ブログタグアーカイブ: レーザーポインター

レーザーポインターを液晶モニターやディスプレイで使いたい時は?

レーザーポインターを液晶モニターやディスプレイで使いたい時は?

 
パワーポイントを利用してプレゼンテーションをする場合に
プロジェクターでスクリーンに映し出された内容を
レーザーポインターで指し示すことってありますよね。

プロジェクターでスクリーンに映し出されていれば
レーザーポインターで何も問題ありませんが、
これが液晶モニターやディスプレイの場合は問題ありです。

最近、大きなサイズの液晶モニターやディスプレイが普及し
いろんな場所にちょっとした会議室などにも設置され
利用されています。

いたるところに液晶のモニターやディスプレイがあるおかげで
打ち合わせでプレゼンテーションが非常に楽にできるように
なりましたが、一つ困ったことがあります。

それは、レーザーポインターが使えない、ということです。

それ自体が発光している液晶のモニターやディスプレイに
レーザーポインターを指しても、まったく役に立ちません。

ではこんな時、どうすればいいのか?

■それ専用のポインターを利用

スクリーンにプロジェクターで映し出した内容を指し示す
旧来のレーザーポインターの代わりに、各社が発表している
液晶のモニターやディスプレイ用のポインターがあります。

ポインターとUSBがセットになっており、
USBをパソコンに差すとパソコンの画面上に
専用のカーソルが表示されます。

そして、レーザーポインターのように
ポインターを手で持って動かすと
パソコンの画面上にある専用のカーソルが連動して動きます。

ほとんどの場合、カーソルの大きさや色や形は
変えられるようになっています。

名称はまだ統一されていませんが
プレゼンテーションマウス
プレゼンマウス
あるいは
プレゼンテーションポインター
プレゼンポインター
と呼ばれることが多いようです。

あなたもレーザーポインターを液晶モニターや
ディスプレイで使いたい時は、
こういった専用ポインターを利用することをオススメしますよ。

2014年05月26日 | 固有リンク |

レーザーポインターは使うべき?使わないべき?

0022:レーザーポインターは使うべき?使わないべき?

レーザーポインターや指示棒を
使う人ってどう思いますか?

いや、正直なハナシ。

特に指示棒を使ったプレゼンは、
ちょっとムカつきませんか?

昔、学校で授業を受けていた時の印象なのかもしれませんけど
指示棒=先生=偉そう、みたいな。

まあ、使い方にもよると思うんですけどね。

私の場合、レーザーポインターはあまり使いません。

というよりも、レーザーポインターはなるべく使わないようにして、
それよりも、手で直接指し示すように心がけています。

そのほうが、礼儀正しいというか、
丁寧というか、誠実な気がしませんか?

そんな私でも、レーザーポインターを使うときがあります。

そう、レーザーポインターを使うべき時と
使わないべき時の基準がはっきりしているんですね。

その基準とは?

■手で指し示せる時は、レーザーポインターはなるべく使わない
 手で指し示せない時は、レーザーポインターを使うしかないので使う

ということです。

聞けば、なんだ、と思われるかもしれませんが
話しているところと、プロジェクターで投影しているところが
遠いとレーザーポインターを使った方がいいですよね。

いちいち話しているところから、
手で指し示すために移動するよりは、
レーザーポインターを使ったほうがスマートです。

大きな会場でセミナーなどを開催するときなども
レーザーポインターを使ったほうがいいですよね。

というか、指し示すためには
レーザーポインターを使うしかないですよね。

それ以外は、なるべくレーザーポインターを使わずに
手で指し示すようにしている、ということです。

2008年02月20日 | 固有リンク |

レーザーポインター:使い方のコツ

0021:レーザーポインター:使い方のコツ

プレゼンの時に、レーザーポインターを使う人が増えていますが
使い方を間違えると、非常に不愉快なプレゼンになってしまいます。

というのも、レーザーポインターというのは
小さくて軽いものなので、どうしてもポインターが
大きく動かしがち、細かくブレがちになってしまうからです。

こうなると、プレゼンを聞いている人は、
ポインターを目で追いかけるのが精一杯で
肝心の内容は全然理解されないことが、しばしばあります。

同じ話が、素人が録画したホームビデオでもよくあります。

やたらカメラを振り回しているものや
手ブレがヒドいと見づらいですよね。

では、美しくレーザーポインターを使うコツは?

■レーザーポインターを動かすときは、手首ではなく、肘もしくは肩で動かす

具体的にいうと、レーザーポインターを動かすときは
手首を固定して、動かないように意識するんです。

そうすると、自然に
肘もしくは肩で、レーザーポインターを動かすことになって
滑らかで見やすくなります。

2008年01月27日 | 固有リンク |