スピーチ

 / 最終更新日 2019.09.30

聞き手を眠らせないプレゼンに必要な3つの要素とは?

この人のプレゼンを聞いていると、
不思議と眠りの世界に誘われてしまう。
こんな人いませんか?

たとえあなたがそうではないとしても、
昼食後のプレゼンで聞き手があくびを連発している場合や、
聞き手にとって馴染みのない内容や込み入った説明を
プレゼンする場合は注意が必要です。

このような場合にまず重要なのは

■最初に全体像を提示することが必要

いきなり細かい説明をするのではなく、
まずはプレゼン全体を構成を理解してもらいましょう。

例えば
「本日の議題は節電対策です。
 私の案を三つ説明した後、
 二つの事例を紹介し、
 最後にみなさんの意見をお伺いします」
といった感じです。

全体の流れが把握できないと、
聞き手は次にどんな話が出てくるのか
常に集中していなければいけないため、
疲れやすくなり緊張感が持続できません。

道案内でも地図で全体を示しながら
説明された方がわかりやすいですよね。

それと同じで、何かを伝える時は
まず全体像を掴んでもらいましょう。

次に、重要な点はこれです。

■全体のなかで今どこを話しているのかをこまめに伝える

マラソンに例えると、全体のコースを把握して
今ここだから残り何kmなのかわかって走るのと、
コースを知らされずに先導のバイクについて
延々と走るのとでは疲れが違いますよね。

人に伝える場合も
「三つある私の案の一番目をお話しします」
「次は二番目の案です」
「最後に三番目の案を説明します」
と話を進めると、聞き手にとって
今どこまで話が進んでいるのかが把握できるので
内容の理解に集中できます。

最後のポイントはこれです。

■要所要所で内容を要約し理解が深める

聞き手がいくら注意深く聞いていても
「今の話ってなんだっけ?」
という箇所が何回か出てきます。

理解が浅い内容の上に
次の話題をいくら詳しく説明されても
聞き手は理解できません。

掛け算や割り算が理解できていない子供に、
分数や小数を熱心に解説しても無駄ですよね。

眠そうな子供を、真面目に聞きなさい!と叱るよりも、
前提となる知識を復習した方が効率的です。

ですから、聞き手がしっかりと内容を理解するために
要約しながら話を進めましょう。

【まとめ】

・最初にプレゼンの全体を説明し、構成を理解してもらう
・全体のなかで今どこなのかをこまめに伝える
・要所要所で内容を要約し理解が深める

これでアナタも聞き手の眠らせないプレゼンを
実施してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!

 
   

 

パワーポイント資料はプロに任せる時代です

最近の記事

月別過去記事

カテゴリー

広告

PAGE TOP