パワーポイント

 / 最終更新日 2021.06.13

プレゼンで「そうかもしれない」を「確かにそうに違いない!」へ

同じような内容でも、プレゼンの仕方で受ける印象が違ってきます。
子供の作文の特徴ってわかりますか?
典型的な子供の作文というのはこんな感じです。

『どうぶつえんにいきました。ぞうがすごく大きかったです』

大人でも同じような文章を書く人がいます。

『弊社の製品は非常に多くのお客様にご利用いただいております』

この2つの文章は、実はとてもよく似ています。
確かに尊敬語や謙譲語、漢字度合などは違いますが、ある点でそっくりなのです。

それは、様子を表すための表現に具体性がないという点です。

『どうぶつえんにいきました。ぞうがすごく大きかったです』
と言われたら、どれぐらい大きかったの?
質問したくなりませんか?
しかし象については、大きさが想像付くので疑問に思わないかもしれません。

では、
『弊社の製品は非常に多くのお客様にご利用いただいております』
と言われたら、どれぐらい多くのお客様にご利用いただいているんですか?
疑問に思いませんか?

そうなんです、具体性が足りないのです。

こういった場合「多くのお客様」とは具体的にどれぐらいなのか?
できれば数値やデータを元に説明すると効果的です。

先ほどの例だと、
『弊社の製品は非常に多くのお客様にご利用いただいております。
売上5,000億円以上の製造業の企業を中心に、全世界では2万社以上。
日本でも1,800社以上の企業にご利用いただいております』

というように企業向けの製品であれば
・どういった業界の
・どこの地域の
・どれぐらいの企業規模のお客様が
・何社ぐらいなのか
具体的に説明します。

一般消費者向けの製品であれば、
『弊社の製品は非常に多くのお客様にご利用いただいております。
昨年までの累計販売個数は300万個を越え、市場シェアは4割。
今年の上半期売上ランキングでは1位となりました』

というように
・販売数はどれぐらいなのか
・市場シェアは何%か
・売上ランキングは何位か
といった内容を具体的に説明します。

このように、具体的に説明することを説得力を上げてくださいね。

 


 

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、無料プレゼント実施中!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログ「プレゼンマスター」が1,000万PVを達成したことを感謝して テンプレートや、マニュアルや、素材や、e-bookや、動画セミナーなど、無料プレゼント実施中!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!

 
 

メニュー

1,000万PVの達成を感謝しまして、テンプレートやマニュアルや各種素材集やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!

詳しくはこちらをクリック!


最近の記事

  1. yamada.png(山田画像) | プレゼンマスター:パワーポイントのテンプレート・素材・裏技解説

過去の記事

PAGE TOP