ブログタグアーカイブ: PowerPoint

Android/アンドロイドでパワーポイントを簡単無料に利用する方法

3834:Android/アンドロイドでパワーポイントを簡単無料に利用する方法

Android/アンドロイドでPowerPoint/パワーポイントのファイルを確認したり、編集したり、使えるようになったらいいのに、と思ったことありますよね?知らない人がまだ結構いますが、本当は簡単に無料で利用できるようになったんですよ!

というのも、マイクロソフトがAndroid/アンドロイドに対してパワーポイントだけでなく、エクセルやワードの純正アプリを提供しはじめたからです。では具体的にどのように使うのか解説しますね。

1.Android/アンドロイドにアプリをインストール

まずは、Android/アンドロイドにパワーポイントのアプリを無料でインストールします。

・マイクロソフト純正パワーポイントアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.office.powerpoint

パワーポイントだけでなく、エクセルやワードのアプリもインストールしましょう、無料ですから、これも。

・マイクロソフト純正エクセルアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.office.excel

・マイクロソフト純正ワードアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.office.word

あと、OneDrive、これもインストールしておいた方がいいですよ。OneDriveに関しては、あとで解説するので安心してください。これも無料ですよ。

・マイクロソフト純正OneDriveアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.skydrive

2.OneDriveへパワーポイントのファイルをアップロード

次に、Android/アンドロイドで使用したいパワーポイントのファイルをOneDriveへアップロードします。

・OneDrive
https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

OneDriveに関して解説すると、OneDriveとはマイクロソフトが提供してくれている無料のオンラインストレージです。

具体的な利用イメージだと、このOneDriveというウェブサービスにパワーポイントファイルをアップロードすると、会社のPCでも、Android/アンドロイドでも、家のPCからも、インターネットさえ利用できれば、いつでもどこでもアップロードしているパワーポイントファイルをダウンロードして使えるようになります。

OneDriveを始めて使うという場合は「新規登録」ボタンをクリックして、必要事項を入力すれば、アカウントが作成でき、すぐに簡単に利用できるようになります。

アカウントが用意できたら、Android/アンドロイドで使いたいパワーポイントのファイルをOneDriveへアップロードします。

3.Android/アンドロイドでパワーポイントアプリからファイルを開く

それでは、Android/アンドロイドでパワーポイントアプリを立ち上げます。

右下「開く」ボタンをタッチしてから、「場所の追加」をタッチした後に、「OneDrive」を選択してサインインします。

そうするとアップロードしたファイルが確認できると思いますので、タッチするとAndroid/アンドロイドでパワーポイントファイルが使えるようになります。

崩れずに表示されるだけでもうれしいのに、アニメーションや画面切り替えといった効果も正確に使えます。無料アプリの状態では、少し機能制限がありますが、普通に使う分にはまったく問題ありません。。

このアプリでアナタもAndroid/アンドロイドでパワーポイントを簡単無料で利用しちゃいましょう!

2016年07月21日 | 固有リンク |

パワーポイント Power Point とは?使えるテンプレート・ツール・アプリ・テクニックのまとめ

3827:パワーポイント Power Point とは?使えるテンプレート・ツール・アプリ・テクニックのまとめ
パワーポイント / Power Point って単語はよく聞く、よく見るけど、実はよくわからくて今さら人に聞けない、という人から、改めてパワーポイント / Power Point ってキチンと知りたい、という人まで、パワーポイント / Power Point に関して解説します。

パワーポイント / Power Point とは、仕事や学校、研究機関などで、プロジェクターを利用してプレゼンテーション(プレゼン)する時などに、プレゼンテーション(プレゼン)する際にスクリーンに投影する資料を作成するためのソフトウェアで、マイクロソフト / Microsoftという会社が開発・販売・サポートしています。

仕事目的では、会社紹介や製品・サービスの紹介、提案内容をプレゼン、株主総会での発表、採用のための説明会などで使われたりします。

学校や研究機関などでは、授業はもちろんのこと、研究成果を発表する時などにも利用されていますよね。

■パワーポイント / Power Pointの購入・ダウンロード・インストールはこちらから
マイクロソフトMicrosoftのパワーポイントPower Pointに関するページ

■パワーポイント / Power Pointのアプリに関する解説はこちらから
iPhone / iPad用アプリ

■パワーポイント / Power Pointの無料テンプレートに関する解説はこちらから
パワーポイントテンプレート特集

■パワーポイント / Power Pointに関するテクニックのまとめはこちらから
プレゼン資料作成時のポイント
パソコンショートカット
パワーポイントショートカット
一歩上行く!パワーポイント術

2016年06月11日 | 固有リンク |

アナタがパワーポイント2013へアップグレードするべき3つの理由

3746:パワーポイント/PowerPoint2013へアップグレードするべき3つの理由

ウィンドウズ/Windows8や、ウィンドウズ/Windows10がそれまでのユーザーインターフェイスから大きく変わったからか、企業においてはWindows7の人気が根強くあります。そのせいか、Windows7+Ofiice2007つまりPowerPoint2007という組み合わせを聞きます。Windows7でもOffice2013つまりPowerPoint2013は利用できるのですが、なぜか私の回りに多いんですよね。

しかし、パワーポイント/PowerPoint2007とパワーポイント/PowerPoint2013とでは、地味ですが大きな違いがあります。

もしアナタがまだパワーポイント/PowerPoint2007を使っているのであれば、パワーポイント/PowerPoint2013にアップグレードすることをオススメします。

オススメ1:スポイト機能

これは

画面上にある色を選択する機能

です。

たとえばロゴの色と同じ色を利用したい、という場合など、簡単にロゴの色を選択できるようになります。

アドビ/Adobeのイラストレーター/Illustratorやフォトショップ/Photoshopといった、画像処理ソフトでは標準で搭載している機能で、アドビ製品をよく使う人がパワーポイント/PowerPointを使う時に、スポイトツールってないの?と驚かれることが多かったのですが、パワーポイント/PowerPoint2013からは標準機能として利用できるようになります。

オススメ2:MP4形式の動画ビデオファイルとして保存

続きましては

スライドショーをMP4形式の動画ファイルとして保存する機能

です。

以前からWMV形式の動画ファイルとして保存することができたのですが、WMV形式の動画ファイルって、正直利用範囲が狭いんですよね。

たとえばiPhoneやiPad、Androidなどのスマートフォンやタブレットで見る時に、WMV形式の動画ファイルって苦労します。

その点MP4形式であれば利用範囲が広く便利ですが、パワーポイント/PowerPoint2013からはスライドショーをMP4形式の動画ファイルとして保存できるようになります。

オススメ3:画面切り替え効果の充実

最後は

画面切り替え効果が格段に充実

した点です。

アニメーションに関しては、パワーポイント/PowerPoint2007とパワーポイント/PowerPoint2013とで大きな違いはありませんが、画面切り替え効果は大きく違います。

正直パワーポイント/PowerPoint2007での画面切り替え効果では目を引くようなものはありませんが、パワーポイント/PowerPoint2013では、スゴイ!と思われる画面切り替え効果が結構あります。

つまりパワーポイント/PowerPoint2013にアップグレードして、新しい画面切り替え効果を利用するだけで、アナタのプレゼンがスゴイ!と思われる可能背が高い、ということです。

他にもパワーポイント/PowerPoint2013にアップグレードすると利用できるようになる機能がたくさんありますので、アナタもパワーポイント/PowerPoint2013へアップグレードしてみてはいかがですか。

2015年12月31日 | 固有リンク |