プレゼン:相手の気持ちになって考える

プレゼンでは、自分の話したいことだけを
話すことになってしまいがちなものです。

「ウチの会社の商品はこれだけスゴイんです」
「こんなこともできるし、あんなこともできるんです」
「これだけのお客さんにご利用いただいております」

しかしこんな内容では
効果プレゼンは期待できません。

なぜか?

相手の状況を理解していないからです。

相手が何を重要と考えているのか?
相手が何を課題だと考えているのか?

それがわからなければ、
効果的なプレゼンなんてムリですよね。

相手が重要視しているのは、
機能なのか、価格なのか、使いやすさなのか?

これが理解できなければ、
プレゼンを外してしまいます。

では、どのようにすれば、相手の気持ちを
理解した上でプレゼンできるようになるのでしょうか?

私がよく使う方法はこれです。

■相手にとっての関係者は誰かを考える

相手の気持ちになって考える場合は、
相手の、顧客は?競合は?社内関連部署は?取引先は?

こういった相手の関係者には
どういった人がいるのか?

この視点で考えると、相手の気持ちになって
考えることができるようになります。

あなたもこれで、相手の気持ちなって考え、
効果的なプレゼンをおこなってくdさいね。


【スポンサーリンク】


【他にこの記事がよく読まれています】

 

 

 

twitterへRTするRTする | プレゼンマスターをtwitterでフォローする@presenmasterをフォロー | 2010/03/08

プレゼンマスターメルマガ

元外資系企業のコンサルタントが明かす、たった30分でアナタのプレゼンテーションが見違えるビジネスの秘訣。パワーポイントのテンプレート・素材・裏技も解説。明日、来週のプレゼンに向けて、アナタのプレゼンが30分で見違える!ための極意を解説していきます。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
自分で苦労するよりも、プロに資料作成を依頼しませんか?
結果を出すことを追及したプレゼンパワーポイント資料作成代行サービス。一か月5社限定で62%OFFの「まるごとおまかせパック」実施中、完全満足保障付です!

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら

プレゼンマスター:パワーポイントの裏技解説の目次一覧