2010以降

 / 最終更新日 2022.03.22

パワーポイントを動画で保存するには?

パワーポイントでプレゼン資料を作成していると
場合によっては、スライドショー形式ではなく
動画として保存したい時ってありませんか?

というのも、パワーポイントでのスライドショー形式は
それはそれでいいのですが、パワーポイントが
インストールされていないパソコンで表示することや、
セミナー会場で店頭でパソコンではなくDVDで
繰り返し表示したい、ということありますよね?

そんな時はこれです。

■名をつけて保存でファイル形式をWMVを選択して保存

あまり知られていませんが、Office2010から
パワーポイントの保存形式として
WMVが用意されるようになりました。

以前はパワーポイントの標準機能として
用意されていなかったため、
パワーポイントでスライドショーを実行し
別のソフトウェアでその様子を録画する、といった
作業が必要でした。

しかしパワーポイント2010からは
全て標準機能としてできるようになりました。

これを利用すると、パワーポイントで
スライドショーを実行した様子が
そのままWMV形式の動画として保存されます。

スライドショーを実行した様子とは、つまり
各スライドの画面切り替えや、アニメーションの動きなどが
設定されたそのまま動き通りに保存されるということです。

ちなみにこの形式であればYouTubeにも
アップロードすることができます。

 

   

関連記事

  1. オンラインマニュアル

    パワーポイントの図形の書式設定

    パワーポイントの図形の書式を設定するパワーポイントで作成した…

  2. パワーポイント

    パワーポイントの特定スライドだけ背景の画像を変更したい

    パワーポイントの資料を作成しているときに特定のスライドだけ背景の画像…

  3. オンラインマニュアル

    パワーポイントのスライドの切り替え

    パワーポイントのスライドの切り替え編集するスライド、つまり中…

  4. オンラインマニュアル

    パワーポイントの図形へ文字追加

    パワーポイントの図形へ文字を追加する「線」以外の図形には、図…

  5. テンプレート

    パワーポイントで複数ファイルからスライドをコピーする時は注意!

    パワーポイントでプレゼンの資料を作成する祭にいろんなファイルからスラ…

  6. パワーポイント

    パワーポイントの「線の結合点」とは?

    パワポでプレゼン資料を作成している時。「図形の書式設定」から…


 
このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、無料プレゼント実施中!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

 
 

メニュー

1,000万PVの達成を感謝しまして、テンプレートやマニュアルや各種素材集やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

詳しくはこちらをクリック!


最近の記事

PAGE TOP