パワーポイント2003と2010の両方に対応するポイントとは?

2013年6月現在、Windows XP + Office2003の環境が
多くの企業で利用されています。広く普及したこの組み合わせ、
2014年4月9日にマイクロソフト社からサポートが終了します。
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/xp_eos.aspx?WT.srch=1

ということです、多くの企業でパワーポイント2003から
パワーポイント2010への移行が進んでいます。

移行といってももちろん会社の全てのパソコンを
一気にパワーポイント2010以降に変えるというところは
少ないと思います。

徐々に新しいパソコンに置き換える、もしくは
徐々にパワーポイント2010以降にバージョンアップしていく、
という方法が一般的です。

一般的ではありますが、このやり方では、社内に
パワーポイント2003と2010という2つのバージョンが
混在することになります。

ということで、今しばらくこの2つのバージョンが
混在している状況でプレゼン資料を作成しなければいけない
という方がたくさんいらっしゃると思います。

このような状況ではパワーポイント2003と2010の
両方に対応する資料作成が求められるかと思いますが
両方のバージョンに対応するためのポイントはこれです。
 
 
■パワーポイント2010で作成し、2003の形式(.ppt)で保存
 
 
詳しい話をすると複雑になるので、重要なポイントに絞りますが、
まず、2010以降と2003以前とでは拡張子が違います。

パワーポイント2003以前の拡張子 .ppt
パワーポイント2007以前の拡張子 .pptx ←2010はコレです

新しいバージョンでは、新機能がいろいろ追加されていますが、
2つのバージョンが混在している状況で一番気を付けなければ
いけないポイントは色です。

というのも、カラーパレットの考え方が、pptとpptxでは
大きく異なるために2003で作成したファイルを
2010で開くとまったく違う色に見えることがあります。

特にグラデーション処理を行っている図形などが
変わりやすいです。

しかし、2010で作成したファイルを2003で開いても
このような問題はめったに起こりません。
というか、私の経験上、起こっていません。

ということで、今しばらく、2003と2010の両方の
バージョンに対応した資料を作成しなければいけない
という状況にある方は極力2010で作成することをオススメします。

これでアナタもパワーポイント2003と2010の両方に
対応した資料を作成してくださいね。


【日頃の感謝を込めて無料プレゼント中!】


【他にこの記事がよく読まれています】

 

 

 

twitterへRTするRTする | プレゼンマスターをtwitterでフォローする@presenmasterをフォロー | 2013/06/16

【前後の記事】

→ パワーポイント2003と2010の両方に対応するポイントとは? ←

プレゼンマスターメルマガ

元外資系企業のコンサルタントが明かす、たった30分でアナタのプレゼンテーションが見違えるビジネスの秘訣。パワーポイントのテンプレート・素材・裏技も解説。明日、来週のプレゼンに向けて、アナタのプレゼンが30分で見違える!ための極意を解説していきます。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
自分で苦労するよりも、プロに資料作成を依頼しませんか?
結果を出すことを追及したプレゼンパワーポイント資料作成代行サービス。一か月5社限定で62%OFFの「まるごとおまかせパック」実施中、完全満足保障付です!

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
のべ900社以上で実証済みの「伝わる」資料作成マスター無料講座
のべ900社以上で実証済みの「伝わる」資料作成無料講座
のべ900社以上で実証済みのノウハウでライバルに差をつける「伝わる」資料作成テクニックマスター講座
【Smart Slide Formula | 無料オンラインプログラム 】

のべ900社以上で実証済みの「伝わる」資料作成マスター無料講座

プレゼンマスター:パワーポイントの裏技解説の目次一覧