ブログタグアーカイブ: Ustream

Ustreamでパソコンの音を配信する

Ustreamを活用しようとすると
パソコンの音を配信したい!っていうこと
ありますよね。

しかし、マイクの音を配信するのと違って
パソコンの音をUstreamで配信するのは
意外と手間がかかります。

これは、Ustreamに限らず、
パソコンの音をパソコンで録音したい、
という場合も手間がかかります。

では、パソコンの音をUstreamで配信するためには、
どうすればいいのか?
 
 
■ステレオミキサー問題を解決する
 
まずはステレオミキサー問題というのがあります。
これは、パソコン音源の出力/入力を管理するための
機能です。

つまり、パソコン音源がありますよね。
この出力をどこへ入力するのか?
これを管理するための機能が必要となってきます。

たとえば、パソコン音源の音楽を、Ustreanへ出力する。
マイク音声を、Ustreamへ出力する。
Ustreamへ出力している音声を、ヘッドホンへ出力する。

こういったことを管理してくれる機能が必要となります。
そして、これらを管理してくれる機能が
ステレオミキサーなのです。

では、ステレオミキサーを利用する方法とは?

1.無効なデバイス/切断されているデバイスを表示する

システムトレイのスピーカーアイコンを右クリックして、
録音デバイスを選び、その後、
無効なデバイス/切断されているデバイスを表示するをやってみます。
これで表示されたら、ラッキーですね。

詳細はコチラです。
https://www.atamanikita.com/SC-Vista/vista-1.html

2.ステレオミキサーをソフトウェアで仮想的に実現

この方法は「ステレオミキサーをソフトウェアで仮想的に実現」するやり方ですが、
この表現がわからない人は、取り組まないほうがいいと思います。
なにせ細かい設定が多いですからね。

https://vad.seesaa.net/article/136238822.html

3.ステレオミキサーをUSBで追加

いろいろと試行錯誤したけどできません!
というアナタはこのやり方がオススメです。

これは、ステレオミキサーをUSBに刺して追加する、
というやり方です。
多少費用はかかりますが、簡単で、なによりも、
高品質で実現できます。

USBで追加できるステレオミキサーはいろんなタイプがありますが、
まずは手軽に使えるコレなんかがオススメですね。
私も実際コレを使っています。

Creative USBオーディオ Sound Blaster X-Fi Go! SB-XFI-GO
 
 
■Ustreamで利用できるようにする
 
ステレオミキサー問題が解決した後は
Ustreamで利用するだけなのですが、
ちょっと注意が必要です。

ブラウザーで配信する場合、
Adobe Flash Media Encoderなどは問題ない場合が多いのですが、
Ustream Producerを利用している場合は、
せっかく追加したステレオミキサーが表示されず選択できない!
ということがあってあせります。

こんな時の解決方法は簡単です。

録音デバイスの名称を、日本語から英語へ変更する。

これだけでOKです。

アナタも今回解説した方法を活用して、
Ustreamでパソコンの音を配信していくださいね。

2010年07月05日 | 固有リンク |

Ustreamユーストリーム時代のプレゼンとは?

以前解説したように
これからビジネスでもUstreamユーストリームの活用が
増えてきます。

Ustreamユーストリームは以前から
個人的にテストしてたのですが
聞き手を想定したオンラインセミナーは
まだやったことが無かったので
開催してみました。

Ustream時代のプレゼンとは? 1/2

Ustream時代のプレゼンとは? 2/2

で、初めて聞き手を意識してUstreamユーストリームでの
オンラインセミナーを実施して、きづいたことのまとめは
コチラです。

初ユーストリーム配信を終えて 1/2

初ユーストリーム配信を終えて 2/2

何事もやってみないとわからないことってありますね。

開催10分前という、直前の告知にも関わらず
10人以上の方に参加していただきました。

えー、今度は教えてよ!
というアナタはプレゼンマスター
https://twitter.com/presenmaster
をフォローしてくださいね。

2010年02月15日 | 固有リンク |

Ustream(ユーストリーム)でプレゼンする際に注意すること

Ustream(ユーストリーム)って知ってますか?

Ustreamとはネットを利用して、
個人でも動画配信ができるようになる
サービスです。

YouTubeが録画したものの公開、
Skypeが1対1のビデオ会議、
といった使い方に向いているのに対して、
Ustreamはリアルタイムに不特定多数の人へ
動画を配信することを想定しています。

ビジネスでの使い方としては例えば、
決算発表会や、記者会見や、セミナーなど。

このUstream、今までは
知っている人は知っているといった
まだまだマイナーなサービスでした。

しかし、ソフトバンクが筆頭株主となったことで、
今後の展開に注目です。

2009年がtwitterの年だっとすれば、
2010年はUstreamの年になる可能性があります。

まず、ソフトバンクが自社利用として
2月2日の決算発表で利用されました。

そして、この決算発表の翌々日2月4日に開催された
ネットビジネスイノベーション政策フォーラムキックオフシンポジウム
でも利用されました。

このフォーラムでは、グーグル村上名誉会長、
マイクロソフト堂山副社長、ソフトバンク孫社長などが
講演し、その様子はリアルタイムで
Ustreamによって配信されました。

今後のプレゼンはUstreamも意識する必要がありますね。

私も、クライアントへUstreamで
プレゼンする際に注意することを
コンサルティングしていく予定です。

Ustream(ユーストリーム)でプレゼンする際に注意する点としては
例えば以下のようなことです。

■Ustreamの構造を理解する
まず、Ustreamはユーザー名とチャンネル、
ショー、イベントという単位が独特で
URLに、なにがどう関わってくるのか
あらかじめ理解していないとメチャクチャになります。

■パワーポイントの資料を利用する際に利用すべきソフトウェア
さらに、デスクトップでパワーポイントの内容を配信する
といった場合は、専用のソフトウェアが用意されているので、この使い方。

■スライドのレイアウト
例えば、文字の大きさ。
紙の資料と違い、細かい文字は
まったく見えません。
レイアウトも注意が必要です。

■進行の仕方
声だけに頼った内容にすると、
音声はミュートにして画像だけを
見ている人が結構多いので、対応が必要です。

■twitter/ツイッターとの連動
自分用のアカウントを用意するのは
当然として、ハッシュタグにも注意が必要です。

ま、ざっと思いつくまま書きましたが、
これからますますUstreamで配信されることを
前提としたプレゼンが増えてくるはずです。

アナタもこういった点に注意して
Ustreamで効果的なプレゼンをしてくださいね。

あと、個別に具体的なコンサルティングが必要な方は
プレゼンマスターへの問い合わせページ
からご連絡ください。

2010年02月08日 | 固有リンク |