2010以降

 / 最終更新日 2012.06.18

パワーポイントを動画で保存するには?

パワーポイントでプレゼン資料を作成していると
場合によっては、スライドショー形式ではなく
動画として保存したい時ってありませんか?

というのも、パワーポイントでのスライドショー形式は
それはそれでいいのですが、パワーポイントが
インストールされていないパソコンで表示することや、
セミナー会場で店頭でパソコンではなくDVDで
繰り返し表示したい、ということありますよね?

そんな時はこれです。

■名をつけて保存でファイル形式をWMVを選択して保存

あまり知られていませんが、Office2010から
パワーポイントの保存形式として
WMVが用意されるようになりました。

以前はパワーポイントの標準機能として
用意されていなかったため、
パワーポイントでスライドショーを実行し
別のソフトウェアでその様子を録画する、といった
作業が必要でした。

しかしパワーポイント2010からは
全て標準機能としてできるようになりました。

これを利用すると、パワーポイントで
スライドショーを実行した様子が
そのままWMV形式の動画として保存されます。

スライドショーを実行した様子とは、つまり
各スライドの画面切り替えや、アニメーションの動きなどが
設定されたそのまま動き通りに保存されるということです。

ちなみにこの形式であればYouTubeにも
アップロードすることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 


このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して、テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中! 詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

・パワーポイント用プロフェッショナルテンプレート

・ライバルに差をつける「伝わる」資料作成テクニック習得プログラム

・のべ900社以上の売上アップの秘訣が詰まった営業資料セルフ開発キット

・プレゼンマスターがあなたのプレゼン・パワーポイントの資料を作成

・企業・団体向けプレゼン研修:パワーポイント・プレゼンテーション研修

 

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP