ブログタグアーカイブ: ビデオ

パワーポイントを動画に変換、ビデオを作成する機能を使いこなす!

3963:パワーポイントを動画に変換、ビデオを作成する機能を使いこなす!

パワーポイントで大切なプレゼンテーションするために、凝ったアニメーションを設定する時ってありますよね。

そのようにアニメーション設定したパワーポイントは動画として保存することで、ビデオファイルが作成できることは、結構知っている人も多いですね。

やり方は簡単で、アニメーションを設定したパワーポイントファイルを「名を付けて保存」する時に、「ファイルの種類」を「MPEG-4 ビデオ(*.mp4)」か、「Windows Media ビデオ(*.wmv)」を選んで保存するだけです。

どっちにしていいか、わかんない!というアナタへアドバイスすると

MPEG-4 ビデオ(*.mp4)
・Windowsパソコン以外でも見たい
・スマートフォンやタブレットでも見たい
・YouTubeやツイッター、FacebookなどSNSにアップロードしたい
・ホームページやブログなどに組み込みたい
という場合に向いています。

Windows Media ビデオ(*.wmv)
・Windowsパソコンで見たい
・保存した動画をさらにPowerPointに組み込みたい
という場合に向いています。

もう少し、細かい話をすると、mp4はいろんな環境で見れるファイル形式なので、wmvよりもmp4が好まれる傾向があります。

しかし、パワーポイントを「名を付けて保存」してmp4ファイルを作成した場合、たまに「このパソコンだと見れない」「こっちのパソコンだと見れます」ということがおこります。

とくにちょっと古いWindowsパソコンでも見たい、という場合結構な確率で見れないので、そんな場合はwmv形式で保存した方が無難です。

更に細かい機能として、動画のサイズを指定することが可能です。

これは「名を付けて保存」ではなく、メニューのファイル>エクスポート>ビデオの作成から、動画ファイルを作成する際に動画のファイルサイズを指定します。

選べる動画のファイルサイズは、次の3つです。

プレゼンテーション品質
最大ファイルサイズおよび高画質

インターネット品質
中ファイルサイズおよび中程度の品質

低品質
最小ファイルサイズおよび低画質

ちなみに、スライドのサイズ毎に、作成される動画の大きも変わります。

4:3の場合は
・プレゼンテーション品質:1440 x 1080
・インターネット品質:960 x 720
・最小ファイルサイズおよび低画質:640 x 480

16:9の場合は
・プレゼンテーション品質:1920 x 1080
・インターネット品質:1280 x 720
・最小ファイルサイズおよび低画質:852 x 480

のようになります。

アナタもコレでパワーポイントから動画・ビデオファイルを作成する機能を使いこなしてくださいね。

2017年05月03日 | 固有リンク |

パワーポイントで動画を再生する

プレゼンの途中で、パワーポイント上で
動画を再生したいことってありますよね。

動画を再生するために、
パワーポイントと別のソフトを切り替えながら
操作するのはモタつきやすいです。

それよりは、パワーポイントで
スライドも動画も一連の流れで利用したい場合も
あるかと思います。

そんな時はこれです。

■メニューの
 挿入>ビデオとサウンド>ファイルからビデオ

そうすると
「スライドショーでビデオを自動的に再生しますか?」
という、ポップアップが出てきます。

自動を選択すると、スライドショーを実行中に
ビデオが挿入されているスライドになったら、
自動的に動画が再生されます。

クリック時を選択すると、スライドショーを実行中に
ビデオが挿入されているスライドになった時に、
画像をクリックすると動画が再生されます。

目的に応じて選択しましょう。

なお、自動かクリック時かを後から
変更したい場合は、動画を選択し、
右クリックしてからアニメーションの設定で変更できます。

効果の追加のビデオの動作から
再生、一時停止、停止を
クリック時、直前の動作と同時、直前の後に
設定することによってより細かな設定が可能となります。

また、動画を選択し、
右クリックしてからビデオオブジェクトの編集から
停止するまで繰り返す、再生が終了したら巻き戻す、
音量、再生中のみ表示、フルスクリーン表示なども
設定できます。

アナタもコレでパワーポイントのスライドショーで
自由自在に動画を再生してくださいね。

2010年05月24日 | 固有リンク |