ブログタグアーカイブ: 動画

パワーポイントを動画に変換、ビデオを作成する機能を使いこなす!

3963:パワーポイントを動画に変換、ビデオを作成する機能を使いこなす!

パワーポイントで大切なプレゼンテーションするために、凝ったアニメーションを設定する時ってありますよね。

そのようにアニメーション設定したパワーポイントは動画として保存することで、ビデオファイルが作成できることは、結構知っている人も多いですね。

やり方は簡単で、アニメーションを設定したパワーポイントファイルを「名を付けて保存」する時に、「ファイルの種類」を「MPEG-4 ビデオ(*.mp4)」か、「Windows Media ビデオ(*.wmv)」を選んで保存するだけです。

どっちにしていいか、わかんない!というアナタへアドバイスすると

MPEG-4 ビデオ(*.mp4)
・Windowsパソコン以外でも見たい
・スマートフォンやタブレットでも見たい
・YouTubeやツイッター、FacebookなどSNSにアップロードしたい
・ホームページやブログなどに組み込みたい
という場合に向いています。

Windows Media ビデオ(*.wmv)
・Windowsパソコンで見たい
・保存した動画をさらにPowerPointに組み込みたい
という場合に向いています。

もう少し、細かい話をすると、mp4はいろんな環境で見れるファイル形式なので、wmvよりもmp4が好まれる傾向があります。

しかし、パワーポイントを「名を付けて保存」してmp4ファイルを作成した場合、たまに「このパソコンだと見れない」「こっちのパソコンだと見れます」ということがおこります。

とくにちょっと古いWindowsパソコンでも見たい、という場合結構な確率で見れないので、そんな場合はwmv形式で保存した方が無難です。

更に細かい機能として、動画のサイズを指定することが可能です。

これは「名を付けて保存」ではなく、メニューのファイル>エクスポート>ビデオの作成から、動画ファイルを作成する際に動画のファイルサイズを指定します。

選べる動画のファイルサイズは、次の3つです。

プレゼンテーション品質
最大ファイルサイズおよび高画質

インターネット品質
中ファイルサイズおよび中程度の品質

低品質
最小ファイルサイズおよび低画質

ちなみに、スライドのサイズ毎に、作成される動画の大きも変わります。

4:3の場合は
・プレゼンテーション品質:1440 x 1080
・インターネット品質:960 x 720
・最小ファイルサイズおよび低画質:640 x 480

16:9の場合は
・プレゼンテーション品質:1920 x 1080
・インターネット品質:1280 x 720
・最小ファイルサイズおよび低画質:852 x 480

のようになります。

アナタもコレでパワーポイントから動画・ビデオファイルを作成する機能を使いこなしてくださいね。

2017年05月03日 | 固有リンク |

プレゼンで利用する動画を録画する際に注意するべき点

3753:プレゼンで利用する動画を録画する際に注意するべき点
IT業界でプレゼンする際に、システムのデモを交えてプレゼンする場合が多々あります。その時、リアルタイムにシステムに接続してオンラインデモをする方法もやりますが、オンラインデモは何が起こるかわかりません。そのため、事前にデモの様子を録画して、動画ファイルを再生しながらプレゼンするやり方があります。

このように録画しておけば、何回でも安全にプレゼンがおこなえるので、オンラインデモではなく動画ファイルが好まれる場合もあります。しかし、何度も利用する動画ファイルであれば、プレゼンしやすく録画した方がいいですよね。

それでは、プレゼンしやすい動画ファイルを録画する際に注意するべき点を解説します。

動画ファイルの長さ

聞き手にとって、1つの動画に長い間集中することは非常に難しいことです。

そのため多くの内容を伝えたい場合、1つ1つの動画は短くし、複数の種類を用意するようにしましょう。

1つの長い動画ではなく、短い複数の動画を録画しましょう

画面の整理

画面にプレゼンで説明する内容以外の要素が表示されていると、聞き手は気が散ってプレゼンへの集中度が下がります。

聞き手が余計なところに気が散らないように、デスクトップのアイコンやメニューバーのアイコンなど、不要なアイコンは極力非表示もしくは削除して、画面を整理してから録画しましょう。

画面を整理してから、録画しましょう

画面サイズ

録画する際に、スライドショーで投影するディスプレイやプロジェクターの縦横比率と、録画するパソコンの画面の縦横比率を合わせましょう。

というのも、最近のパソコンのディスプレイは横長の16:9である場合が多いのですが、プロジェクターの縦横比率がまだまだ4:3である場合が多いのです。

録画するパソコンの縦横比率と、使用するプロジェクターの縦横比率が異なる時に、プロジェクターにピッタリ合わせた動画を再生したい場合は、録画するパソコンの縦横比率をプロジェクターの縦横比率に合わせて録画しましょう。

録画するパソコンの縦横比率に注意しましょう

解像度が高いパソコンでの録画

MacBook Proや一部のノートパソコン、または大きな外部ディスプレイに接続して録画する場合、解像度が1920以上を超えることがあります。

しかし通常のプロジェクターは解像度が1920までであることが多いため、1920より大きな解像度の画面で録画した動画は綺麗に再生されない危険性があります。

この場合、ディスプレイの解像度を1920以下の値に設定するか、外部ディスプレイに接続しディスプレイの解像度を1920以下の値に設定して録画しましょう。

パソコンのディスプレイが1920以上の解像度の場合は注意

このような点に気を付けて、アナタもプレゼンしやすい動画ファイルを録画してくださいね。

2016年01月11日 | 固有リンク |

iPadで動画入り電子カタログを無料で作成する方法

パワーポイントで作成した資料を
iPadで持ち歩きたい!
という場合ってありませんか?

紙で印刷したパワーポイントの資料を持ち運ぶ場合、
特に何種類も持ち運ぶ場合は重くてかさばり大変です。

しかもそうまでして大変な思いをしたにも関わらず
あ、あのパワーポイントの資料印刷してない!
と気づいた時には、むなしくなりますよね。

そこで、何十種類も簡単に持ち運ぶために
iPadで電子カタログのように利用したい、
と思うのは自然なことです。

パワーポイントの資料を、そのまま見るだけでよければ
PDFに保存すれば簡単にiPadでも
見ることができるようになります。

iPadでPDFを見るためのアプリケーションは
いろいろありますが、特に凝ったことをしないのであれば
アップル標準アプリの「iBooks」で充分です。

しかし、動画も見せたい、となると
PDFをiBooksで見るでは不可能です。

こういった場合、高価な電子カタログの
アプリを購入する、というやり方もありますが
実は無料で実現できます。

では、そのやり方とは?
 
 
1.まずパワーポイントの各スライドを
  画像ファイルとして保存します

JPEGでもPNGでもどちらでもいいのですが、
できれば画像がキレイなPNGで保存します。

やり方は簡単でパワーポイントを名を付けて保存する時に
ファイルの種類でPNGを選択し、すべてのスライドを対象として
保存します。
 
 
2.iPadで再生したい動画ファイルを
  適切なファイル形式に変換します

iPadで再生できるファイル形式というのはきまっているので、
まずは動画ファイルをiPadで再生できる形式に変換します。

iPadで再生できるファイル形式はm4v、 mp4、movで、
サイズは、640×480、720×480、1280×720です。

おススメはこちら。
Free Video Converter by Extensoft

特に注意して欲しいのは古いiPadでは
1440×1080、1920×1080には対応していません。

自分のデジカメでmp4形式で保存するから大丈夫、と思っていたら
ハイビジョン用の1920×1080で録画してた、
といった場合は変換が必要です。
 
 
3.スライドの画像ファイルと
  変換した動画ファイルを全て1つのフォルダにおく

ま、これは簡単ですね。
 
 
4.再生したい順番通りに
  ファイルの作成日付を変更する

【iOSが新しいバージョンは次の通り】
iPadで画像と動画を
混ぜて順番通りに再生するためには、
並び順がファイルの名前順になります。

ですから、画像と動画の再生順に
ファイル名を変更してください。

【iOSが古いバージョンは次の通り】
また後で解説しますが、iPadで画像と動画を
混ぜて順番通りに再生するためには、
並び順がファイルの作成日付順になります。

そこでファイルの作成日時、更新日時、アクセス日時を
変更できる無料ソフト
Neo FileTimeChange
を使って希望通りに、変えます。
 
 
5.パソコンからiPadへ転送する

iPadとパソコンをつなぎ、iTunesから
写真タブで写真の共有設定で、対象のフォルダを選択し
同期すれば終了です。

なおこの際「ビデオを含める」にチェックをしましょう。

あとは、iPadの標準アプリである「写真」をタップすると
「アルバム」として、先ほど作業していたフォルダの中身が
希望通りの順番で画像と動画が表示されるので
スワイプで移動します。
 
 
これであなたも、iPadで動画入り電子カタログを
無料で作成してくださいね。

2011年09月22日 | 固有リンク |

パワーポイントでyoutubeの動画を再生したい

パワーポイントでプレゼンする際に
youtubeの動画を一緒に再生したいってことありませんか?

しかし、プレゼンの途中でパワーポイントと
インターネットブラウザーを切り替えながら
プレゼンしていると流れが途切れてしまいがちです。

パワーポイントで動画を再生する方法は
以前解説しましたが、ではyoutubeの動画をパワーポイントで再生するためには
どのようにすればいいのでしょうか?

ステップは3つあります。

■1.youtubeの動画をパソコンにダウンロードする

youtubeの動画は無料ツールを利用すると簡単です。
オススメはコチラ。

YouTube FLV Downloader Pro

これで簡単にyoutubeの動画をダウンロードしてください。

■2.flv形式からwmv形式へ変換

youtubeの動画をパソコンにダウンロードしただけでは
flv形式といって非常に扱いづらいままです。

そこで、flv形式からwmv形式に変換する必要がありますが、
これも無料ツールを利用すると簡単にできます。

Freez Flv to AVI/MPEG/WMV Converter

これで簡単にflv形式からwmv形式に変換してください。

■3.wmv形式のファイルをパワーポイントに貼り付ける

ここまでくれば後は簡単です。
パワーポイントで動画を再生する方法で
パワーポイントで動画を再生してください。

これでアナタもyoutubeの動画を
簡単にパワーポイントに貼り付けてくださいね。

2010年06月21日 | 固有リンク |

パワーポイントで動画を再生する

プレゼンの途中で、パワーポイント上で
動画を再生したいことってありますよね。

動画を再生するために、
パワーポイントと別のソフトを切り替えながら
操作するのはモタつきやすいです。

それよりは、パワーポイントで
スライドも動画も一連の流れで利用したい場合も
あるかと思います。

そんな時はこれです。

■メニューの
 挿入>ビデオとサウンド>ファイルからビデオ

そうすると
「スライドショーでビデオを自動的に再生しますか?」
という、ポップアップが出てきます。

自動を選択すると、スライドショーを実行中に
ビデオが挿入されているスライドになったら、
自動的に動画が再生されます。

クリック時を選択すると、スライドショーを実行中に
ビデオが挿入されているスライドになった時に、
画像をクリックすると動画が再生されます。

目的に応じて選択しましょう。

なお、自動かクリック時かを後から
変更したい場合は、動画を選択し、
右クリックしてからアニメーションの設定で変更できます。

効果の追加のビデオの動作から
再生、一時停止、停止を
クリック時、直前の動作と同時、直前の後に
設定することによってより細かな設定が可能となります。

また、動画を選択し、
右クリックしてからビデオオブジェクトの編集から
停止するまで繰り返す、再生が終了したら巻き戻す、
音量、再生中のみ表示、フルスクリーン表示なども
設定できます。

アナタもコレでパワーポイントのスライドショーで
自由自在に動画を再生してくださいね。

2010年05月24日 | 固有リンク |