝わりませんね。

それではどのようにプレゼンで
説明すればいいのでしょうか?

重要なポイントは次の三つです。

■「専門用語を極力使わない」「例えを使う」「具体例を挙げる」

まずはプレゼンでは、話し手の
専門用語を極力使わないようにしましょう。
特にIT関係の話題は専門用語が多くなりがちなので注意が必要です。

次に、聞き手にとって身近で理解しやすい内容に
例えてプレゼンで説明すると非常にわかりやすくなります。

最後に、具体的な例を挙げながらプレゼンで説明すると
聞き手がイメージしやすいので、話の中身が自然に頭の中へ入ってきます。

それでは、具体的に
・専門用語を極力使わない
・例えを使う
・具体例を挙げる
の三つのポイントに注意して先ほどの内容を説明してみましょう。

「スマートフォンは、例えるならばインターネットや
電子メールを利用できるパソコンが、
小さく軽くなってワイシャツの胸ポケットに入れて
持ち歩けるようになったものですね。
クラウドという仕組みを使うと、職場や家庭のパソコンに
入っている書類が、喫茶店でも客先でも確認できます。
これがいつでもどこでも、電車や車で移動している時でも
利用できるから便利ですよ」

どうですか?先ほどの説明よりもグッとわかりやすくなりましたね。
難しく複雑な話をわかりやすくプレゼンで伝えるには、
聞き手のことを思いやって話すことが重要ということです。

聞き手がどんな人なのか、どんな分野が詳しいのか。
それによって、説明するのに適切な例も変わってきます。
自分の専門分野のことを説明する時には、この点に注意してくださいね。

【まとめ】

・話し手の専門用語を極力使わない
・聞き手がイメージしやすい例えを使う
・他社事例や過去の経験など具体例を挙げる

これでアナタも難しい話を分かりやすくプレゼンしてくださいね。

 


 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

メニュー

1,000万PVの達成を感謝しまして、テンプレートやマニュアルや各種素材集やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

詳しくはこちらをクリック!



最近の記事

PAGE TOP