プレゼン資料で費用をわかりやすく説明する時のポイント

パワーポイントでプレゼン用の資料を作成するときなど
費用に関する情報を説明する必要が
ある場合ってありますよね。

特に、複数の商品やサービスを扱っている場合や、
個数や条件によって価格が変動するものに関しては
費用を記載する必要があります。

そんな時、正確を期すために全ての条件や
パターンを記載した結果、非常にわかりにくく
なってしまう場合があります。

しかし、わかりにくくなったからといって
わかりやすくするために、
価格体系を変えるわけにもいかず、
必要な前提条件を省くわけにもいかず、
どうしたらいいか、悩む場合があります。
 
 
こんな時は

■代表的なよくあるケースを2、3挙げる

ことでわかりやすくなります。
 
 
例えば、パンフレット作成の費用を説明する場合。
サイズがA1、A2、A3、A4、A5、A6と6パターン、
用紙がマット紙、上質紙と2パターン、
単価が100枚まで、1,000枚まで、10,000枚までと3パターン、
さらに特急仕上げ、特殊印刷ならオプション料金が必要。

このような場合、すべてのパターンを説明するためには
非常に細かな表が必要となり、込み入って複雑なものに
なってしましまいます。

これに対して、
A4でマット紙に100枚というケースと、
B5で上質紙に10,000枚というケースが
よくある、という場合は、この2つのケースを
メインに説明し、詳細は別途にします。

詳細な費用体系を網羅的に説明するよりも、
特に初期のプレゼンでは価格感を知りたいので
それに対してよくあるケースで具体的に
イメージしてもらいましょう。

これであなたも、費用に関して
わかりやすく説明してくださいね。



プレゼンマスターブログ1,000万PV達成を感謝して、テンプレートやマニュアルや素材やe-bookや動画セミナーなど5大無料プレゼント実施中!メールアドレスを入力し、今すぐ「5大無料プレゼントを受け取る」ボタンを押して、無料で5大プレゼントを入手してください!詳しくは 5大無料プレゼント特集ページ をクリックして確認!
 

無料パワーポイントテンプレートなど5大無料プレゼント実施中で、詳しくはクリック!


【他にこの記事がよく読まれています】

 

 

 

twitterへRTするRTする | プレゼンマスターをtwitterでフォローする@presenmasterをフォロー | 2013/03/23

【前後の記事】

→ プレゼン資料で費用をわかりやすく説明する時のポイント ←

プレゼンマスターメルマガ

元外資系企業のコンサルタントが明かす、たった30分でアナタのプレゼンテーションが見違えるビジネスの秘訣。パワーポイントのテンプレート・素材・裏技も解説。明日、来週のプレゼンに向けて、アナタのプレゼンが30分で見違える!ための極意を解説していきます。

お問い合わせはこちらから
03-6271-5782 にお電話いただくか
info@orifay.com もしくは
お問い合わせフォーム からご連絡ください

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
自分で苦労するよりも、プロに資料作成を依頼しませんか?
結果を出すことを追及したプレゼンパワーポイント資料作成代行サービス。一か月5社限定で62%OFFの「まるごとおまかせパック」実施中、完全満足保障付です!

「プレゼン・パワーポイント資料作成代行」の詳細はこちら
のべ900社以上で実証済みの「伝わる」資料作成マスター無料講座
のべ900社以上で実証済みの「伝わる」資料作成無料講座
のべ900社以上で実証済みのノウハウでライバルに差をつける「伝わる」資料作成テクニックマスター講座
【Smart Slide Formula | 無料オンラインプログラム 】

のべ900社以上で実証済みの「伝わる」資料作成マスター無料講座

プレゼンマスター:パワーポイントの裏技解説の目次一覧