スピーチ

 / 最終更新日 2008.04.22

スーッと頭に入って納得してしまうプレゼンの共通点

いってることは正しいんだろうけど
どうも腑に落ちない。

そんなプレゼンってありませんか?

片や、同じことを話しているのに
スーッと頭に入って、納得してしまう
プレゼンというのもあります。

内容は同じなのに
なぜこんなにも違いがでるのでしょうか?

それは

■ストーリーのあるプレゼン

かどうかなのです。

ストーリーというと、映画やドラマのようですが
話の流れ、というとわかりやすいでしょう。

ビジネス上のプレゼンで、使いやすいストーリーを
ある企業向けに、自社の製品を提案する、
という状況を例に紹介します。

1.状況の説明
 - 業界、市場、消費者、競合の動向の説明

2.対象の説明
 - 1.に対する、提案先の企業の対応策、問題点の説明

3.提案の説明
 - 2.に対する、自社製品のアピールポイント

という流れです。

コツとしては、自社製品のアピールポイントを先に考え、
そこに持っていくための、提案先企業の話や、状況の話を
考えるとスムーズにいきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP