プレゼンで印象的な会社紹介をする発想方法

プレゼンは伝える内容にはいろいろありますが
その代表的なものに自社の会社紹介があると思います。

しかしながら、世の中の多くのプレゼンにおいて
会社説明の部分は、単調でつまらなく
内容のないものが多いのです。

プレゼンで印象的な会社紹介をする発想方法

もしかして、会社説明だからつまらない
プレゼンでもしょうがない、と思っていませんか?

実は発想をちょっと変えるだけで、会社紹介が
グッと印象的になるのです。
 
 
それは

■伝えたい内容と会社の特長を関連付けて話す

ということです。

会社説明のプレゼンにおいては
・社名
・設立年
・代表者
・資本金
・支店
・従業員
・売上
・事業領域
といったものが淡々と説明されることが多いです。

しかし、このような内容が淡々と説明されても
印象的なプレゼンになるわけがありません。

「設立は1973年です」
「拠点は東京、名古屋、大阪にあります」
「従業員は10人です」

と説明されても、印象に残りませんよね。

しかもそのあとに
「この業界のおいては、もっとも古い会社の1つです」
「日本全域のお客様に提供しておりますをカバーしています」
「全社一丸となって対応いたします」
といったアピールポイントを伝えても、根拠がなく
説得力にかけます。

ですからアピールポイントと会社説明の内容を関連付けながら
説明すると魅力的なプレゼンになります。

例えば
「設立は1973年でして、この業界のおいてはもっとも古い会社の1つです」
「東京の他に、大阪と名古屋にも拠点を展開し
 日本全域のお客様に提供しておりますをカバーしています」
「従業員は10人と多くはありませんが、その分情報の共有が
 こまめに行われており、全社一丸となって対応いたします」
のようにプレゼンすると印象的な会社説明となります。

これでアナタも印象的な会社紹介をプレゼンしてくださいね。


【スポンサーリンク】


【他にこの記事がよく読まれています】

 

 

 

twitterへRTするRTする | プレゼンマスターをtwitterでフォローする@presenmasterをフォロー | 2014/01/26

【前後の記事】

→ プレゼンで印象的な会社紹介をする発想方法 ←

プレゼンマスターメルマガ

元外資系企業のコンサルタントが明かす、たった30分でアナタのプレゼンテーションが見違えるビジネスの秘訣。パワーポイントのテンプレート・素材・裏技も解説。明日、来週のプレゼンに向けて、アナタのプレゼンが30分で見違える!ための極意を解説していきます。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
自分で苦労するよりも、プロに資料作成を依頼しませんか?
結果を出すことを追及したプレゼンパワーポイント資料作成代行サービス。一か月5社限定で62%OFFの「まるごとおまかせパック」実施中、完全満足保障付です!

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら

プレゼンマスター:パワーポイントの裏技解説の目次一覧