スピーチ

 / 最終更新日 2008.05.12

プレゼンの目線/視線:どこ見て話してますか?

視線が泳いでいるプレゼンは
自信がなさそうで、説得力がありませんよね。

「私のいうことには間違いありません」
と、キョロキョロしながらいわれたら
どう思いますか?

また、プロジェクターに投影された
パワーポイントの画面を、ずーっと見ながら話されたら
どう思いますか?

目線が合わないと
おーい、どこ見て話してんですかー、
参加者はこっちですよー
って思いません?

参加者を置き去りにしたプレゼンにも
説得力はありません。

では、プレゼン中の目線/視線は
どうすればいいのか?

■プレゼン中は、参加者に目線/視線を合わせる

そして、目線/視線を、順番に参加者全員に送りましょう。
これは、ついついおろそかになりがちなので、
プレゼン中は意識して繰り返すべきです。

ただし、日本人は、目と目をしっかりと合わせるのに
なんとなく恥ずかしさを感じる人が多いので、そんな時は
相手の口元を見ながら話すといいですよ。

もし、目があったら、ニコッと笑顔を見せましょう。

微笑まれた人に、心情的に悪く思う人は少ないですから
ぜひやってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP