2013以降

 / 最終更新日 2017.07.3

パワーポイントを動画に変換、ビデオを作成する機能を使いこなす!

3963:パワーポイントを動画に変換、ビデオを作成する機能を使いこなす!

パワーポイントで大切なプレゼンテーションするために、凝ったアニメーションを設定する時ってありますよね。

そのようにアニメーション設定したパワーポイントは動画として保存することで、ビデオファイルが作成できることは、結構知っている人も多いですね。

やり方は簡単で、アニメーションを設定したパワーポイントファイルを「名を付けて保存」する時に、「ファイルの種類」を「MPEG-4 ビデオ(*.mp4)」か、「Windows Media ビデオ(*.wmv)」を選んで保存するだけです。

どっちにしていいか、わかんない!というアナタへアドバイスすると

MPEG-4 ビデオ(*.mp4)
・Windowsパソコン以外でも見たい
・スマートフォンやタブレットでも見たい
・YouTubeやツイッター、FacebookなどSNSにアップロードしたい
・ホームページやブログなどに組み込みたい
という場合に向いています。

Windows Media ビデオ(*.wmv)
・Windowsパソコンで見たい
・保存した動画をさらにPowerPointに組み込みたい
という場合に向いています。

もう少し、細かい話をすると、mp4はいろんな環境で見れるファイル形式なので、wmvよりもmp4が好まれる傾向があります。

しかし、パワーポイントを「名を付けて保存」してmp4ファイルを作成した場合、たまに「このパソコンだと見れない」「こっちのパソコンだと見れます」ということがおこります。

とくにちょっと古いWindowsパソコンでも見たい、という場合結構な確率で見れないので、そんな場合はwmv形式で保存した方が無難です。

更に細かい機能として、動画のサイズを指定することが可能です。

これは「名を付けて保存」ではなく、メニューのファイル>エクスポート>ビデオの作成から、動画ファイルを作成する際に動画のファイルサイズを指定します。

選べる動画のファイルサイズは、次の3つです。

プレゼンテーション品質
最大ファイルサイズおよび高画質

インターネット品質
中ファイルサイズおよび中程度の品質

低品質
最小ファイルサイズおよび低画質

ちなみに、スライドのサイズ毎に、作成される動画の大きも変わります。

4:3の場合は
・プレゼンテーション品質:1440 x 1080
・インターネット品質:960 x 720
・最小ファイルサイズおよび低画質:640 x 480

16:9の場合は
・プレゼンテーション品質:1920 x 1080
・インターネット品質:1280 x 720
・最小ファイルサイズおよび低画質:852 x 480

のようになります。

アナタもコレでパワーポイントから動画・ビデオファイルを作成する機能を使いこなしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP