ブログタグアーカイブ: 画像

プレゼンで写真・画像を印象的に活用するには?

最近のプレゼンテーションのトレンドとして
ビジュアルを全面に打ち出した手法が
ビジネスの現場でも普及してきました。

しかしながら写真や画像を印象的に利用する
プレゼンは、スタイリッシュにしようとして
一歩間違えるととてつもなくダサくなってしまいます。

それではどのような点に気を付けて
写真や画像を利用すればいいのでしょうか?

まず悪い例として、大き目な写真や画像を
ただ貼っただけのスライドです。

悪い例:プレゼンで写真・画像を印象的に活用するには?

ただただ、写真や画像が大き目、というだけで
かえってダサイ印象を与えるだけでなく、
手を抜いているという印象さえ与えかねません。

ビジュアル重視なプレゼン資料を作成するならば
写真や画像を画面一杯に拡大すると
印象的スライドになります。

イマイチな例:プレゼンで写真・画像を印象的に活用するには?

しかしこれだけではイマイチです。

ビジュアル重視のプレゼンにしたいんだろうな、
という資料を作成した人の意図は理解できますが
とてもスタイリッシュとはいえません。

原因の多くは、平凡な構図にあります。
平凡な構図のよくある例としては

・引いた全体図
・左右対称なシンメトリーな構図

などが挙げられます。

それでは印象的でスタイリッシュに
するためにはどうすればいいのでしょうか?

そう、平凡な構図の逆をやればいいのです。

・ある部分に寄った構図
・あえて左右非対称なアシンメトリーな構図

良い例:プレゼンで写真・画像を印象的に活用するには?

例えばニューヨークの高層ビル群の
写真や画像を利用する場合も、引いた構図にすると
つまらないスライドになってしまいがちです。

ですから、例えば1つの印象的なビルに寄って、
あえて左右非対称にすることで印象的で
スタイリッシュなスライドになります。

今回解説した方法は、あくまでも一例ですが、
非常に有効な方法です。

アナタもこれで、パワーポイントでビジュアル重視な
プレゼン資料をスタイリッシュに、
印象的に作成してくださいね。

2014年07月07日 | 固有リンク |

パワーポイント画像の部分的なぼかしのテクニック

パワーポイントぼかしのテクニック
パワーポイントの新しいバージョンは
画像に関する機能が豊富です。

特に個人情報保護が重要視されている現在、
個人が写っている画像は特定されないように
ぼかしをかけることが多いかと思います。


しかし、全体的ぼかしを施すのは簡単ですが
部分的にぼかしをかけるのはどうするんだろう?
と思っている人をよく見かけます。

そこでパワーポイントで画像に部分的なぼかしを
かける方法を解説します。

1.対象の写真を張り付ける

パワーポイント対象の写真を張り付ける

 
2.対象の写真をコピーする
パワーポイント対象の写真をコピーする

 
3.写真を選択し、書式>アート効果で 「ぼかし」を選択
パワーポイント「ぼかし」を選択

 
4.ぼかす範囲をトリミングで指定
パワーポイントぼかす範囲をトリミングで指定

 
5.ぼかした画像を重ねる
パワーポイントぼかした画像を重ねる

 
6.ぼかす範囲と強さを調整
パワーポイントぼかす範囲と強さを調整

 
7.部分的ぼかし完成
パワーポイント部分的ぼかし完成

 
今回は顔写真の一部をぼかすことを
例に解説しましたが、このやり方は
別のものをぼかす時でも応用可能です。

例えば、セミナー出席者だけ
選択してぼかすことも可能です。

また、研究所や工場の公表したくない部分だけ
選択してぼかすことも可能です。

このように、パワーポイントの画像処理のなかでも
特に「ぼかし」は最近利用することが
増えています。

アナタもこれでパワーポイントのぼかしの機能を
使いこなし、全体的なぼかしも部分的なぼかしも
自由自在に使いこなしてくださいね。

2014年03月17日 | 固有リンク |

パワーポイントの画像調整使いこなしのテクニック

パワーポイント図形調整テクニック

パワーポイントも新しいバージョンになってから
画像に関する機能が豊富になりました。

写真の加工専用ソフトがなくとも
パワーポイントの機能だけで十分なぐらいです。

しかし、機能は豊富になっても
どんな時にどの機能を利用すればいいのか
理解していなければ使いこなせません。

ということで、パワーポイントの豊富な
図形調整機能のなかでも特に微妙な機能
「シャープネス」と「明るさとコントラスト」を解説します。
 
 
まず「シャープネス」という機能ですが
これはぼんやりした画像をハッキリさせる
効果があります。

例えば、動いているものを撮影した場合。
あるいは、画像を拡大して利用する場合。
そんな場合は、特にボケやすいのです。

この「シャープネス」は、そんな時にはピッタリです。

■「シャープネス」で画像をハッキリ
 
 
次に「明るさとコントラスト」。
「明るさ」は白っぽくするか、黒っぽくするか。
「コントラスト」は鮮やかさを調整します。

例えば、室内で撮影した画像などは
とかく暗くなりがちです。
ですから、まずは「明るさ」で明るく、白っぽくします。

しかしこれだけではぼんやり白っぽい画像なので、
「コントラスト」で画像を鮮やかに、メリハリを付けます。

■「明るさ」で明るく、白っぽく
■「コントラスト」で鮮やかに、メリハリを付ける

 
 
これでアナタもパワーポイントの画像調整機能を
使いこなしてくださいね。

2014年03月10日 | 固有リンク |

パワーポイントのスライドを画像として利用するのは?

パワーポイントのスライドを画像として利用するのは?

パワーポイントで作成した資料を、
印刷して利用したり、プロジェクターで投影したりするのは
当然ですが、画像として利用したいことってありますよね。

スライド自体を小さな画像として保存して
別のスライドで利用したり。

もしくは、パワーポイントで作成した図形や文字、
処理を行った画像を、ホームページ作成に利用したり。

最近のパワーポイントには、いろんな機能があるので
プレゼンテーションの資料を作成するだけでなく
画像編集ソフト、図形編集ソフトとしても優秀です。

そんなパワーポイントで作成したスライドや図形などを
画像として利用する方法を解説します。
 
 
まずは、スライド上の図形を画像として保存する方法。
これは

■保存したい図形を選択し、右クリックから「図として保存」

でOKです。
この方法で、たとえばこんなロゴも
パワーポイントで簡単に作成できます。

 
 
次に、スライドを画像として保存する方法。
これは

■ファイル>名を付けて保存から、ファイルの種類として
 JPEGやPNGなどを選択

でOKです。
この方法で、たとえばサンプルスライドを
こんな風に画像として利用することが可能になります。

アナタもこれでパワーポイントのスライドを画像をして
活用してくださいね。

2014年03月03日 | 固有リンク |

プレゼン資料作成はアイコン?クリップアート?写真の画像?どれがいい?

パワーポイントでプレゼンの資料作成をするときに
アイコンやクリップアート、写真の画像を利用したりしますよね。

パソコンや人物のアイコン、
印象的なクリップアート、
イメージを補完するための写真の画像。

これらを効果的に利用することで、
プレゼンにおいて大きな結果が期待できます。

しかし

「今回は、アイコンのほうがいいのかな?
 クリップアートがいいのかな?
 写真の画像がいいのか?
 どっちだー!?」

そんな風に判断に迷うことがありませんか?

こんな時の判断基準はこれです。
 
 
■アイコンは複数の関係を表現する時
 写真の画像やメッセージを印象的にする時

 
 
まず、アイコンと写真の大きな違いは、
アイコンは小さな画像でも
内容が理解できる、ということです。

なぜなら、アイコンは写真と比較して
内容を省略して表現していますので、
小さくしても何が表現されているかが理解できます。

ですから、フローチャートや関係図などの
図解での利用に向いています。
 
 
一方、写真の画像は「快適」「壮大」「正確」といった
言葉だけではありきたりな印象になってしまう
抽象的なイメージを強調するために向いています。

例えば、快適なオフィス、という言葉だけでは
印象に残りませんが、キレイに片付いてオシャレな
机や椅子が整然と配置されている明るいオフィスの
画像があったらイメージしやすいですよね。

このようにアイコンや写真には、それぞれ向いた
用法がありますので効果的に利用しましょう。
 
 
最後に一つ。

クリップアートを写真の代用として利用している人が
いますが、写真を利用することをオススメします。

なぜなら、以前は素材としての写真が少なかったので、
クリップアートを利用せざるを得ないことが多かったのですが
現在は無料なものも豊富に存在します。

ダサいクリップアートは、プレゼン内容もダサいのでないか?
というイメージにつながります。

ですから、クリップアートを利用するならば
高画質の画像を利用することをオススメします。

これでアナタもプレゼンの資料作成する場合は、
アイコンと写真の画像をうまく使い分けて
成果を出してくださいね。

2013年02月24日 | 固有リンク |

無料写真素材:プレゼン、パワーポイント用の無料写真素材サイト

プレゼン用にパワーポイントで資料を作成していると、
あーここにカッコイイ写真が使いたいなー
ということ、ありませんか?

パワーポイントで資料を作成するさいには、
図形やクリップアートを利用することもあるかと思いますが、
抽象的なコンセプトや、イメージをプレゼンするときには
写真が有効的です。

しかし、プレゼンで利用できる
カッコイイ写真を無料で入手するのって
結構難しいですよね。

イメージどおりのものがなかなかなかったり、
特に人物の写真に関しては、プライバシー保護の観点からか
なかなか利用できる写真がありません。

そんな時はこちらのサイトがオススメです。

stock.xchng

まず、写真の量が非常に多いんです。

個人で運営している無料写真素材サイトは、
運営している管理人が個人的に取りためた写真を
公開している場合が多いので、
種類も偏ったものになりがちです。

しかし、このサイトは、
あらゆる種類の写真がそろっています!

2010年1月時点では、
約40万点の写真が公開されています。

利用方法としては登録制ですが、
簡単なのですぐ終わります。

アナタもプレゼン用にパワーポイントで
資料を作成するために無料で、
写真素材を探しているなら、
是非活用してくださいね。

stock.xchng
 
 
他にも無料で利用できるテンプレートやソフトウェアやサービスも
たくさんありますから、ぜひ参考にしてくださいね。

■パワーポイントのテンプレート・ソフトウェア・サービスの紹介
パワーポイントテンプレート特集
パワーポイントを無料で使う裏技
パワーポイントの資料を無料でPDF化
無料でパソコンの画面を録画してプレゼンするには?
プレゼン資料作成で統計データを無料で探す時に便利なサイト

2010年01月18日 | 固有リンク |

パワーポイントの各スライドを画像として保存

パワーポイントで図を作成すると
かなり気合を入れて作ったりしませんか?

そんな気合を入れて作った図を
パワーポイント以外のソフトでも
使いたい場合って、多いですね。

エクセルやワード、はたまたWebなどで。

そんな場合いろいろなやり方がありますが
パワーポイントの全スライドを
一旦画像ファイルとして保存する、というやり方を紹介します。

■メニューの、ファイル>名前を付けて保存で
 ファイルの種類から、JPEGやGIFなど任意の画像形式を選択します。

 あとは、全てのスライドを画像にするか、
 現在のスライドだけを画像にするかを選択すればOKです。

保存できる画像形式は、パワーポイントのバージョンによって
多少異なりますが、JPEGやGIFであれば使い勝手がいいですよね。

アナタもこれで、パワーポイントのスライドを
画像として保存して、他のソフトでも活用してくださいね。

 

2009年02月25日 | 固有リンク |

パワーポイント:画像の貼り付け方のコツ

パワーポイントでプレゼンの資料を作成すると
画像を貼り付けたい時ってありますよね。

パソコンの画面をそのまま
パワーポイントでも使いたい場合など。
基本技としては

■[PrtSC]キーでパソコンの画面全体をコピー
 その後パワーポイントに貼り付け

ただしこれだと、パソコンの
画面全体をコピーしてしまいます。

あるウィンドウだけをコピーしたい場合、
例えば、エクセルの操作方法を説明する資料を作成する場合
エクセルの画面だけコピーしたいですよね。

他は邪魔です。

そんな時、1つのウィンドウだけを選んで
画面をコピーできるワザがあります。

それは

■[Fn]キー + [PrtSC]キーで選択しているウィンドウの画面だけをコピー
 その後パワーポイントに貼り付け

さらに、応用技として、ある一部分だけの
画像をアップで使いたい場合ってありますよね。

例えば、先ほどのエクセルの操作方法を
説明する資料を作成する場合でいうと、
ボタンの画像だけをアップで使いたいという場合です。

そんな時は、2つやり方があります。

■コピーした画像をペイントに貼り付けて
 必要な部分だけ選択して、コピーして
 その後パワーポイントに貼り付け

これは一番わかりやすいですね。
ただし、このやり方だと、面倒な上に
後で、使いたい画像の範囲を変更できません。

やっぱり、1つのボタンの画像だけでなく
隣のボタンも表示したい、という場合は
もう一度、やり直しです。

そんな場合は

■コピーした画像をパワーポイントに貼り付けて
 トリミング

トリミングとは、画像のある一部分だけ表示させて
他は表示させないようにする処理です。

しかも、ペイントを使う処理に比べ、トリミングは
後でやり直しが簡単にできます。

そのトリミングの使い方ですが、パワーポイントの
通常のメニューには表示されていないので
非常に便利なのですが、あまり知られていません。
トリミングを使うやり方は

■トリミングする図を選択し、
 [図] ツールバーの(トリミング) をクリックして
 サイズ変更ハンドルを動かす

という感じです。

実際使ってみると、非常に便利です。
アナタもこの技で、パワーポイントの作業効率を
あげてくださいね。

2008年06月16日 | 固有リンク |