スピーチ

 / 最終更新日 2020.05.30

プレゼンでの質疑応答で、難しい質問をされた場合の対処法



 

どーもです、 成果の出るパワーポイント資料コンサルの
プレゼンマスター山田進一です。

プレゼンの質疑応答の時間で
難しい質問をされる場合がありますよね。

ちょっと考えさせてください、
といいたくなるような難しい質問をされた時、
アナタならどうしますか?

素直に、
一分間考える時間を下さい、
といいますか?

まあ、それも悪くないと思いますけど、
例え、一分間という短い間でも
シーンとしたその場の重い雰囲気に
耐えられませんよね。

そんな場合、私ならこうします。

■質問内容を、ゆっくり繰り返して確認し、考える時間を稼ぐ

例えばこんな感じです。

参加者の人が

「今の説明では、Aというの前提となっていますが
 Bの場合はどうなるんですか?」

と質問された時には、まずこう対応します。

「ご質問ありがとうございます。
 なるほど、確かに私のご説明は、
 Aというのが前提となっています。
 ご質問内容としては、
 Bという場合はどうなるのか、
 ということでよろしいでしょうか?」

これをゆっくりいうと、数十秒は時間が稼げます。

その間に、頭をフル回転させて
回答を考えるわけです。

数十秒という短い時間ですけど
目の前で質問されると、頭がフル回転しますから
回答って結構思いつくものですよ。

アナタも、プレゼンの質疑応答で、
難しい質問された、と思った時には
試してみてください。

 


 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、5大無料プレゼント実施中!

 

詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 
 

 

メニュー

1,000万PVの達成を感謝しまして、テンプレートやマニュアルや各種素材集やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

詳しくはこちらをクリック!



最近の記事

PAGE TOP