ブログカテゴリアーカイブ: パソコン操作

パワーポイント スライド一覧のショートカットキーの謎とは?

3846:パワーポイント スライド一覧のショートカットキーの謎とは?
パワーポイントでプレゼンテーションの資料を作成しようとすると、スライドを一覧で確認したい時ってありますよね?特に数多くのスライドを作成している場合などは、プレゼンテーションの全体構成を考えてパワーポイントの資料を作成したいので、スライドを一覧で確認したいかと思います。

このような時、あなたならどうしていますか?
メニューの表示からスライド一覧を選択していますか?
それとも右下にある小さなスライド一覧ボタンを押していますか?

メニューの表示からスライド一覧にするのは面倒ですし、右下にあるボタンは小さくて押し間違えてしまいそうです。

だから、ショートカットキーでスライド一覧を表示させることをオススメします。

しかし、スライド一覧のショートカットキーには、実は謎が隠されているのです。

なぜかというと、パワーポイントのバージョンによってショートカットキーが異なるんですね。

PowerPoint2003まで、拡張子が「.ppt」のバージョンでは
■[Alt]キー+[V]キー、[D]キー でスライド一覧
でした。

しかしPowerPoint2007以降では「リボン」というメニュー形式が導入されました。

そのため、先ほどまで紹介した
■[Alt]キー+[V]キー、[D]キー でスライド一覧
でもOKですが、
■[Alt]キー+[W]キー、[I]キー でスライド一覧
という操作も可能になりました。

どっちでもいいのですが、しっかりと覚えて、使いこなし、作業効率を上げましょう。それではこれで、アナタもパワーポイントのスライド一覧のショートカットキーを使いこなしてくださいね。

2016年08月18日 | 固有リンク |

Windows10/ウィンドウズ10で音が出ない!?

3728:Windows10/ウィンドウズ10で音が出ない!?

Windows10/ウィンドウズ10にアップグレードしたら音が出ない!?

『ファイルの再生中に Windows Media Player に問題が発生しました。』
というエラーが出る!?

エラーコードC00D11B1で調べても、ラチがあかない!?

そんなアナタにこの記事を送ります。

Windows10/ウィンドウズ10へのアップグレードはお勧め!

そもそも、Windows10/ウィンドウズ10にアップグレードするかどうか
迷っているなら、アップグレードお勧めですよ!

ファイルもそのまま、プログラムもそのまま、
設定もほぼそのまま引き継がれて使えるので
非常に簡単に、Windows10のメリットが教授できます。

ファイルもそのまま、プログラムもそのまま、
設定もほぼそのまま引き継がれて使えるので
非常に簡単で、Windows10のメリットが教授できます。

Windows10/ウィンドウズ10へのアップグレードの不具合

ただ、実際に使ってみると細かいところに
不具合が出る場合があります。

私の場合、音が出なくなりました。
 
 
より正確にいうと、Windows10にアップグレードしてから
パワーポイントで動画を組み込もうとしてたんですね。

どうも、うまいこといかない。

というよりも動画がまったく再生できない。

ファイル形式もwmvという、パワーポイントにとって
もっとも相性のいい形式なのに、まったくうまくいきません。
 
 
で、動画自体に問題があるのかと思って
Windows Media Playerで再生しようとしたら

ファイルの再生中に Windows Media Player に問題が発生しました。

え?なんで?って感じです。

エラーコードC00D11B1で調べても、ラチがあかなくて。

だめかー、と思っていたところ、ふと閃きました。
 
 

解決方法はコレでした!

まず、Windows10のアップデートをします。

ま、これは既に一回やってたんですけど、念のためもう一度実行してみて。

で、Windows Media Playerで再生しようとしてもうまいこといきません。
 
 
んー、そうだ!
 
 
BIOSのアップデート!!!
 
 
はい、大正解でした。
 
 
それ以降、音も出るし、Windows Media Playerで
問題なく再生できました。
 
 
ということで、Windows10にアップグレードして
音が出なくなった!という場合はBIOSを
アップデートしてみることをお勧めいたします。

2015年10月28日 | 固有リンク |

Windows10/ウィンドウズ10でPowerPoint/パワーポイントは大丈夫?

3723:Windows10/ウィンドウズ10でPowerPoint/パワーポイントは大丈夫?
プレゼンテーションの資料をPowerPoint/パワーポイントで作成する上で、もうそろそろやった方がいいのかな~、と思っていることありませんか?ありますよね?そう、Windows10/ウィンドウズ10へのアップグレード。

Windows7/ウィンドウズ7もしくはWindows8.1/ウィンドウズ8.1なら、2016年7月28日までにアップグレードすると、無料でアップグレードできる。しかも、アップグレードしたら、トライアル版とかではなく、そのままずーっと利用できる正式版。

こう聞くと、アップグレードしといた方がいいのかなー、と思いますよね。

今回は、私が実際にPowerPoint/パワーポイントを利用していて、Windows10/ウィンドウズ10にアップグレードしよとした時に、気になった点をまとめますね。

アップグレードしてもプログラムは削除されずそのまま利用できるの?

Windows10/ウィンドウズ10にアップグレードして、今使っているプログラムはそのまま利用できるのか?
削除されたり、まっさらな状態になったりしないのか?

まずは、そこが心配ですよね。

Windows8.1/ウィンドウズ8.1からWindows10/ウィンドウズ10へアップグレードした私の場合でいうと、まったく問題ありませんでした。

つまり、

アップグレードしてもプログラムは削除されずそのまま利用可能

ファイルはそのまま利用できるの?

Windows10/ウィンドウズ10にアップグレードして、今パソコンに保存されているファイルはそのまま利用できるのか?
削除されたり、まっさらな状態になったりしないのか?

次は、そこが心配ですよね。

Windows8.1/ウィンドウズ8.1からWindows10/ウィンドウズ10へアップグレードした私の場合でいうと、まったく問題ありませんでした。

つまり、

アップグレードしてもファイルは削除されずそのまま利用可能

設定はそのまま利用できるの?

Windows10/ウィンドウズ10にアップグレードして、今のパソコンに設定されている内容はそのまま引き継がれるのか?
設定が全てクリアされ、全て設定し直しになったら面倒だな~。

最後に、そこが心配ですよね。

Windows8.1/ウィンドウズ8.1からWindows10/ウィンドウズ10へアップグレードした私の場合でいうと、まったく問題ありませんでした。

つまり、

アップグレードしても設定は削除されずそのまま引き継がれます

ということで、Windows10/ウィンドウズ10にアップグレードしても、

・アップグレードしてもプログラムは削除されずそのまま利用可能
・アップグレードしてもファイルは削除されずそのまま利用可能
・アップグレードしても設定は削除されずそのまま引き継がれます

しかも、2016年7月28日までにアップグレードすると、無料ですから、オススメですよ。

2015年09月28日 | 固有リンク |

パワーポイントを初心者に教える時に注意する点

パワーポイントはパソコン初心者にとっても
非常にわかりやすいソフトウェアです。

というのも、パワーポイントは狙った場所に
狙った文字を簡単に表示させることができるので、
1、2枚のちょっとした書類をササッと作る場合最適です。

しかしながら、もしアナタが初心者の方へ
パワーポイントの使い方を教える場合
注意するべきポイントがあります。

というのも

■作業しているのがスライドマスタかスライドか混同しやすい

ということです。

私がパワーポイントの初級クラスでの講師経験からいうと
パワーポイント初心者の方にとって、
今作業しているのが、スライドマスタなのかスライドなのか
わかりにくいらしいんですね。

ずーっと作業した後で、
あれ?これって全部スライドマスタに追加してますか?
と気が付くとお互い気まずいですから、注意してくださいね。

間違えやすい原因としては、教える時って、
会社ロゴやページ数などを設定するので
まずスライドマスタの設定方法を教えますよね。

しかし教えられる方としては、最初の段階なので
今作業しているのが、スライドマスタなのかスライドなのかが
わかりにくいのです。

確かに、どちらの作業をしているのか
わかりにくいんですよね。

見分け方としては、左側の表示内容が違うので、
これで見分けてください。

スライドの作業をしている時は
左側にタブ「スライド」「アウトライン」の表示があり、
スライドマスタの作業をしている時は
左側にタブの表示がありません。

アナタもパワーポイントを初心者に教える時に
注意してくださいね。

2012年06月25日 | 固有リンク |

パワーポイントがパソコン初心者に簡単で使いやすくやさしい理由

オフィス製品にはパワーポイントの他に
いろいろなソフトウェアがあります。

しかし、パワーポイントはワードやエクセルといった
ソフトウェアに比べても、
かなりとっつきやすい製品です。

パワーポイントがパソコン初心者にとって簡単な理由の一つとして
狙った場所に、狙った文字を簡単に表示させることができる
ということが挙げられます。

たとえばページの真ん中頃に、
「プレゼンテーション研修会場はこちら」
という文字を表示させたいとします。

ワードだとまず、改行を何回もしなくちゃいけませんよね。
さらにスペースを何個か入力してから、
本文を入力する必要があります。

しかもここまでやっても、微妙に縦の位置を修正しようとしても
改行だけで調整するのは非常に面倒です。

エクセルの場合はワードに比べると比較的
直観的に作業しやすいのですが、
いかんせん画面の表示状態と印刷した時の状態とに
乖離があります。

その点パワーポイントならば、文字を書いたら、
後は狙い通りの場所に移動するだけです。
そう、非常に直観的に使えるんですね。

確かにパワーポイントは、Office Personalなどに入っていないため
ワードやエクセルに比べると親しみがないかもしれません。

ワードは論文や小説など長い文章を書くのに
非常に便利な機能が豊富にあります。

エクセルは集計したり、グラフにしたり
データを加工し、表計算するためには便利です。

しかし、1、2枚のちょっとした書類をササッと作る場合、
パワーポイントが便利です。

もし、アナタの周りのパソコン初心者の方が、
パワーポイントを使うのに躊躇していたら
ぜひおススメしてあげてくださいね。

2012年06月22日 | 固有リンク |

パワーポイントでロゴの画像の色と同じ色を使いたい

パワーポイントでプレゼン資料を作成する時に、
「この図形はロゴと同じ青で塗りたいな~」
っていうことありませんか?

ロゴの画像ファイルはホームページ、もしくは
手元にあってに、そのロゴで使われている色と
同じ色をパワーポイントで使いたいという時です。

やりたいことは
「ロゴの色と同じ色を使いたい!」
ということなんですが、結構できないものなんです。

それではパワーポイントではどうしたらいいのか?
結論からいうとパワーポイントだけではできません。

その代り

■ペイントの色の選択を使う

ペイントってご存知ですか?
Windowsに標準で付属されているソフトウェアで
簡単なお絵かきツールというか、画像処理ツールというか。
だいたい、プログラムのアクセサリのなかにあります。

それでペイントを使ってどうするかというと

①対象の画面をコピーしてペイントに貼り付けます

②ペイントでスポイトの形をした「色の選択」機能を選んで
 ペイントに貼られた画像から対象の色をクリックします

③メニューの色>色の編集>色の作成をクリックすると
 赤(R)緑(G)青(U)に番号が表示されているので
 これをもとにパワーポイントで色を設定します

これだけの説明だとちょっとわかりにくいので補足しますね。

①対象の画面をコピーしてペイントに貼り付けます

これはパソコンに表示されている画面をそのまま
ペイントに画像として貼り付けるやり方です。
方法としては

■[PrtSC]キーでパソコンの画面全体をコピーして
 ペイントで張り付け

③メニューの色>色の編集>色の作成をクリックすると
 赤(R)緑(G)青(U)に番号が表示されているので
 これをもとにパワーポイントで色を設定します

色の指定方法はいろいろありますが、パワーポイントでは
赤(R)緑(G)青(B)=RGBのそれぞれの数値を指定すると
色が指定できます。

そのために、ペイントで元の色のRGBの数値を調べ
パワーポイントで指定してあげるわけです。

パワーポイントでの色の指定方法としては
文字でも、塗りつぶしでも、枠線でも、なんでもいいのですが、
色指定の時に「その他の色」を選び「ユーザー設定」という画面で
カラーモデルがRGBになっていることを確認して
赤(R)緑(G)青(B)の数値を指定すればOKです。

これであなたもロゴと同じ色を
パワーポイントでも利用してくださいね。

2012年04月30日 | 固有リンク |

Mac/マックで外部ディスプレイを使うとちらつく場合

最近ビジネスでも使うパソコンが、
Windowsでなく、Mac/マックの人が増えていますよね。

特にMacBook Airは
安い、早い、軽いと
Windowsを長年使っていた人にとっては
ウソみたいなパソコンで、持ち歩きには
MacBook Airを使っている、という人もいるかと思います。

そんな風にMacBook Airを持ち歩き用に使っていると、
プレゼンもMacBook Airですることがあります。

そんな時に、MacBook Airをプロジェクターがわりに
外部ディスプレイにつなぐと
どうしても画面がちらつく、ということありませんか?

特に外部ディスプレイのある解像度、
例えば1920 X 1080で表示させようとした時だけちらついて
他の時は大丈夫、ということありませんか?

この問題、実は個人的に非常に苦労したんですが、
解決方法から先に書くと

■HDMIでつなげるとOK

でした。

D-SUB/VGAでMacBook Airと外部ディスプレイとを
つないでいたんですが、1920 X 1080の解像度にすると
ちらつくんですね。

で、もしやと思ってHDMIでつなぎ直してみると
全然問題なかったです。

あなたも、この問題で困っていたら
ぜひ一度試してみてくださいね。

2011年06月02日 | 固有リンク |

プレゼン資料作成術:文章を素早く入力する方法

プレゼンの資料をパワーポイントで用意しているときに
文章をもっと早く入力したいときってありますよね?

プレゼンの資料を作成しようとすると、
多くの文章を入力する必要があるだけでなく、
同じ単語を何度も何度も入力しようとして、
入力ミスでイライラする、ってことありませんか?

そんなときに、アナタはどうしてますか?

もしかして、同じ単語を何度も何度も入力しようとして、
何度も何度も入力ミスで、イライラするだけでなく、
時間も無駄にしていませんか?

私なら、これで一発です。

■IMEによく使う単語や文章を登録する

IMEとは、入力したひらがなを漢字に変換する機能です。
これを使うと、入力ミスが激減し、
文章の入力スピードが早くなります。

例えば、
「いつもお世話になっております。」
という文章を入力する場合は、
「いつもおせわになっております。」
と入力してから、変換ボタンを押して
「いつもお世話になっております。」
と表示させてから確定させているかと思います。

これをIMEに
いお=いつもお世話になっております。
と登録すると
「いお」
と入力してから、変換ボタンを押すと
「いつもお世話になっております。」
と表示されるので、それで確定します。

「いつもお世話になっております。」15文字
「いお」2文字
なので、約7.5倍入力が速くなります。

しかも入力ミスがなくなります。

ちなみにこのテクニックは、
パワーポイントでプレゼン資料を作成するだけでなく、
パソコンの全ての作業に活用できますから、
よく使う文章をドンドンIMEに登録しましょう

それでは、これでアナタも
パワーポイントでプレゼン資料を作成している時に
ミスなく文章を素早く入力して
作業を効率化してくださいね。

2009年08月24日 | 固有リンク |

プレゼン資料作成術:ファイル・フォルダの名前を一発で変更

パワーポイントでプレゼンの資料を作っている時に、
ファイル名やフォルダ名を変更したくなることってありませんか?

過去のプレゼン資料で参考になるパワーポイントのファイルを
コピーしてファイル名を変更したり、
今回作業のフォルダ名を変更したいことって
ありますよね。

そのときに、アナタならどうしますか?

もしかして、キーボードに置いている手を離して、
マウスを持って、カーソルを移動させて、
対象となるファイルやフォルダを選んで、右クリックして
名前の変更を選んだりしてませんか?

はたまた、クリックするタイミングを
ダブルクリックよりもゆっくりやって、
変更モードにする、という微妙な技をつかったり
していませんか?

これタイミングがズレると、
ファイルやフォルダが開いてしまい、
急いでるときにはイライラしてしまいます。

私ならこれで一発です。

■ファイル・フォルダを選択して [F2]キー でファイル名を変更

このやり方なら、パワーポイントで資料を作成しているときに、
キーボードから手を離さずに作業できるので、
作業効率が非常にあがります。

アナタもこれで、パワーポイントで
プレゼン資料を作成しているときに、
ファイルやフォルダ名を素早く、確実に変更して
作業効率をあげてくださいね。

2009年04月12日 | 固有リンク |

プレゼン資料作成術:作業ウィンドウを一発で切り替える

パワーポイントでプレゼンの資料を作っている時に、
いろんなファイルを開いて作業していて、
作業ウィンドウがいっぱいということってありませんか?

データ加工用にエクセルを開いて、
情報収集用にブラウザーを開いて、
メールを立ち上げて、
複数のフォルダを開いて、と
作業用のウィンドウがいっぱいになりがちですよね。

そのときに、ウィンドウを切り替えたい時って
どうしてますか?

もしかして、キーボードに置いている手を離して、
マウスを持って、カーソルを移動させて、
作業用のウィンドウの選んで、クリックしたりしてませんか?

私ならこれで一発です。

■[Alt]キー+[Tab]キー で作業ウィンドウを切り替える

このやり方なら、パワーポイントで資料を作成しているときに、
キーボードから手を離さずに作業できるので、
作業効率が非常にあがります。

アナタもこれで、パワーポイントで
プレゼン資料を作成しているときに、
作業ウィンドウを一発で切り替えて
作業効率をあげてくださいね。

2009年04月11日 | 固有リンク |

プレゼン資料作成術:目的のファイルを一発で検索する

パワーポイントでプレゼンの資料を作っている時に、
あのファイルってどこだっけなー、と途方にくれることって、
ありませんか?

今回作るプレゼン用に、すごく参考になりそうな
過去のプレゼン用パワーポイントのファイルがあったはずなんだけど、
あれーどこかなー、と探すことってありますよね。

でも、10分、20分、探しても結局見つからず、
時間だけを無駄にして、パワーポイントで
プレゼン資料を作成する作業がまったく進まなかった、
という場合は目も当てられません。

私ならこれで一発です。

フォルダを開いて
■[Ctrl]キー+[F]キー で検索

これで、最終更新日や、ファイル名や、探す場所など、
記憶している情報から目的のファイルを検索します。

アナタもこれで、パワーポイントで
プレゼン資料を作成しているときに、
目的のファイルを素早く検索して
作業効率をあげてくださいね。

2009年04月10日 | 固有リンク |

プレゼン資料作成術:上のフォルダ、下のフォルダへ一発で移動

パワーポイントでプレゼンの資料を作っている時に、
フォルダの移動が面倒ではありませんか?

よく使うフォルダのパワーポイントファイルを選んで、
今回作業するフォルダに移動して、コピーして、
チームの共有用フォルダに移動して、コピーして、
など、結構フォルダ間の移動が発生します。

そこまでいかなくとも、
ちょっと上のフォルダに移動したい、
すぐ下のフォルダへ移動した、
というときってありますよね。

そのときに、アナタならどうしますか?

もしかして、キーボードに置いている手を離して、
マウスを持って、カーソルを移動させて、
作業用のフォルダを選んで、クリックしたりしてませんか?

私ならこれで一発です。

■[Backspace]キー で上のフォルダへ移動
■[Enter]キー で下のフォルダへ移動

このやり方なら、パワーポイントで資料を作成しているときに、
キーボードから手を離さずに作業できるので、
作業効率が非常にあがります。

アナタもこれで、パワーポイントで
プレゼン資料を作成しているときに、
上のフォルダや、下のフォルダへ一発で移動して
作業効率をあげてくださいね。

2009年04月08日 | 固有リンク |

 

以前の記事 >