2007以降

 / 最終更新日 2011.08.7

パワーポイントの図形のスタイルで色を変更するには?



パワーポイント2007以降から
図形のスタイルという機能が追加されています。

これは簡単にいうと、パワーポイントが
「こんな感じにしたいんじゃないの?」
という、いい感じのスタイルを
ある程度テンプレートとして利用できる機能です。

具体的にいうと、図形の塗りつぶしの色、枠線の色、
影の色と大きさが1つのセットになっています。

なかなかいい感じのスタイルが用意されていて、
重宝するのですが、次第に
「これ、違う色でも利用できないかな」
と思うかもしれません。

確かに、この図形のスタイルの色パターン、
どこで設定できるわけでもなく、
勝手に提案されるんですよね。

しかし、実はこの色パターン、設定できるのです。
では、どこで設定するのでしょうか?

それは

■「配色」の設定

です。

この、配色で設定された色に沿って
図形のスタイルの色パターンが決定します。

ですから、用意されている色が同じ色ばかりで困っている、
用意されていない色を利用したい、
という場合は、この配色の色を変更すると
図形のスタイルで利用できるようになります。

配色では多くの色が1つのセットにできます。
よく使う色を幅広くセットすると、便利ですよ。

なお、配色に関しては、
パワーポイントで配色を効果的、効率的に設定する
を参考にしてくださいね。

それでは、あなたもこれで
パワーポイントの図形のスタイルで利用できる
色を変更して、効率的に作業してくださいね。

 


 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

メニュー

1,000万PVの達成を感謝しまして、テンプレートやマニュアルや各種素材集やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

詳しくはこちらをクリック!



最近の記事

  1. yamada.png(山田画像) | プレゼンマスター:パワーポイントのテンプレート・素材・裏技解説
PAGE TOP