プレゼン

 / 最終更新日 2008.08.4

プレゼン:資料準備で何部用意しますか?

もし、次回のプレゼンの出席者が
お客様:3名、自社:3名だったとしたら、
アナタはプレゼンの資料を何部用意しますか?

出席者の人数をそもそも把握していない、
というのはお話になりませんから、
すぐに確認してください。

しかし、もしアナタが、
出席者が合計で6名だった場合に、
プレゼンの資料準備は6名分でいい、と思っているならば
ちょっと考えなおした方がいいと思います。

では、なにがポイントなのか?

■プレゼンの資料は出席者よりも、ちょっと多めの部数を用意する

ということです。

というのも、予定外に出席者が増える、というのは
結構ありますので、そういった場合に備えて、プレゼンの資料は
ちょっと多めに用意しておきましょう。

さらに、別の目的もあります。

というのも、多めに持っていった資料を
こんな風に使うためです。

「資料余分にお持ちいたしましたので、よろしければ
 本日ご出席されていらっしゃらない、関係者の方に
 お渡しいただけますでしょうか?」

こうして、出席者以外の関係者にも、アナタのプレゼンの資料が
手渡される可能性が生まれます。

あと、社風にもよりますが、重要だと思われた資料は
関連部署で回覧されることがあります。

余分に資料を渡しておけば、
アナタのプレゼン資料が回覧される可能性が高まります。

さらに、出席者が関係者に説明する場合に
余分に資料があった方が、説明してもらいやすいですよね。

このように、余分に資料を用意していくだけで
といろんな可能性が高まります。

アナタも面倒くさがらずに、ぜひ活用してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP