プレゼンを時間内に終わらせるコツ

プレゼンを話す方にしてみると、
アレも話したい、コレも話したい、と思い
ついついプレゼンが予定時間よりも長くなりがちです。

しかし、プレゼンを聞くほうにしてみると
予定時間よりも長くなると、イライラしてくるものです。

内容がよほどいいものでない限り、
プレゼンの予定時間は死守すべきだと
個人的には考えています。

プレゼンを、時間も考えず進めて途中で時間がなくなって
30分延長、もしくは、内容を飛ばして無理やり時間内に
プレゼンを終わるなんてこと、やっていませんか?

プレゼンを時間内にキッチリ終わらせるコツはこれです。

■プレゼンの各セクションごとの予定時間を事前に想定しておく

例えば、5つのセクションのプレゼンを、60分で話すとします。

1.顧客の現状の課題
2.今回の提案の骨子
3.提案の各ポイントの紹介
4.提案前提(期間/体制/費用など)の説明
5.質疑応答

このように、5つのセクションがあるプレゼンを60分以内に
話し終えるとすると、ざっくり

60分 ÷ 5セクション = 1セクションあたり12分

ということになります。
そして、次は各セクションの重要度に応じて調整します。

例えば

重要度3位 1.顧客の現状の課題
重要度2位 2.今回の提案の骨子
重要度1位 3.提案の各ポイントの紹介
重要度4位 4.提案前提(期間/体制/費用など)の説明
重要度5位 5.質疑応答

であるならば

重要度3位 15分 1.顧客の現状の課題
重要度2位 15分 2.今回の提案の骨子
重要度1位 20分 3.提案の各ポイントの紹介
重要度4位 05分 4.提案前提(期間/体制/費用など)の説明
重要度5位 05分 5.質疑応答

となりますね。

で、10時からプレゼン開始ならば

10:00 – 10:15 1.顧客の現状の課題
10:15 – 10:30 2.今回の提案の骨子
10:30 – 10:50 3.提案の各ポイントの紹介
10:50 – 10:55 4.提案前提(期間/体制/費用など)の説明
10:55 – 11:00 5.質疑応答

とプレゼンのスケジュールを想定しておくのです。

このように用意しておければ、
各セクションあたり、どれぐらい進んでるのか/遅れてるのかが
簡単に把握できますから、調整が細かくできます。

そして、プレゼン全体の時間管理も、確実にできるようになります。

アナタもぜひ実際にこの方法を使って、プレゼンを予定時間通りに進め
聞いてる人の満足度をあげてくださいね。


【スポンサーリンク】


【他にこの記事がよく読まれています】

 

 

 

twitterへRTするRTする | プレゼンマスターをtwitterでフォローする@presenmasterをフォロー | 2008/09/22

プレゼンマスターメルマガ

元外資系企業のコンサルタントが明かす、たった30分でアナタのプレゼンテーションが見違えるビジネスの秘訣。パワーポイントのテンプレート・素材・裏技も解説。明日、来週のプレゼンに向けて、アナタのプレゼンが30分で見違える!ための極意を解説していきます。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
自分で苦労するよりも、プロに資料作成を依頼しませんか?
結果を出すことを追及したプレゼンパワーポイント資料作成代行サービス。一か月5社限定で62%OFFの「まるごとおまかせパック」実施中、完全満足保障付です!

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら

プレゼンマスター:パワーポイントの裏技解説の目次一覧