ブログタグアーカイブ: 話し方

メリハリを効かせたプレゼンとは?

メリハリの効いたプレゼンとは?

 
 
プレゼンにはメリハリを効かせましょう!とは
よく聞く話ですが、具体的にはどうすればいいのでしょうか?

まず、メリハリを効かせずに話してしまうと、
全てが明瞭にはっきりと聞こえてはいるものの、
結局何が重要だったのかが伝わりません。

もし、新聞の一面が全て同じ大きさの文字で
書かれていたとしたら、
何が重要なのか理解しづらいですよね。

重要な箇所が大きな文字だったり、
フォントを変えてあったりするから内容が
わかりやすくなります。

それでは具体的にはどうすればいいのか?
 
 
■話の内容の重要度に応じて話し方を変える
 
 
声の高さ、大きさ、スピードの三つの要素を、
ほんのちょっと意識するだけでいいのです。

まずは声の高さ。
具体的には、プレゼンの第一声は
少し高めの声で話し始めましょう。

冒頭のあいさつも、低い声で暗く話すのと
高い声で明るく話すのでは、
聞き手が受ける印象が異なります。

あなたも会社にかかってきた電話を取るときは、
少し高めのよそ行きの声で対応をしますよね。

それです、その声です。
少し高めの声で話し始めることで、
あなたのイメージを、明るく活発な印象にしましょう。
 
 
そして声の大きさは、内容の重要度合いに応じて
声の大きさを変えます。

これは、新聞の見出しが記事の重要度合いに応じて、
大きく掲載されている様子をイメージすると
わかりやすいと思います。
大事な内容は大きな声で話しましょう。
 
 
最後に、話すスピードです。
重要な部分や、特に伝えたい内容はゆっくり話しましょう。

あなたも耳の遠いお年寄りに話す時は、
普段より大きな声でゆっくり話しますよね。

耳の遠いお年寄りでも聞き取れ、
理解できるということは結果として
非常に聞き取りやすい話し方になるということなのです。

またゆっくり話すことで、聞き手に
理解するための時間を与えられるので、
しっかりと理解されるようにもなります。

2014年03月31日 | 固有リンク |

わかりやすいプレゼンのコツ:ちょっとのことでわかりやすいプレゼンへ

わかりやすいプレゼンにするために
一生懸命準備して、わかりすいプレゼンにした
と自分では思っていたにも関わらず

「君のプレゼンはわかりにくい!」

そんな風にいわれたことないですか?

特に新製品や新サービスをプレゼンする時に
わかりにくい、といわれがちです。

今までにないものをプレゼンするわけですから
そのまま説明しては、わかりにくくなってしまいます。

では、どうすればわかりやすいプレゼンになるのか?

■専門用語は使わない

■比喩を使う

■具体例で説明する

この3つがポイントになります。

例えば、RSS、というものを説明するとしましょう。

RSSって聞いたことありますか?

「インターネットはよく使って、RSSというものは
 最近よく見るけど、なんだかよくわからない」

という人に対してRSSを説明するとしましょう。

よくある説明としては

RSSとは、ホームページやブログの
メタデータを構造化して記述するXMLベースのフォーマット。

という説明がありますが、理解できますか?

これじゃあ、わかりにくい、といわれてもしょうがないですよね。

では、どうするか?

RSSとは、ホームページやブログの
見出しや要約を、わかりやすい形でまとめたもの。
例えば、更新情報をお知らせするために使います。

このように、
メタデータ、構造化、XML、フォーマット、などの専門用語を使わずに
見出しや要約をわかりやすい形でまとめたもの、という比喩を使い
更新情報をお知らせするために使う、という具体例で説明する。

これで、グッとわかりやすくなりますよね。

アナタのプレゼンにもぜひ活用してください。

2008年08月18日 | 固有リンク |

プレゼンする時の姿勢を簡単に直す方法

猫背でプレゼンされても
自信なさそうで、説得力がありませんよね。

また、片足に体重をかけ過ぎて
「休めの姿勢」ではなく、体が
傾いちゃっている場合も、説得力がありません。

プレゼンする時には、美しい姿勢が
一番かっこいいですし、説得力があります。

ただ、そうはいっても、その
美しい姿勢、というのが
一番難しい、というのもわかります。

そもそも、美しい姿勢ってどんな姿勢?

そんなアナタが、簡単に美しい姿勢になる
イメージトレーニングがあるのです。

それは?

■体の中心から、手や足や首や頭が、まっすぐ生えて伸びているイメージ

を思い描くのです。

本来、美しい姿勢の説明をすると、
アゴを引いて、胸を出して、肩を落として、腰を伸ばして、足を伸ばして
など、キリがありません。

これらのポイントを全てやろうとすると
こんがらがって、わけがわからなくなります。

その代わりに、
体の中心から、手や足や首や頭が、まっすぐ生えて伸びているイメージ
を思い描くのです。

木に例えると、
手や足や首や頭は、枝で
胴体が、幹です。

胴体という幹から、手や足や首や頭という枝が
真っ直ぐに、スーッと、伸びているイメージを
思い描けば、自然と全てのポイントが網羅され
美しい姿勢になる、というわけです。

ぜひ、プレゼンの姿勢に自信がないアナタは
試してみてくださいね。

2008年05月26日 | 固有リンク |

プレゼンの目線/視線:どこ見て話してますか?

視線が泳いでいるプレゼンは
自信がなさそうで、説得力がありませんよね。

「私のいうことには間違いありません」
と、キョロキョロしながらいわれたら
どう思いますか?

また、プロジェクターに投影された
パワーポイントの画面を、ずーっと見ながら話されたら
どう思いますか?

目線が合わないと
おーい、どこ見て話してんですかー、
参加者はこっちですよー
って思いません?

参加者を置き去りにしたプレゼンにも
説得力はありません。

では、プレゼン中の目線/視線は
どうすればいいのか?

■プレゼン中は、参加者に目線/視線を合わせる

そして、目線/視線を、順番に参加者全員に送りましょう。
これは、ついついおろそかになりがちなので、
プレゼン中は意識して繰り返すべきです。

ただし、日本人は、目と目をしっかりと合わせるのに
なんとなく恥ずかしさを感じる人が多いので、そんな時は
相手の口元を見ながら話すといいですよ。

もし、目があったら、ニコッと笑顔を見せましょう。

微笑まれた人に、心情的に悪く思う人は少ないですから
ぜひやってみてください。

2008年05月23日 | 固有リンク |

どんなプレゼンでもスピーチでもOKな話し方講座

プレゼンをする時に、
どんな風に話していいか困ることってありませんか?

特に、あまりいプレゼンしたこと経験がない内容に関して、
プレゼンする時って、考えてしまいますよね。

でも、大丈夫。

この話し方さえ覚えておけば、
どんな内容でもOK、という話し方があります。

その話し方とは?

■「これから~に関して話します」
 「(実際に話す)」
 「~に関しては以上で終わりです」

この話し方のいいところは
まず、簡単なので、誰でもできて
どんなプレゼンでも使える。

そして、話す方が決まってるので
安心して話すことができる。

最後に、話し方にリズムができるので
普段以上にいいプレゼンができる。

プレゼンでの話し方のコツは
いろいろありますが、
簡単で誰でもできる話し方
という観点ではこれが一番です。

アナタも、話し方に困ったら、お試しください。

2008年05月14日 | 固有リンク |

説得力のあるプレゼンはここが違う

パワーポイントの資料がメチャクチャで、
話し方が下手でも、
説得力のあるプレゼンというのもがあります。

一方で、
パワーポイントの資料はキレイで、
話し方もアナウンサーばりに滑らかなのに
説得力がないプレゼンというのもあります。

その違いはなにか?

ズバリ、話す内容に関して
造詣が深いか、どうかなのです。

例えば、『子育てにおける父親の役割』、というテーマで
プレゼンする場合を考えてみましょう。

Aさんは、プレゼンの名手、といわれた人だが、
独身で子供無し。

Bさんは、プレゼンが下手、で有名な人だが、
3人の子供がいる教育パパ。

この2人の、どちらが説得力のあるプレゼンをするかは
聞かなくてもわかりますよね。

そうはいっても、プレゼンするテーマに
いつでも造詣が深いとは限りませんよね。

初めて話す内容のプレゼン、
経験が浅い内容に関するプレゼンは
諦めるしかないのか?

いえいえ、そんな時、とっておきの方法があるのです。

それは?

■話す内容に関して、徹底的に調査する

ということです。

例えば、さっきの例でいうと。

独身で子供無しの人が
『子育てにおける父親の役割』
というテーマでプレゼンするとしたら。

インターネットで、
子育て 父親
で検索したら、
2つや3つの検索結果を見るぐらいではなく
1,000ぐらい見る。

アマゾンで
子育て 父親
でヒットした関連書籍は、全て買う。

子供がいる男性の、
知り合い全てに聞いてみる。

子育てにおける父親の

・悩み
・怒り
・喜び
・楽しさ
・困っていること
・苦しみ
・嬉しいこと

を徹底的に調査するんです。

これぐらい徹底的に調査したら
説得力のあるプレゼンができますよ。

2008年04月16日 | 固有リンク |