パワーポイントでグレースケール・白黒印刷したら表示されない!?

パワーポイントでプレゼン資料を作成する際に
印刷して確認しながら作成することってありますよね。

お客様用に印刷する場合はカラーで印刷するが
社内での確認はグレースケール印刷か白黒印刷する、
というところも多いと思います。
 
 
念のために解説しておきますが、パワーポイントは
カラーで印刷する以外に、グレースケールもしくは白黒で
印刷することが可能です。

ちなみにグレースケールと白黒の違いは次の通りです。

■グレースケール印刷
白と黒とグレースケールで印刷されるため、カラーに近いイメージで
印刷される場合が多い

■白黒印刷
白と黒で極力印刷し、灰色=グレーで印刷される場合は稀であるため、
カラーで作成したパワーポイントとはかなりイメージが異なる場合が多い
 
 
このようなグレースケール印刷・白黒印刷ですが、
印刷してみたら、図形の色が無い、文字が見えない、
といったことありませんか?

これはカラーでいくら色を指定しても、
グレースケール印刷や白黒印刷する時の
濃淡は別設定だからです。

それではどうすればいいのか?
 
 
■表示>グレースケールもしくは白黒を選択し、設定
 
 
グレースケールもしくは白黒を選択すると、
グレースケール印刷もしくは白黒印刷した際の
イメージが確認できます。

ですから、この状態で確認し、グレーが薄すぎる場合は、
文字とグレーのコントラストがわかりづらい場合などは、
グレースケールおよび白黒を調整することで見やすくなります。

あなたもこれでグレースケール印刷もしくは白黒印刷する際に
読みやすくなるようにしてくださいね。

なお、パワーポイントでグレースケール表示に変更する方法は
こらちをご覧ください。

パワーポイントでのグレースケール表示への切り替え方法の解説


【スポンサーリンク】


【他にこの記事がよく読まれています】

 

 

 

twitterへRTするRTする | プレゼンマスターをtwitterでフォローする@presenmasterをフォロー | 2013/07/29

【前後の記事】

→ パワーポイントでグレースケール・白黒印刷したら表示されない!? ←

プレゼンマスターメルマガ

元外資系企業のコンサルタントが明かす、たった30分でアナタのプレゼンテーションが見違えるビジネスの秘訣。パワーポイントのテンプレート・素材・裏技も解説。明日、来週のプレゼンに向けて、アナタのプレゼンが30分で見違える!ための極意を解説していきます。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
自分で苦労するよりも、プロに資料作成を依頼しませんか?
結果を出すことを追及したプレゼンパワーポイント資料作成代行サービス。一か月5社限定で62%OFFの「まるごとおまかせパック」実施中、完全満足保障付です!

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら

プレゼンマスター:パワーポイントの裏技解説の目次一覧